子育てする動物たち

様々なヒト族が地球上に出現し、それぞれが進化していく過程で、淘汰が繰り返され、最終的には、唯一ホモ・サピエンスという種だけが生き残り、地球上に分布しています。その経緯については、様々に考察されてきて、私のブログでも何回かにわたって紹介してきました。それは、保育をするうえで、人類はどのように進化してきたのか、それは、どのように生活し、どのような子育てをしてきたかを知ることが、大切にしなければならないことのヒントが得られると思ったからです。また、世界中で様々な風土の中で、それぞれ独特な文化を形成してきた中で、その根底に流れる不易を知るためには、すべての現在の人類が同じルーツを持っていることから、それぞれの地域に分かれる前を知ることに意味があると思ったからです。

ビョークランドらは、彼らの考察から、発達心理学における幅広いトピックからのデータを呈示し、現象には多様性があるものの、共通性を見出したと確信しているそうです。この共通性と関連しているのが、進化の原則にもとづく発達的な視点だと言うのです。ヒトの本質には文化が介在しているため、非常に多様な社会的状況で生活しているそれぞれの人たちが、全てのヒトが直面する同じ問題をどのように理解し、解決しているかを評価する必要があると主張しているのです。

先日、「正解は一つじゃない 子育てする動物たち」(東京大学出版会)という本を頂きました。この本は、総勢21名の若手研究者たちが、それぞれ研究対象としている様々な動物たちの子育てを語っています。そこには、それぞれ違う生物がどのような子育てをするかが紹介されているのですが、様々な子育てのしかたがあるものです。誰が子育てを担当するのかということでも、もちろん母親が中心ですが、父親だけで世話をするもの、母親だけで世話をするもの、両親が揃って世話をするもの、ほかの個体も一緒になって世話をするもの、様々です。どれが正しいかということではありません。

その中で、私たち人類は、どのような子育てが正しいかということが、時代によってさまざまに議論されてきている気がします。もちろん、時代によって環境が変わってくるわけですから、変わってくるのは当然かもしれませんが、他の動物たちもそうなのでしょうか?寒い時代、暑い時代、食料が少ない時代、豊かな時代によって、子育ての分担が変わってきているのでしょうか?

この本を監修した総合研究大学院大学学長である長谷川眞理子氏は、あとがきに、このように書いています。

「最近の日本は、労働力不足と経済の停滞から、女性にもっともっと働いてもらおうという風潮が強まっています。ところが、保育所の数は足りず、子育てしながら働く環境が整っているわけではありません。保育所に入れない待機児童の数は、全国で4万7000人以上です。なぜまだこんな状態なのかと言えば、高度成長期に『男は仕事、女は家事・育児』という役割分担が普通になってしまい、その後の社会の変化に全く適合できていない後遺症なのです。そして、少子化が進んでいます。こんな社会状況がある一方、『子どもはこういうふうに育てるべき』という、固定観念のようなものがたくさん転がっています。古い考えが多く、『母性神話』『三歳児神話』など、神話と呼ばれるものも多いですが、相変わらず神話は存続し、信者はいなくなりません。」