思考の実行機能については

思考の実行機能については、たとえば頭を切り替えられることと、切り替えられないことを比べた場合、前者のほうが大事であることは間違いないと森口氏は言います。そういう意味で、思考の実行機能には安定感があり、その結果として、子育てや訓練の効果が比較的出やすいのです。

思考の実行機能が現在注目されている二つ目の理由は、小学校以降の学校生活への影響力が大きいと考えられているためです。ダニーデンやイギリスの研究から、実行機能は子どもの健康や経済状態に影響を与えることが示されているものの、どのような実行機能が、子どものさまざまな指標にどのように影響を与えるかが明確ではありません。実際、実行機能が高い子どもが、大人になったときに経済状態が良いという結果が事実だとしても、そこに因果関係があるのかどうかについて疑問を持たれる人もいるかもしれません。「子どものときに実行機能が高いから、大人になってから経済状態が良い」というような因果関係と、「子どもの頃に実行機能が高かった人が、大人になってからたまたま経済状態が良い」というような相関関係とは大違いです。この点は注意深く考える必要があると森口氏は言います。

そのため、最近では、思考の実行機能と感情の実行機能が、具体的に子どものどのような行動や能力に影響を与えるのかが検討されています。その効果が大きいのが、子どもの就学準備性に与える影響です。就学準備性とは、幼稚園や保育園に通う幼児が、小学校へ入学するためのスキルを身につけている状態かどうかということです。「小1プロブレム」などの言葉がある通り、幼稚園や保育園から小学校への移行は子どもにとって大きな問題となります。幼児期に、小学校に入るための準備が必要となってきます。

就学準備性には大きく分けて二つあると言われています。一つは学力の準備性です。小学校に入ると、国語や算数などの教科を本格的に習うことになります。それらの教科を学ぶためには、基本的な文字や数の知識が必要となってきます。たとえば、ひらがなの読み書きや、数を数える能力、簡単な足し算や引き算などが該当します。数多くの研究から、幼児期に思考の実行機能が高い子どもは、就学前後の学力準備性が高いことが報告されています。とりわけ、算数やその基礎となる知識の獲得に大きな影響力を持つことがわかっています。

さらに、思考の実行機能は、社会的・感情的準備性にもかかわることが示されているのです。こちらには、プレゼントをもらったらどのような気持ちになるのかなどのように相手の気持ちを正しく理解する能力や、困った相手を助けるような行動が含まれます。これらの能力は、学校生活において、クラスメートや教師とうまく付き合っていくために必須です。思考の実行機能が高い子どもは、社会的・感青的な準備性も高いのです。

一方、感情の実行機能は、主に問題行動とかかわります。たとえば、感情の実行機能が低い子どもは、怒りやすく、クラスメートとトラブルになりやすかったり、友達との共同作業が苦手で孤立しやすかったりします。このように、思考の実行機能も感情の実行機能も、小学校以降の学校生活に重要な役割を果たしますが、現在のところ、思考の実行機能は学力と関係することもあり、こちらに注目が集まっているのだそうです。

思考の実行機能については” への7件のコメント

  1. 確かに「思考の実行機能」は学力面において重要な機能なのかもしれませんね。学力の向上に求められるのは、要領の良さ、です。学校生活を振り返って、そのことを思い出すのです。つまり「頭を切り替えられること」です。ある地点で留まっていてはいけない、とも言えるでしょうか。執着せず、こだわらず、次に移行する。とはいえ、気を付けなければならないのは、奥底にこだわりを持つことでしょう。つまり、変えてはならないことを変えないため、そのためにこそ執着せずに変える、ということでしょう。何だか禅問答みたいですが、このことは、藤森先生が常々言われてきたことです。ただただ拘らずに変わっていくなら、それは浮草のよう。変えてはならないもの・こととは何か。極めて哲学的問いを自己に課さないとこの答えは見つからないでしょう。思考の実行機能を鍛えるとは、学力云々というより、人類の生存に関わることのような気がします。

