最近の子ども

最近、小学校の現場の声として、衝動的な子どもや多動な子どもが昔と比べてずいぶん増えているという話を聞くことが度々あります。そのような子どもが多く、授業が成り立たないことも少なくないというのです。また、年配の方から、現代の子どもは忍耐力や自分をコントロールする力が足りないという話を聞くこともしばしばあります。本当に子どもの実行機能は昔と比べて低下しているのでしょうか。

衝動的な行動と関連する注意欠如・多動症や自閉症と診断される子どもの数は、過去に比べて間違いなく増えています。もっとも、昔はこれらの障害自体が一般に知られていなかったため、昔にも障害を持った子どもはいたが、診断を受けていなかったという可能性は大いにあります。

障害を持った子ども以外に、定型発達の子どもについてはどうでしょうか。ミネソタ大学カールソン博士らの研究では、アメリカの子どもでは、マシュマロテストの成績は50年前や30年前の子どもと比べて、現代の子どものほうが高いことを示しているそうです。日本ではどうでしょうか。信州大学の寺沢博士らは、1969年、1979年、1998年のデータを比較し、日本の子どもでは、1969年から1979年にかけて思考の実行機能にかかわる能力が、変化していると述べています。ただ、この報告は対象の子どもの数が少なく、一部の実行機能のみを扱っており、さらには、異なった時代の子どもを同じ条件で比較すること自体が難しいので、これらの研究から現代の子どもの実行機能が高いとか低いといった結論を出すのは時期尚早ではないかと森口氏はか考えています。

親の精神衛生、子どもの運動、睡眠時間やメディア視聴などの実行機能に影響を与える要因に関しては、過去よりも現代のほうが、分が悪いと考えられると言います。運動時間や睡眠時間も過去に比べると減っているのです。

一方で、子育てに関する科学的知識は過去に比べて増えていますし、経済格差が広がっていることを考えると、実行機能が過去よりも低下しているというよりは、二極化が進んでいると考えるほうが自然かもしれないと森口氏は考えています。実行機能が極めて高い子どもと、低い子どもが、過去に比べて増えているということだというのです。

子どもの実行機能が過去より低いかどうかは別として、実行機能に問題を抱えている子どもが一定数いるのは事実です。実行機能の問題が子どもの将来のリスク要因になるのなら、不利になってしまった子どもへの社会的な支援は極めて重要なことだと森口氏は言います。彼としては、この本を通じて、実行機能についての理解が広まることを切に願っているようです。実行機能がどのようなものであるかを知り、実行機能に問題を抱えている子どもに気づいてもらいたいと考えています。そのうえで、彼は、睡眠やメディア視聴などの要因を見直してもらったり、実行機能の鍛え方について紹介したときのような方法で支援をしたりしてほしいと願っています。国内では、まだまだ実行機能に注目した保育や支援をするような施設は多くはありませんが、少しずつ増えてはきているようです。彼は、さらに今後もこのような動きが広まることを切に願っていると言います。

最近の子ども” への7件のコメント

  1. 過去に比べて現代では…という言葉は至るところで使われます。比較することで異なりを把握することができるからだと思います。しかし、基本的に人間は「成熟」に向かう生き物であると信じています。一時の後退はあっても、長期的には前進することに喜びを見出していると考えると、実行機能の能力的にも過去に比べると高まっているイメージがあります。「実行機能が過去よりも低下しているというよりは、二極化が進んでいると考えるほうが自然」と森口氏の言葉のように、高い子は高いが、低い子は低くなっているということなのですね。その原因として「親の精神衛生、子どもの運動、睡眠時間やメディア視聴」など、いわゆる誘惑的要素の量が増えていることがその1つであると考えられるようですね。実行機能を刺激し定着させる「運動時間や睡眠時間」も過去に比べて減少傾向という中において、実行機能格差社会が生まれている現状であることが理解できました。

