実行機能についてのまとめ

森口氏は、最後に、当然のことながら、実行機能以外の力も大事だということを強調します。実行機能が大きく成長する3歳から6歳くらいの時期は、さまざまな能力が成長する時期です。記億力や頭の回転の速さなどのIQと直接関連するような能力から、他者の気持ちや考えを慮る力、何が良くて何が悪いかを判断する力、他人と協力する力、コミュニケーションする力、空気を読む力など、実行機能以外の非認知スキルが成長する時期です。実行機能だけが成長するわけではありません。

これらの力がそれぞれ成長するなかで、子どもは学力や人間関係を発展させることができるのです。ただ、実際の子育てをしていると、何もかもを考えるのは難しいと思うと彼は言います。もし一つだけ注目するとしたら、実行機能に注目してほしいと言います。自分をコントロールする力、すなわち、実行機能は成功の秘訣なのだと森口氏はまとめています。

私は、森口氏の実行機能についての考え方、その書を読むことで、実行機能の大切さがわかると同時に、なにが現在わかっていることなのか、その中で、なにが現在研究途上であるのか、何が今までの考え方の見直しがされるべきかが少しわかってきた気がします。実行機能といって、単純に我慢する力であるというとらえがちですが、しかも、だから子どもには我慢させることが大切であるという勘違いがみられます。やはり、子どもの自発的な行為がそれを促すのです。ですから、子どもの自発性を損なうようなかかわり方は、子どもの実行機能にも負の影響を与えると考えられているのです。

その負の影響の中で、やはり誤解を生じているものに、支援的な子育てがいいといって、子どもが一度欲求をコントロールできたからと、褒美をあげたり、やみくもに子どもを褒めればいいという考え方です。子どもの発達において、褒めたりご褒美を与えたりしすぎることによる負の影響が知られているからです。トマセロ博士らの研究では、1歳半くらいの乳児の親切な行いが褒美を与えられることによって減少することが示されているそうです。1歳から2歳くらいの子どもは非常に親切で、見知らぬ人であっても進んで手伝ったり助けたりします。子どもは、最初はそのこと自体を楽しんでこのような行為を行います。褒められたりご褒美をもらったりするために行うわけではありません。ところが、手伝うなどの行為をした後にご褒美をもらえると、子どもは自ら進んで手伝わなくなります。つまり、最初は自発的に行っていた行動が、ご褒美をもらうことによって、ご褒美をもらうことが目的化してしまい、自発的に行わなくなったのです。子どもは自分のために自分を制御するのであり、人に褒められるためにがんばるのではないからです。子どもが自主的にやっていることに対しては、見守るようなかかわり方をすることが重要になってくるというのが森口氏の見解のようです。

家庭では、親と子どもは一対一ですが、幼稚園や保育園では一対複数ですが、このような集団の子どもに対して、どのようなプログラムなら実行機能を鍛えることができるのでしょうか。まず、幼稚園もしくは保育園に通うこと自体が子どもの実行機能を下支えする可能性が最近の研究から示されているそうです。その中で、ごっこ遊びの重要性を言っています。ごっこ遊びでは、友達内でルールを共有し、友達からの期待を理解する必要が生じます。また、これによって、自分の行動を否応なくコントロールする必要が出てきます。友達と共有したルールに反するような行動はできないのです。また、子どもは、友達の行動を見ることで自分の実行機能を発達させると言います。

やはり、集団での生活にも意味があるようです。