  2. 「思考の実行機能」と「感情の実行機能」は脳と心の部分ですね。頭を切り替える、すなわち思考を切り替えるということが高まると学力に関係することを考察してみました。例えば、足し算をする場合、「7+8=○」の解答方法。単純に1〜15までを数えるか、もしくは5+5+2+3の思考で数えるかは、思考の切り替えになると思ったのです。
    さまざまな考えを柔軟に取り入れることができる脳が注目を集めているのだと感じました。
    苛立ちを覚えた瞬間、それをすぐに爆発させては、やはりクラスメートとのトラブルも増えます。
    相手が何を思ってそうしたか…などを一旦立ち止まって考える必要があると、自身にも重ねて学びになりました。

  3. 「幼児期に思考の実行機能が高い子どもは、就学前後の学力準備性が高い」と報告されていることからも、幼児期から教科学習を画一的に教えることよりも、思考の実行機能を育むことに力を注ぐ幼児期教育が重要であるとこがわかります。また、それだけではなく「思考の実行機能は、社会的・感情的準備性にもかかわることが示されている」というように、教育の目的にもなっている「社会の形成者としての資質を備える」ことにも関連していますし、今後、教育において「実行機能」が密接に関連し、それに必要な環境構築が問われてくることが想像できました。

  4. 自分の経験から言えば、小学生の時のテストの解き方として順番通りに解いていく解き方でしたが、ある先生から「解けない問題は後回しにして、解ける問題から解いていくといい」ということを教わり、そのようにすると、点数が上がったことを覚えています。これも頭の切り替えという意味で〝思考の実行機能〟となるのではないかと思います。たしかに、学力に影響があるのだと思います。そして、就学すると学習が本格化することから、そのための準備として、就学前には授業のようなものよりも、思考や感情の実行機能を育む必要性があるのではないかと思いました。そのために自分たちができることを考えていくことが必要ですね。

  5. 幼児期に小学校に入るための準備が必要になってくるとあります。その中で、思考の実行機能は学力においては大きな影響があるのですね。思考の実行機能にしても、感情の実行機能においても、小学校に行くまでに幼児期で準備期として、養っていることの重要性を感じます。そして、ふとこの内容をみていて思ったのが、思考の実行機能にしても、感情の実行機能にしても、養うことに重要な遊びは数々あると思いますが、最近言われている「ボードゲーム」はそのどちらにもアプローチすることができる遊びなのかなと感じました。遊び論というのはそのどれもが意味があることだと思います。こういった実行機能など必要な力というものが具体的に上げられ、どういった遊びを用意した方がいいのか、その環境の作り方やおもちゃのあり方なども考えられることが多くあるように思います。そして、そういった環境が後の社会に出たときにどれだけの意味としてあるのかを意識することはとても大切なことなのではないかと思いました。

  6. 人見知りや場所見知りをする子としない子にも実行機能が関係あるのでしょうか。新しいクラスになり人やものなどの環境が変わったとき、うまく適応できずに泣いたり縮こまってしまう子を見ると、しっかりと切り替えて遊んでる子に比べて楽しい時間が減ってしまい、その子が損しているのではないかと思うことが最近あります。藤森先生は人見知りは自分の仲間とそれ以外を区別してするものだと言われていますが、人見知りしない子はどういったメカニズムなのか、人見知りがひどくなかなか新しい環境に適応できない子はどういったメカニズムなのか、そしてそこには実行機能が関係しているのか最近の自分の思考の中心にあります。

  7. 学校に入ると授業を受けて、テストをされます。ところが、それが今回の自粛の流れで、全て家庭で行われることとなりました。小学生程度の問題であれば、どの親も教えられるから面白いもので、そうなると本当に小学校へ行く意味とは何なのか、という疑問を持った親も少なくないと思えてきます。そこに、先日の先生の言葉が思い出されます。苦手な人とも付き合っていかなくてはいけない環境、そういう人と人との関わりを学ぶための環境であったという面を多くの親が知るきっかけになっているならば、これ程までに教育の転換に迫るような知見はないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です