  2. 森口氏による実行機能論のお話もそろそろ終わりに近づいてきているような感があります。最初、臥竜塾ブログで「実行機能」という概念に触れた時、正直言って、実行機能って何?一体何を実行するの?と思いました。今回の一連の実行機能論を解説してもらいながら、実行機能とは英語でExecutive Functioningだとわかり、私たちが社会生活を営んでいく上でとても重要な機能なんだということがわかりました。とはいえ、一部の専門家や私たちのような実践家の間では少々知れ渡ったかもしれませんんが、一般的には専門用語の域を出ていない感は否めません。そうであっても、自制心だったり切り替えだったりするマインドの重要性を裏付ける機能理論として私たちは真摯に学ばなければならないと思いました。そして、この実行機能の向上には子ども本人とその子を取り巻く環境との相互作用が大事だということもよく分かりました。人から教えられてどうのこうのということではありません。自制したり切り替えたりする環境が重要だということでしょう。

  3. 「親の精神衛生、子どもの運動、睡眠時間やメディア視聴」が実行機能の低下の要因になりうる可能性が現代では高いということは納得ですね。共働き家庭の増加やメディアの発達、さらには怪我への過干渉な対応(公園遊具の減少等)などもあるのでしょう。しかし、今私たちができるのは最後の方にもありました、実行機能がどういうものかを知り、気づいてあげるということです。
    今回このブログを読むことで「実行機能」という言葉に出会えた私はとても幸運です。

  4. たしかに現代と昔を比べての話しというのは、いたるところで耳にしますし、自分もそんな風に話すこともあります。年を重ねたということにもなるのでしょうが、若い人たちは自分がそうであったように、その手の話しは好きではないのでしょうね。〝実行機能が過去よりも低下しているというよりは、二極化が進んでいると考えるほうが自然〟とあります。それだけ、子どもを取り巻く環境が変化しているということになるのだと思います。このまま行くと、未来はどうなるのでしょうか。これも、人間が種として生きていくための「成長」と言えるのでしょうか。このことに対して自分たちができることは何があるのでしょうか。いろんな考えが頭を巡りました。

  5. 「実行機能が極めて高い子どもと、低い子どもが、過去に比べて増えている」ということが言われているのですね。こういった大きな差を生んでいることを見ていると以前ブログの中でもあげていたポール・タフ氏の「成功する子・失敗する子」の中で言っていた、経済的な貧困の格差なども影響があるのかなとふと感じました。現在様々な国で経済格差が広がっている話をよく聞きます。こういった影響も多少なりともあるのかもしれません。ただ、こういった状況の中でも、教育機関や保育機関が家庭と協力して子どもたちにアプローチできることはたくさんあるのではないかと思います。そのためには、実行機能やこういった知識を得てアプローチすることは非常に有意義なことだと思います。今の時代は今の時代なりの考え方でもって、進めていかなければいけないところは多くありますね。

  6. 私はゆとり世代の中でもはじめから最後までどっぷりとゆとりだった二学年のうちの一つなのですが、ゆとりであったことを悲観したり悔やんだりしたことは一度もありませんでしたし、これからも無いだろうと思えます。もちろんそれ以外の世代のことを詳しく体験したわけではありませんから比較するのもおかしな話なのですが、学びにゆとりがあったお陰で自分の考えや思いを持つ余裕があったと思います。果たしてそれが今社会に出て良い方に働いているのか悪い方に働いてしまっているのかは定かではありませんが一つの信念がしっかりあるからこそそれ以外の部分においては拘りを持たず切り替えも苦手ではないと言えます。

  7. 例えば電気が発明された頃、夜になって暗くなると寝ていたような環境が一変した時、人は何かが衰えたのだろうか、と疑問に感じました。新しい生活習慣が導いたものに、確かに衰えを産んだこともあったかもわかりませんが、その恩恵から向上したり、人間進化に必要なものが生み出されたりしたこともあったように思います。時代時代に、新しいものが生まれ、それとやはりどう付き合っていくかがいつでも人間のテーマのように思えてきます。ある道具を、きちんと理由を持って使いこなしていくことで、豊かな未来が待っているように思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です