預けること

母親が専念してわが子を育てなかったらどうなるのでしょうか?そんな悩みを保育所に子どもを早い時期から入園させる親から聞くことがあります。多くの人が気になるのは、子どもが小さい頃に母親が働いていたら、母親が育児に専念していた場合に比べ悪影響があるのか?ということです。実は悪影響がある、という決定的事実はありません。保育所に子どもを預けることの影響は、日本でも海外でも調査されていますが、発達、認知、社会性、行動上の問題や学業成績といった面では、母親の就労の有無で違いはないといわれています。アメリ力の縦断研究では、たしかに保育所に長時間預けられている子で攻撃性が高くなるという報告もありますが、保育所に預けられていることよりも、子どもの気質や家庭の経済・学歴レベルのほうが、影響力が大きいと言われているのです。

逆に保育所に預けることのポジティブな効果も報告されているようです。母親が就労している家庭の子どものほうが身体的、社会的な発達が進んでいるという報告や、保育を受けていることで、先の報告とは逆に、後の攻撃行動が低減するなどの報告もあるそうです。もちろんどのような保育環境かということが大切ですし、その影響も保育の内容によってさまざまです。また、思春期以降の長期的な影響については、まだ十分わかっていません。しかし、質の高い保育を受けることで、子どもの認知能力や社会性の発達に、少なくとも短期的にはよい効果があることがわかってきているのです。

斎藤氏は、最後に、極端ではあると言いながらも、母親がいても仲間がいなければ育たない、母はなくとも子は育つ、という例を紹介しています。もちろん、それはハリスの集団社会化理論のことだとわかります。斎藤氏は、まず、愛着理論の背景ともなったサルの実験をしたハーロウについて、彼らは、同年代のサルと遊ぶ機会なく母親に育てられたサルと、母親はいないが同年代のサルと一緒に育ったサルの社会行動を比較した研究を紹介しています。その結果、母親がいても仲間がいなかったサルは、性的な行動や遊び行動をうまく取れなかったというのです。

さらに、こんな逸話も紹介しています。ナチスの捕虜となったユダヤ人の子どもの中には、親を亡くし、また特定の大人とも継続した関係を持つことができなかったけれども、救出まで子ども同士で一緒に過ごすことができた人たちがいました。その人たちの成人後の発達には問題がなかったと言う研究もあります。つまり、仲間は時に養育者の代わりにもなるということかもしれないと言うのです。安定した主たる養育者がいないという状況がよいことだとは思えませんが、一人の主たる養育者だけが大切だと考える必要はない、ということではないかと斎藤氏は言うのです。

以上のように、母親の愛情は子に最適で、母親は育児の適性を備えているというのは、必ずしも正しいわけではないと斎藤氏は言うのです。産みの母親が育児に専念することによって、弊害が生じることもあります。母親が育児に専念しないと、将来子どもの発達に悪影響を及ばすことを示す証拠もありません。親が子育てを放棄してよいということでは全くありませんが、母親ひとりががんばるべきだ、母親であれば育児に専念すべきだ、という「べき論」は捨ててしまってかまわないのではないかと彼女は言うのです。

預けること” への8件のコメント

  1. 新年度が始まって、保育園やこども園に我が子を預けることに大きな不安や疑問を抱く保護者はきっと多いでしょう。新入園児の保護者は、毎朝後ろ髪を引かれ「頑張ってね!」と言いながら仕事場に向かいます。その「頑張って」という言葉には多くの意味があると思いますが、保護者が自分に向けている言葉であるように感じるのは、本文でもありましたように、こんな小さな子どもを本当に預けても良いのかという根本的な背景があるからなのでしょうね。そのような保護者にとっても、斎藤氏の「一人の主たる養育者だけが大切だと考える必要はない」という言葉はまさに青天の霹靂ですね。

  2. スタートダッシュと言われます。人生の始まりは強くとも。このことが、母親は一生懸命育児しなければならない、という思い込み、刷り込みに繋がっているようです。まぁ、個人的には親となって以来、そうした思い込みをどうかなと思ってきました。私は保育所に3歳から預けられました。その頃の記憶はさほどないのですが、お昼寝の時にホールに流れていたサンサーンスの動物の謝肉祭の白鳥は、長じてクラシック音楽趣味を持つきっかけになったと今でも思っています。それから先生が怖かったという記憶も。私が育った町では3歳から保育園や幼稚園に行くものという一般的風潮があったと思います。確かに、周りの大人たちは何らかの仕事に従事はしていました。それから仲間存在も保育所で体験しました。妻とも2年同じ保育所にいました。これはどうでもいいことです。さて、「母親が育児に専念しないと、将来子どもの発達に悪影響を及ばすことを示す証拠もありません。」本当にがんばらなくてもいいと思います。子どもと一緒にいることが何かネガティブになったら誰かに助けを求める、そうすることが可能な人間関係づくりが大事だと思いました。

