子どもを愛すべき?

斎藤氏は、そもそも、母親は自らの子どもを愛すべきである、という主張も、人類の歴史の中で普遍的なものではないと言います。狩猟採集民族の伝統的社会の中には、環境の厳しさによるのかもしれませんが、子どもが生まれたらまず育てるか否か、つまり育てないという判断もあり、その場合は子どもが遺棄されるのですが、それをまず決めるという文化もあるそうです。また、中世フランスでは、ある階級以上の家では、子どもは自分で育てないで里子に出すのが当たり前だったようです。20世紀前半のイギリス貴族も、子どもを嫌いだと公言し、日常的には子どもをそばに置かずに乳母や家庭教師に育てさせたといいます。

日本でも江戸時代には乳母の文化がありました。さらに、育児書は、今では母親向けのものが多いですが、ヨーロッパでも日本でも昔は父親向けに書かれていたといいます。誰がどのように子どもを育てるのかは、時代や文化によって大きく変わりうると言うのです。

ここで、斎藤氏は愛着理論に触れています。愛着理論とは、精神科医ジョン・ボウルビィが提唱した理論で、子どもの精神的健康には、乳児が特定の人物に対して形成する特別な情緒的結びつきである「愛着(アタッチメント)」が重要だとするものです。愛着の対象人物と自分との関係についてのイメージが三歳頃に確立し、それがその子どもの他者との社会的関係のもととなり、成長後も社会性に影響を及ぼす、と考えます。三歳児神話の理論的背景の一つといえるでしよう。子どもの発達には養育者との愛着の形成が重要だという事実は、疑う余地もないと思うかもしれませんが、それだけを絶対視すべきかどうかは、再検討されつつあるようです。

愛着理論は、20世紀後半から広く知られるようになりますが、ボウルビィが理論を提唱するに至った背景の一つは、動物行動学者のコンラート・ローレンツが刷り込みというインプリンティングという現象を報告したことがあります。アヒルなどのヒナが、孵化後一定時間内に見た動くものに接近欲求を持ち、追従するという現象です。未熟な状態で生まれるヒトにも、自分を保護してくれる対象を生後すみやかに認識、記億し、近接を求めるという生得的な傾向があるとボウルビィは考えました。

二つ目の背景は、ルネ・スピッツによるホスピタリズムの発見です。ホスピタリズムとは、劣悪な施設環境で育った子どもたちが、気力・覚醒レベルの低さ、社会的反応および感情表出の欠落などを示すことです。第二次世界大戦により、孤児が増加しましたが、孤児院では、栄養状態、衛生状態には問題がないにもかかわらず、心身の発達が遅れ、二歳になる前に亡くなる子が多数いました。こうした心身の問題は、養育者とのコミュニケーション不足によるものだと考えられました。

三つ目の背景は、ハリー・ハーロウが行ったアカゲザルの代理母実験です。ハーロウは、出生直後の子ザルを母親から引き離し、布製と針金製の代理母を与えて育てました。ミルクが出る出ないにかかわらす、子ザルは布製の代理母にくっついていることが多く、また恐怖を感じた時には、布製の代理母にしがみついて安心感を得ようとしました。この研究結果は、それまでの、養育者との関係は空腹を満たすという生理的な充足がもととなって形成されるという考え方を再考させるものでした。

これらの背景と、幼少期に親と別れるなどして十分な愛情を受けられなかった子どもたちが窃盗などの社会的問題を起こしているのを目撃した自身の経験から、ボウルビィは、幼少期における養育者との接触を含むかかわりが、子どものその後の発達に大きな影響を与えると考えるに至ったのです。