ヒトの子育ての本の紹介

蔦谷氏が紹介する2冊目の本は、ハーディー・S・Bの「マザーネイチャー」という本です。ハーディー・S・Bは、サラ・ブラファー・ハーディーという名前です。彼女の本は、まだ私はブログでは紹介していませんが、とても興味深いことを研究しています。それは、もともと彼女は、アメリカ合衆国の人類学者ですが、同時に、霊長類学者でもあるのです。日本でも山際氏をはじめ最近注目されている明和氏も同様の霊長類研究で知られています。そして、もう一つ、彼女は進化心理学と社会生物学へのいくつかの重要な貢献で知られています。そして、様々な研究を経て、1999年に「マザーネイチャー」を出版しました。この副題の「母性本能と彼女たちがヒトを形作った方法」の日本語訳は、『「母親」はいかにヒトを進化させたか』です。ハーディーの視点では、子育ては様々な変数に依存しており、生まれつき固定された「母性本能」は無いということです。さらに、ヒトは共同保育者として進化し、基本的に他者の援助無しでは子育てすることができないと主張しています。そして、これをアロマザリングの概念で説明しています。アロマザリングとは母親以外の誰か(例えば父、祖父母、母親の兄や姉)、あるいは遺伝的に無関係な人(例えば乳母や看護婦、育児グループなど)による子育てのことです。

3冊目として紹介しているのが、山際寿一氏の「家族進化論」です。現在京都大学の総長ですが、彼のことも、何度か取り上げていますが、彼はゴリラの研究で有名なのですが、ひたすら密林に入って、直接ゴリラを観察し、その行動から人類を考えているのです。これらの紹介する本を見ても、蔦谷氏が最近の研究のどのようなことを参考にしているかがわかります。

では、元に戻って、次の章に行きます。そのタイトルは、「母親をめぐる大きな誤解」というもので、この章を受け持って執筆しているのが、代表執筆者として「はじめに」を書いた斎藤慈子氏です。斎藤氏は、まず、「三歳児神話」について、それがいかに「神話」であるかを説明しています。

まず、三歳児神話の定義は、「子供の成長・発達には、三歳までという幼少期の時期が非常に大切である。この時期は、母親の愛情が子に最適であり、母親は育児の適性を備えているので、産みの母親が育児に専念すべきである。母親が育児に専念しないと、将来子供の発達に悪影響を及ばす」というものだとしています。この子育て観は、すでに1998年の『厚生白書』で合理的根拠のない「神話」であるとされていますが、未だこのような考え方に意識的・無意識的にとらわれ、小さい子どもと離れて働くことに罪悪感を抱く母親は少なくないようだと言います。そこで、斎藤氏は、母性神話、愛着理論といった三歳児神話の背景やその反例から、三歳児神話かいかに「神話」であるかを説明しています。

三歳児神話がまことしやかにささやかれるようになった理由には、経済的・政治的背景があると言われています。大正期以降、産業化にともない、サラリーマン家庭が出現しました。それまでの農業など一次産業が主流であった社会では、職住が近接していましたが、仕事と生活の場が分離し、主に男性が外に働きに出ることになり、結果「男は仕事、女は家事・育児」という性別役割分業が生まれました。高度経済成長期には、産業社会を維持発展させるため、この分業が合理的で効率がよかったのでしょう。その後、1970年代の経済低成長期になると、保育所等の福祉予算削減の目的から家庭内保育の重要性が強調され、母親が育児に専念する生活が一般化したと言われています。