新しい分野

例外はあるにしても、100%遺伝子で決まるような人間の特徴なり行動があるとは、まともな科学者であれば言わないとミラー氏は言います。しかし、社会科学者やジャーナリスト、その他の人たちの中には、人間の性質や行動がほぼ100%環境によって形づくられると信じている人たちが大勢いると言います。社会科学者の多くは環境決定論者であり、人間の行動は100%個人の体験と社会的環境によって形づくられ、遺伝・生物学的要因が関与する余地はないと信じていると言うのです。ミラー氏らが生物学的な要因を強調するのは、それが環境要因よりも重要だからではなく、強調する必要があるからだと言うのです。

人間の行動には100%遺伝子で決まるものなどないように、100%環境で決まるものもないと言います。前者は誰もが認めるところですが、後者は十分認識されておらず、論争の的になっています。ですからミラー氏とカナザワ氏は、この本で生物学的要因に重点を置いているのだと言うのです。進化心理学は人間の本性を扱う新しいサイエンスであり、その視点は、人間の趣向や価値観、感、誌知、行動に対する生物学的、進化的影響を理解する上で、今のところ行動遺伝学の視点と並んで、最も有効であると思われています。また、進化心理学は社会科学と行動科学に取って代わりつつある分野だというのに、一般向けの進化心理学の人門書で、最近刊行されたものはあまりないそうです。

この分野では毎年興味深い研究が数多く発表されており、一般向けの入門書も逐次、内容を新たにする必要があるとミラー氏は言うのです。この書では質間と答えの形式をとり、日常生活でよく体験する事柄や社会現象、社会問題を取り上げ、進化心理学の立場から説明を試みています。進化心理学の視点を持ち込むことで、古くからある問題に新しい光をあてるのが、彼らのねらいだそうです。人間生活のあらゆる領域にみられる一筋縄では行かないさまざまな問題。進化心理学の視点がそれらを解く糸口になることを、実例をあげて示しています。

私は、保育という営みは、人類が生きてきた道を知り、そして、人類の今後の生き方を考えることだと思っています。そのためには、単に保育学からだけのアプロ―チでは、答えが見つからないと思っています。その点、進化心理学の視点は、何かしらのヒントを与えてくれるかもしれません。ただ、この本の内容は、配偶者選び、結婚、家族、犯罪、社会、宗教と紛争を項目ごとに取り上げていますので、ブログでは、内容の一部を紹介するだけになります。興味のある方は、本を読んでみてください。

まず、ミラー氏らは、進化心理学の議論で避けることが重要な二つの誤謬を挙げています。「誤謬」という言葉はあまり使いませんが、読みは「ごびゅう」で、意味は簡単に言えば「まちがい」という意味で、「真理」の反対語として使われます。よく心理学などに使われることが多いようですが、その時は、現象にのみかかわり,その現象が認知させるものにかかわらずに結論を急ぐことをいうようです。

進化心理学において、重大な二つの誤謬とは、1つ目が「自然主義的な誤謬」で、もう一つが「道徳主義的な誤謬」だと言います。