生理的・心理的変化

もし、「母は強し」、母性というものの根拠を、妊娠出産にともなう生理的・心理的変化に求めるとすれば、母性同様、父性もあってもおかしくないと斎藤氏は言います。というのも、父親でも配偶者の妊娠・出産にともないホルモンの値が変化することが知られていますし、原初的没頭も、母親に比べ弱いながらも見られるそうです。父親は授乳できませんが、子どもとかかわることでオキシトシンの濃度が上昇するそうです。

また、子どもの主な世話役を担うと、父親にも母親と類似した、対乳児発話と呼ばれる高い声での話しかけや、ほほえみなどの行動が見られます。母親の存在・かかわりが子どもの発達に重要であるとされますが、父親の存在やかかわりも子どもの学業成績や情緒的発達に影響を与えるということがわかっています。このように見てみると、母親だけではなく、父親にも子育て能力の存在を認めたほうがよいのではないかと斎藤氏は言うのです。もちろん子育ての能力に個人差があるのは、母親も父親も同様だと言うのです。

母性神話が本当であれば、そうはならないだろう、という事実もあるそうです。実母による虐待は、その最たる例と言えるかもしれないと言うのです。虐待とは行かないまでも、「子どもをかわいいと思えない」といった母親の子どもに対するネガティブな感情が問題視されがちですが、それは、共同保育で子育てするように進化してきているにもかかわらず、周囲からのサポートを十分得られない状態で子育てをしている人たちの反応と考えることも可能だというのです。また、育児不安という現象も、1980年代頃から注目されるようになりました。実際に、専業主婦として育児に専念している人のほうが、仕事を持ちながら育児をしている人よりも、育児ストレスや、夫や子どもへのネガティブな感情が大きい傾向があるというデータもあるそうです。この事実は、母性神話が「神話」であることを如実に表していると言います。

1980年代頃に子育てを始めた世代は、核家族化した中で育った人たちです。自身が年下のきょうだいや近隣の子どもとかかわる経験が少なかったために、育児不安という現象が見られるようになったのではないかと言います。また、20世紀前半頃までの日本の女性の一生は、早くに結婚し、子どもを産み続け、最後の子を育て終わる頃に死ぬか、孫の子育てをして死ぬ、というものだったと斎藤氏は言います。しかし産業化以降は、少子化が進んでいます。医療の発展のおかげもあり、乳児の死亡率は格段に下がりました。子どもは「授かる」ものから「つくる」ものになり、親は少ない子どもを大切に育てる、少産少死社会となりました。長子出産から末子出産までの出産期間は、10年以上だったものが2~3年と短くなり、長子出産から末子就学までの期間のいわゆる子育て期間も20年近くだったものが10年未満へ短縮されました。かたや寿命は延び、子育て終了後の期間が非常に長くなりました。母親業を勤め上げるだけでは、人生は終わらなくなったのです。

日本では、女性の就労率は年齢を横軸に取るとM字型となっており、谷のカープが浅くなってはきたものの、結婚や出産でいったん離職する人が多いのが現状です。経験や知識、身近で支えてくれる人が少ない中、ひとりで子どもの相手だけをしていると、社会から隔絶された感覚に襲われ、子育て後の長い人生を思うと、育児ストレスを感じたり、現状・将来に不安を抱いたりするのは不思議ではないと斎藤氏は考えています。

生理的・心理的変化” への7件のコメント

  1. 自分の過去を振り返ります。3歳未満の頃、私の叔母によると、私はおんぶしてくれる叔母の背中にあって、髪をひっぱりながら、あっちいけ、こっちいけ、をしていたそうです。叔母は兄である私の父の手前、私の言いなりにならざるを得なかったと言います。私にもイヤイヤ期があったかもしれませんが、私がイヤイヤすると周囲の誰かしらが私の望みを叶えてくれ、イヤイヤをする必要がなくなったいったようです。実はこのことは私が思春期に至って、いわゆる反抗期というものを経なかったことで私自身推察しているところのことです。反抗する必要のない周囲環境の中で育っちました。やりたいことはやれましたし、欲しいものはほぼ買ってもらったという思い出だけしかありません。あの時あーしてほしかったとか、こーしてほしかったということはありませんね。だから「共同保育で子育てする」ということはとても大切だと思っています。父母がいて、兄弟が4人もいて、さらに祖父母、ある時までは叔父叔母がいて、大工の父のお弟子さんたちが何人もいて、近所の人たちが代わる代わる私の相手をしてくれました。飛躍しますが、保育園、こども園は現在失われつつある「共同子育て」の場であって欲しいと切に思うのです。

