正解な子育て

「正解は一つじゃない 子育てする動物たち」という本には、「『進化』で子育てをよみとく新しい試み」という帯封がついています。それは、この本が単に様々な動物の子育てを紹介するだけでなく、そこから、私たち人類の子育てを見つめ直そうとする試みがあるのです。この本の監修者である長谷川氏は、あとがきにこう書いています。

「本書の執筆者たちは、動物の行動を研究する科学者として、少し異なる視点から子育てについて考えられる材料を提供しようと試みています。こうして、さまざまな動物の子育てをずらりと並べて見てみると、ヒトという動物の特徴が浮かび上がってきます。」とあります。人類は、どのような生き物で、そのためにどのような子育てをしてきたのか、そして、どのような社会を形成していくための基礎的な力を育んできたのかを考えるきっかけを作ろうとしているようです。長谷川氏、このことをあとがきではこう言っています。

「ヒトは社会生活をする動物です。脳が非常に大きいので、こんな大きな脳を持つ子どもを育てるのは、大変な仕事です。大人がいろいろと複雑な仕事をこなす生活をしているので、そのような大人に育て上げるまでの期間も長いのです。この大変な子育ては、母親のみ、父親のみ、といった片親でできるものではなく、両親のみでできるものでもありません。ヒトの子育てには、血縁・非血縁を含めた多くの他者の協力が必要なのです。これが、ヒトの子育ての原点です。」

それが、なぜ母親信仰が強くなってきてしまったのでしょうか?母親だけの子育てを大切にするのは子どものためだという人がいますが、実は、貨幣経済が浸透し、産業化が進み、都市化が進んで職住近接が壊れ、「専業主婦」という存在が出現してきたことで、時代に即した子育てに関する固定観念の数々も生み出されてきたのではないかと長谷川氏は言うのです。もちろん、子どもにとっては、母親の存在は大切ですし、子育ての中心であることは確かです。しかし、それも社会からの支えがあってこそであり、様々な他人との協力の上で成り立っているのです。

編者代表で、上智大総合人間科学部准教授である斎藤慈子氏は、「はじめに」の中でこう書いています。「子どもを育ててみて、驚いたことがあります。人類は有史以降、何千年も子どもを産み育ててきているはずなのに、未だに科学的に解明されていないこと、正しい方法はこれだ、と断定できないことがたくさんあるのです。逆に言うと、ヒトの子育てに唯一無二の正解はなく、ある程度の幅に収まる育て方であれば、子どもは問題なく育つ、個々の子どもによって正解は異なる、ということではないでしょうか。」

しかし、現代の子育てには、「すべし」が蔓延していることを危惧しています。少子化、核家族化が進み、幼い子どもと接する経験がほとんどないまま親となり、社会的なサポートも少なく、孤独な子育ての中で、今のお父さん、お母さんは、インターネット上にあふれる情報の中の無数の「すべし」に翻弄され、苦しんでいるような気がするというのです。

本書は、昨年の2019年10月31日に発刊されていますので、そこで紹介されているのは、比較的新しい研究です。そして、いろいろな動物の子育てを眺めてみて、進化という視点から子育てをとらえなおしてもらうことを目的につくられたそうです。ヒトの子育てに関するところだけ、紹介しようと思います。