特定な人

ボウルビィの共同研究者であるメアリー・エインズワースは、愛着が個人によって異なることを発見し、そのタイプの違いを測定する方法を開発しました。ストレンジ・シチュエーション法と言われるこのテストでは、12~18カ月の子どもを対象に、養育者との分離・再会場面を実験的に設けて行動を観察することで、愛着タイプを分類していきます。

子どもと養育者の間に形成される愛着のタイプを、以下の四つに分類しました。①養育者と分離してもあまり泣かず、再会時にも自ら近接を求めず、養育者を回避する回避型、②養育者がいる時は養育者を安全基地として積極的に遊び、分離時には泣くが、再会すると自ら身体接触を求め、しばらくすると安心して遊びを再開する、最も挈ましいとされる安定型、③養育者がいても探索行動をあまり示さず、分離時に激しく泣き、再会時に身体接触を求めるが、容易に泣き止まないアンビバレント型、④再開時に顔を背けながら養育者に近づくなど、回避行動と接近行動が同時に見られたり、どっちつかずの状態が続いたりする無秩序・無方向型です。

子ども、特に赤ちゃんにとって養育者の存在は必須ですが、養育者を選ぶことはできないため、養育者のかかわり方に応じて自身の接近の仕方を調整し、自らの安全であるという感覚を維持すると言われています。安定型では、養育者は子どもの出すシグナルに応答性が高いので、子どもは養育者を安全基地として活用し、世界を広げることができます。回避型では、養育者の応答性が低いため、子どもは効果のない愛着行動システムを使わない方略をとるとされています。アンビバレント型では、子どもは応答に一貫性がない養育者に対して、高めに愛着行動システムを活性化させるように行動するとされます。無秩序・無方向型では、抑うつ傾向が見られたり、不安定であったり、虐待をしている場合もあり、子どもにとって愛着の対象かつ恐怖の対象となっているとされます。

つまり、子どもはとても柔軟であることがわかっているのです。実際、双生児研究によれば、おしなべて行動・心理的特徴の個人差には遺云の影響が大きいのですが、乳児期の愛着のタイプの個人差に関しては遺伝の影響が例外的に小さく、家庭環境の影響が大きいとされているそうです。養育者という環境に応じて、自身もふるまいを変えていると言えるのではないかというのです。

斎藤氏は、ここまであえて愛着の対象を「母親」と書かすに「養育者」としてきました。それは、愛着の対象は「母親」に限定されるものではないからです。ボウルピィ自身も、子どもの精神的健康に「母性的」愛情が不可欠だとしつつも、母性的養育者は必ずしも一人でなくてはならないとは言っていないのです。すでに、この辺から誤解があるようです。特定の人というのも、一人の特定の人と思い込んでいる人を多く見かけます。子どもは母親以外の人物に対しても愛着を形成し、母親、父親、保育者、それぞれに異なるタイプの愛着を形成するという報告もあるそうです。

幼少期に形成された愛着が、成長後もその人の社会性に影響を与えているかも定かではないそうです。仲間との社会的関係は母親との愛着のタイプでは決まらないという報告もあるそうですし、愛着のタイプも、成人後も不変な人もいれば、そうでない人もいると言うのです。共同保育をするというヒトの子育ての特微や、子どもの柔軟性を考えると、初期の養育者のみとの関係性がその後の人生をすべて決めてしまう、と考えるほうがおかしいかもしれません。ただし、虐待については、その後の子どもの発達に重大な影響を及ぼす恐れがあることは言うまでもありませんが。

特定な人” への8件のコメント

  1. メアリー・エインズワースの4つの愛着タイプですが、読めば読むほど面白いですね。まさに今、保育園での子どもたちの行動特性と比較しています。新入園児だけでなく、在園児の情緒面が不安定なのは、園の環境の変化だけではなく、保護者の職場やコロナウイルスによる生活形態の変化が関連しているのでしょうか。子どもは「養育者を選ぶことはできないため、養育者のかかわり方に応じて自身の接近の仕方を調整し、自らの安全であるという感覚を維持する」というように、とても柔軟であることがわかります。英語のRとLをも聞き分けられるように、全ての環境下で生き延びるための術を生まれながらに持っているというのが、人類史の産物でもあるのでしょうか。知れば知るほど、本当面白いですね。