  3. 嫁の話しをすると、我が家には3人の子がいますが、3人とも0歳から保育園に預けています。1人目も2人目も最初預ける時は泣いていたそうですが、3人目は泣かなかったそうです。なんでか?と聞くと「慣れてきたのもあるけど、今までで先生たちのことを知ってるから大丈夫だと思える」と言っていました。ある意味、先生たちも一緒に子育てしてくれる仲間だと思うことができているのではないかと思います。「預けることに対して、あまり悪いとも思わなくなった」とも。そんな雰囲気の中で子育てできることに感謝ですね。今は登園自粛していますが、また再開した時には一緒に子どもを育ててくれる仲間たちとともにすくすく育ってくれることと思います。なんか親バカのような文章になってしまいましたが、助けてくれる仲間がいることは本当にありがたいことだと思います。

  4. 「母親がいても仲間がいなければ育たない、母はいなくても子は育つ」というハリスの集団社会化理論にはすごく衝撃を受けたのを思い出します。しかし、実際のハリスの理論の裏付けを聞くと納得する部分が多く、保護者にとっても「べき論」を捨てて、少しでも育児が楽しくなるような支援を保育施設や教育施設ができるようになればいいのにと感じました。しかし、そう考えると、現在の新型コロナウィルスにおける登園自粛は子どもたちにとっては難しい環境であるということが言えますね。感染の抑制や健康の維持である反面、こういった発達における環境は少なくなってしまっています。大切なのは「どういったことをするか」ではなく、「どういった環境なのか」ということをよく考えなければいけないのですね。

  5. 今回のブログの内容は子どもを信じる、ということの大切さや必要性を感じられるものだと思いました。社会に出れば不特定多数の相手と関わっていかなければならないのに、子どもだから、といった理由で一人としか愛着は築けないと決めつけたり、守ってあげなければいけないと決めつけるのはある種子どもを侮辱していることにも繋がるのではないかと感じます。産まれながらに必要な力をすべて持ちながら、いらないものを切り捨てていくという成長の仕方からもわかるように、一人の人間として助けるべきところと見守るべきところのみ極めをもっと出来るようにならねばと感じました。

  6. 親としても保育士としてもとても勇気が湧きました。子どもを小さいうちから預けることによるマイナス面が社会には広がっていると思います。しかしそうではなくて、ハリスさんの集団社会理論のように、仮に母親がいなくても仲間がいれば育つというように、ポジティブな面によって、沢山の方が助かると思います。新年度が始まり、子どもにとって保育園という場所が安心できる場所となるように、まずは保護者のかたを安心させる慣らし保育の大切さをとても感じます。子どもたちも新入園児の子にお部屋の説明をしたり、遊びに誘ったり、慰めたり、と子ども同士の関わりの大切さを実感しました。子どもたちも初めは自分たちが新入園児だったんだなぁと思うと、今新入園児にしてあげていることは、その時に助けてもらって気持ちよかったからなのでしょうね。そのような関わりを保護者や社会へ発信していくのも、ぼくたちの仕事なのかなと思いました。

  7. 働いている母親のもとで子が育たない、不思議な理論です。他のこともそうですが、子育てをより突き詰めていった結果今では考えられないような理論が生まれてしまったのかもわかりません。いよいよ、きちんと修正して、正しい子育て観、理論を広めていく必要があることを改めて思います。
    保育所の役割もそうですし、父親の役割、養育者という広範囲な定義、含めて、子育ては母親だけという母親信仰からの脱却は母親をきっと救うものと信じられます。自粛要請の中で、母親信仰のお陰でもしかしたら大変な思いをした家族もあるのかもわかりらないと思うと、心が痛みます。

  8. 何となく多くの人が思っているこのような「べき論」や、何となく持っている「こうあるべき」というイメージを科学的な根拠をもとにこのように説明し、それがいかに正しいものではないかということを教えてもらいました。もちろん、細かいところを見ていけば、極端になってはいけない部分というのもあるのですが、母親は育児に専念するべきだということがいかに根拠がなく、そのことがいかに多くの人を苦しめているか分かります。私自身もこういった類のべき論が頭をよぎることがあります。その都度、その考えは本当にそうなのか、いや、そうではないよな、ではどう行動を変えていくべきかということを積み重ねて過ごしていきたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です