言葉の役割

森口氏の考察の中で、私はいくつか気がついたことがありました。その一つが言語の役割です。言葉は、他の人と話すためという役割があり、コミケ―ションツールであることは誰でも知っていることです。そして、一時、言葉を話すことがヒトの特徴であると言われたこともあったほど、重要な役割を持ちます。その能力を子どもたちはシ団に発達によって身に付けていきます。しかし、その発達は、単に音声として発声することだけでないこと、しかも赤ちゃんはその意味を知らず知らずのうちに理解していることにあらためて感動しています。

その一つに、私がプライベートで主催している勉強会で皆に提案した「象徴機能」があります。まず、皆でヘレン・ケラーの幼いころに家庭教師との触れ合いを描いた「奇跡の人」という映画を見ました。ヘレン・ケラーという人は、視覚と聴覚の重複障害者でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした人として有名です。彼女は小さい頃には、言葉の意味が分かりませんでした。手話で単語はわかっても、それが何を表しているかがなかなか理解できなかったのです。それが、赤ちゃんがわかるようになるということから、どこが違うかというと、ヘレン・ケラーは重複しょうがい者であったということです。言葉が何を意味するかという理解は、視覚、聴覚が重要な役割をしているということなのでしょう。しかし、ヘレン・ケラーは、そのことを理解したときから、すべてのことを理解しはじめるのです。

この逸話から私たちが学んだことは、言語は必ずしも人とのコミュニケーションという役割だけでなく、言葉は、そのものの意味を理解するための象徴であるということです。森口氏は、この点をこのように表現しています。「言語に対して、子どもは成長とともに考えるためという役割も持つようになります。1歳から2歳頃にかけて、子どもが話し始める頃、言葉は純粋に何かを伝えるために使用されます。『あれとって』とか、『あれなあに』など、親や周りの他者とのコミュニケーションのために言葉は使われます。それが、成長とともに、子どもは考えるための言葉も発するようになります。周りに誰もいないのに『これなんだろう』とか、『これすきなうただ』などと発するようになります。」

このような行為を「独り言」と言い、子どもは、次第に、他の人と話すための言葉と、考えるための言葉が、両方とも言葉として出てくるようになるというのです。確かにヒトは、日常的に、頭のなかで考えるために言葉を使っています。森口氏は、「今日の夕飯のおかずは何にしよう」とか、「明日会社休みたいなあ」などのように、自分だけのために使う言葉があるといます。大人になると、こういう自分のためだけの言葉が、ポロッと独り言として口をつくことがあると言うのです。

これらのことを知ることによって、私は言葉のある役割を赤ちゃんが用いることに気がつきました。それは、考えるツールとして使用する前に、象徴機能を獲得するための基礎として、具体物を自分自身で確認するための行動をすることです。それは、以前ブログで取り上げた「指差し」です。赤ちゃんの指差しは、人に教える手段として使うほか、自分で物を確認するために使います。それは、大人でも行う「指差し確認」と同様な効果がある気がします。そのような意味で、「言語」を使い始める気がしています。これは、子ども観察からの考察ですから、研究者としてのエビデンスとは違うアプローチかもしれませんが、実際に毎日赤ちゃんと接している人であれば、経験していることでしょう。