  2. 父親であっても「子どもとかかわることでオキシトシンの濃度が上昇する」とありました。幸せホルモンとも言われているオキシトシンは、母親のみに与えられるものではなく、子どもと関わる父親も得られるということでしたが、他人でも子どもと関わると上昇するのでしょうか。やはり、そこは養育者という特権があるのかもしれませんね。また、「子どもの主な世話役を担うと、父親にも母親と類似した、対乳児発話と呼ばれる高い声での話しかけや、ほほえみなどの行動が見られます」とあり、街中でも幼子に対して他者が愛嬌を見せる時というのは、声が高くて笑顔なイメージがあります。対乳児発話を意識しているようにも思えないので、ヒトが集団で育児を行なっていた時の遺伝子レベルの名残でしょうか。そして、「実際に、専業主婦として育児に専念している人のほうが、仕事を持ちながら育児をしている人よりも、育児ストレスや、夫や子どもへのネガティブな感情が大きい傾向があるというデータもある」という情報から、大学時代に幼稚園保護者より、保育園保護者の方が第二子を産む確率が高いというデータを耳にしました。子どもを可愛いと思う反面、決してそれだけではない育児への向き合い方が大事なようですね。

  3. 〝父親は授乳できませんが、子どもとかかわることでオキシトシンの濃度が上昇する〟とありました。子どもという存在は「オキシトシン」という幸せホルモンが男女問わず分泌されることから考えると、幸せを運んでくれる存在であるのかもしれませんね。
    そして、後半の文章が今現在の各家庭を襲っている悩みの根源であることを感じます。一人で家で子どもの世話をしなければならない過酷な状況の親がたくさんいるのではないのでしょうか。我が家も小学生、年中、0歳児の3人を嫁が日中一人で面倒みています。なんとか力になれることはないか模索中です。

  4. 現代の医療では新生児が命を落とす確率はかなり低くなっていますから、少産少死から多産少死に変えることは補助金の充実や新しいステレオタイプを意図的に産み出すといったマスコミのやり方を使えばそう難しくはないと思います。しかし果たしてそれが地球にとってプラスに働くことかと聞かれると私はなかなか頷けません。インドや中国などの人工の多い国々では貧富の格差や公害など決して羨ましいとは思えないような実情が広がっているのも事実です。少子高齢化社会が問題になっている昨今ですが、どのような政策が最善といえるのでしょうか。

  5. まさに前回のブログで私が思っていたことが今回のブログで出てきました。「母親が赤ちゃんが生まれることでホルモンの分泌が変わり、生理的・心理的変化を起こす」というのは「父親にあってもおかしくないか」というところです。実際、私のまわりにも子どもが生まれた友だちは多くいますが、子どもができたことで落ち着いたり、行動が変わっていく様を見ることが多いように感じたのです。「父になる」というのはこうも違うものなのかと感じたのは、男性においてもホルモン値が変わったことによる変化なのかもしれませんね。また、結婚や出産を機に一度離職する人が多い現状はまだまだあるのですね。「専業主婦として育児に専念している人のほうが、仕事を持ちながら育児をしている人よりも、育児ストレスや、夫や子どもへのネガティブな感情が大きい傾向があるというデータもあるそうです。」というのは、実際、専業主婦の方が自宅にずっといることで社会とは隔絶された空間にいることになるでしょうし、それだけ孤独感というものも感じることでしょうね。やはり人は一人で生きるようにはできていないということが分かります。

  6. 母性神話が本当であれば、男性は子どもを産もうとする際にだけ必要で、それ以外は必要ない、ということになってしまいます。女性だけの社会で育てられることが自然だとすれば、過去の子育て環境は大いに間違っていたということに成りかねません。人間が進化し、それを続けて来られた理由は、社会の中で育てられてきたホモサピエンスの生き方を受け継いできたからであり、近年に築き上げられてしまったのであろう子育て神話の脱却については、早急に進めていかなくてはならない、と改めて感じられます。

  7. 母親の子どもへのネガティブな感情を「共同保育で子育てするように進化してきているにもかかわらず、周囲からのサポートを十分得られない状態で子育てをしている人たちの反応と考えることも可能だというのです」と考えることで、どう支援していくべきなのか、どういう社会を作っていくべきなのかということを考えさせられます。人の意識ばかりが強くなった現代だからこそ、このような視点で社会を見直さなければいけない時代になってきたということを感じます。このようなことが科学的にも根拠があると証明されてきているのもちゃんと参考にしていかなければいけませんね。「実際に、専業主婦として育児に専念している人のほうが、仕事を持ちながら育児をしている人よりも、育児ストレスや、夫や子どもへのネガティブな感情が大きい傾向」とありました。社会とつながっている、他者と接している、関わることが人としては当たり前のことであり、大切なことであると思わされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です