  2. 愛着アタッチメントについては、臥竜塾ブログで相当学びました。愛着の主体を大人自身と勘違いしている親や保育者が多いような気がします。愛着の主体は、あくまでも子どもであり、それ故、子どもが周囲の大人にくっ付いたり離れたりする、という事実を大人たちは理解しなければなりません。「子どもはとても柔軟であることがわかっている」、ここのとろこがポイントでしょう。柔軟であるから、頭の固くなった大人たちは振り回されるわけですが。子どもは柔軟にアタッチしていくでしょうし、柔軟ににデタッチしていくでしょう。ところが、情報という固定概念にアタッチしている大人は、愛着教の信者、とでも言える接し方を子どもにしてしまいます。「この子は私が面倒見るの」「この子はわたしじゃなきゃダメなの」という思い込み。当の本人は満足でしょうが、子どもにとっては有難迷惑。子どもの特権は執着しないということです。状況に応じて気をそらすとか、諦めるとか、次の機会を狙うとか。そうした子どもの将来は明るいような気がします。実行機能が育っている証拠です。

  3. アタッチメントについて〝養育者を選ぶことはできないため、養育者のかかわり方に応じて自身の接近の仕方を調整し、自らの安全であるという感覚を維持する〟とありました。子どもは大人に合わせているということになるんですね。ありがたいことです。子どものおかげで親は子どもとのアタッチメントを保つことができているんだと考えると、家庭を支えている、家族の絆のようなものをつないでいるのは子どもであるということになるのではないかと思います。それなのに、大人は「自分がしてあげなければ」とか「支えていかなければ」と考えているのは見当違いであることが分かりました。

  4. 愛着や養育者の考え方を考えたときに、その「主体」をどこに設定するかで見えたかたが変わってくるように思います。「養育者を選ぶことはできないため、養育者のかかわり方に応じて自身の接近の仕方を調整し、自らの安全であるという感覚を維持すると言われています。」というように赤ちゃんは能動的に世界に働きかけているというのが分かります。安定型、回避型、アンビバレント型、無秩序・無方向型のように大人のタイプによって使い分けているということまで見ると非常に驚きますが、このことを見ても、赤ちゃんは白紙では生まれてきていないというのが分かります。このことを踏まえて、赤ちゃんをどういう存在として、見ていくかで養育や育児のあり方は大きく変わってくるでしょうね。「子どもに真心を持って接しただろうか」という三省の一説はこのことを非常に物語っているように思います。

  5. 養育者の関わりかたがその子の将来を決めると、頭ではわかってはいても難しい場面もありますよね。例えば不妊治療などの末に長年かかってようやくできた子であれば過保護になってしまいがちでしょうし、何人も兄弟がいればその分養育者の手が分散されて関わることができる時間も減ってしまいます。さらに子どもの性格によっても適切な距離感は違いますし、関われる養育者の数も家庭によってまちまちです。マニュアルがないことが子育ての面白いところでもあり難しいところでもありますね。

  6. 母親と書かず、養育者とされていることについては、とても納得させられるものがありました。やってあげすぎてしまうことで、子どもの意欲であったり、関心を向かずにいてしまうことで、人との関わりが嫌になってしまったり、どちらも子どもの将来にとっては、辛いものになるのでしょうね。このようなことは保育士としては理解できていた部分もあったと思います。しかし、僕にも娘ができたことで、子育ての難しさに直面しました。
    環境に応じて、柔軟に変化できる赤ちゃんの力にも改めて感動します。柔軟な赤ちゃんだからこそ、大人の力で決めつけることだけは、これからも避けていかなければいけないことなのでしょうね。

  7. 日本の保育者、最初の人がピアノを導入したことによってそれが未だにまるで保育の必需品のようになってしまっているように、最初の誤解が大きな勘違いを生んでしまっているかのようです。微差が大差であるように、後々になってこんなにも大きな間違いを生んでしまうのですから、情報というものは正しく下ろされるべきであると思いますし、また、それを下へ下へとおろしていく伝達者もまた、その意味をきちんと理解しておろしていくべきだと思います。

  8. 「ボウルビィ自身も、子どもの精神的健康に「母性的」愛情が不可欠だとしつつも、母性的養育者は必ずしも一人でなくてはならないとは言っていないのです」とありました。それなのにどうして担当制などという考え方が生まれてしまうのでしょうか。イメージであったり、思い込みで保育が行われていたり、そうすることで何か都合のいいことがあったりするのでしょうか。誰のための保育なのか、そこを忘れてはいけませんね。「共同保育をするというヒトの子育ての特微や、子どもの柔軟性を考えると、初期の養育者のみとの関係性がその後の人生をすべて決めてしまう、と考えるほうがおかしいかもしれません」このことからもいかに一人の保育者が子どもに関わるということが意味のないことであるかということが分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です