効果の期間

大入でも実行機能を鍛えることは理論上可能ですが、これらの研究に問題がないわけではないと森口氏は言います。たとえば、訓練をすることで実行機能が向上したとしても、その訓練を継続しない限りはその効果は一時的なもので、3カ月後などに再調査すると、訓練の効果がなくなっているそうです。筋肉もそうですが、やはり鍛え続けることが大事なようだと彼は言います。少しの間だけ訓練したところで、その効果は長続きしません。また、実験室のなかで実行機能が鍛えられるように思えたとしても、日常生活で必要とされる問題にはあまり役に立たないことも知られているそうです。

研究者の間でも、この問題については意見が大きく分かれているそうです。2014年に、心理学者や神経科学者らが、実行機能を含む認知機能の訓練は、訓練されたテスト以外にはあまり応用できない、効果がないという声明を発表したそうです。ところが、面白いことに、同じ2 014年に、別の研究者とセラピストらが、認知機能の訓練は訓練されたテスト以外にも効果がある、という声明を発表しているのです。全く正反対の声明が発表されているのです。一般向けにも「脳を鍛えるゲーム」が多く発売されていますが、ものすごくがんばって鍛えても、効果はわずかであり、訓練をやめたら効果はなくなり、しかも、日常生活にはあまり活かされないことがわかっています。

このように、大人になって実行機能を鍛えることは簡単ではなさそうだと森口氏は言います。彼は、実行機能を鍛えるよりも、実行機能がどのような状況下でうまく働かなくなるのかを理解し、ここぞというときに実行機能がしっかりと働くように準備することが大事だと思っていると言います。そのような心得をいくつか紹介しています。

まずは、感情の実行機能については、誘惑をできるだけ避けることだと言います。マシュマロテストに参加した子どもがマシュマロを見ないことで誘惑に耐えることができたように、ビルやタバコ、性的刺激などの誘惑をできるだけ目にしないようにすることが大事だと言います。これらを目にしてしまうと、私たちのアクセルが全開になってしまい、ブレーキが利かなくなってしまいます。お酒を控えているときには居酒屋を、禁煙時にはタバコの自動販売機をなるべく見ないようにすることが大事だと言います。

次に、感情の実行機能にも思考の実行機能にも言えることですが、ストレス時にはブレーキやハンドルの機能が著しく低下してしまいます。仕事で疲れているとき、人間関係でトラブルになったとき、感情や思考をコントロールすることはできません。強いストレスを感じているときには、休息が必要だと言います。関連して、睡眠不足のとき、不安なとき、抑うつ気味なときのように、精神的に健康ではないときにも実行機能はうまく働きません。このようなときに大事な決定をすることは避けたほうが無難だと森口氏は助言します。

また、筋肉のたとえのように、筋肉に似た側面もあります。たとえばべンチプレスをした後や、ダンベルで腕を鍛えた直後は、筋肉は十分に働きません。これと同様で、実行機能を使った直後には実行機能はうまく働かないと言います。たとえば、せっかくビールの誘惑には抵抗できたのに、タバコに手を出してしまうかもしれません。このような状況下では実行機能はうまく働きません。大事なときには、誘惑のある状況に身を置かないことが大事だと森口氏は言うのです。

効果の期間” への7件のコメント

  1. 大人が実行機能を向上させるのは、不可能ではないが、結構難しいようです。自制心と切り替える力を持っているならば、ストレスや不安が少しでも減る社会を作れるような気もしますが、なかなか難しい。誘惑に打ち勝つのは若者のほうが得手かも。年寄りは、屁理屈を並べながら、誘惑を正当化しようとしますから。誘惑に負けて自分の体を害するだけならともかく、誘惑に負けて法律違反を犯したり、周囲の人たちを負の状況に陥れたり、年輩者には時として困った面を見ることがあります。「大事なときには、誘惑のある状況に身を置かないことが大事」です、確かに。禁煙中にタバコの煙を吸う環境に身を置くとすぐに喫煙してしまうかも。禁酒しなければならない時に、お酒を飲むマインドに陥ってしまえば、これもいけません。タバコにしてもお酒にしても嗜好品です。しかし、随意で辞められなくなったら入院治療が必要です。薬物も中毒も実行機能をいとも簡単に葬り去ってしまうことでしょう。

  2. 「練習のための練習はするな」と、よくスポーツの世界で聞く言葉ですが、訓練のための訓練では意味がありません。私たちが望むのは、日常生活において実行機能を使いこなすことであるはずです。この視点を忘れてはいけないようですね。また、2014年発表された正反対の認知機能訓練については、ただただ驚くばかりです。こんなにも結果が異なる研究というもの、実際には存在しているということであり、未だ未開拓な分野であるということ、そして、そのような中であっても「実行機能を鍛えるよりも、実行機能がどのような状況下でうまく働かなくなるのかを理解し、ここぞというときに実行機能がしっかりと働くように準備することが大事」という森口氏の言葉が印象的でした。

  3. 「実行機能がどのような状況下でうまく働かなくなるのかを理解し、ここぞというときに実行機能がしっかりと働くように準備することが大事」とあります。実行機能を育てるためには自分のことを理解する時間も必要な気がしました。
    実行機能を意識しながら、一つ一つのことと向き合えば向き合うほど育つのかな?そんな事も思ったりもしました。
    そして、実行機能を果たせたと実感することも鍛えることに関係するものかもしれませんね。

  4. 大人になってから実行機能を鍛えようとしても、なかなか一筋縄ではいかないものである印象を受けました。いろんな、あらゆる情報が簡単に手に入る現代において、目を逸らす、見ないようにするというのですら、なかなか難しいのではないかと思いました。大人は鍛えることよりも〝実行機能がどのような状況下でうまく働かなくなるのかを理解し、ここぞというときに実行機能がしっかりと働くように準備することが大事〟という見解が無難であること、それが実行機能を鍛えることにつながるのではないか、と感じました。

  5. 「実行機能を鍛えるよりも、実行機能がどのような状況下でうまく働かなくなるのかを理解し、ここぞというときに実行機能がしっかりと働くように準備することが大事」なるほど、いかに自分の実行機能における得手不得手を理解し、使いこなすことができるのがある意味での大人の上手な実行機能のとの付き合いなのですね。そう言われると少し楽になります。また、感情の実行機能については、そもそもそういった誘惑には近づかない。ブレーキが利かないならば、そもそもそのブレーキを使わなくていい方法を探すということですね。一番手っ取り早く確実です。そして、効果もあります。私がやったのが、受験勉強をするときに、漫画やテレビなどが近くにあるとどうしても気になってしまうので、そういったものがない図書館や予備校の自習室で勉強をしたりしていました。環境というものは子どもでも大人でも、かなり強い誘因になったり、それを防御することにもつながるということが分かります。うまく、こういった立ち回りを意識するためには自分の弱点を知っていたり、意識することも大切です。マインドフルネスはそういったためにも必要な力であり方法にもなりそうですね。

  6. 筋トレに詳しい自分としてはなんだか実行機能を鍛えることの難しさを感じる内容でしたね。筋トレには漸進性や意識性など五大原則がありますがその中でも漸進性がもっとも厄介で、これはある刺激を繰り返していると最初は辛いかもしれないが次第になれてしまい体が負荷と思わなくなることから常に少しずつトレーニングは強度を上げ続けなければいけないというものです。もしこれが実行機能にも当てはまるとしたら、我慢することが当たり前になるといういい面と、ある程度のところで実行機能は頭打ちになりやすいという悪い面にがあることを理解しなくてはいけませんね。

  7. 「訓練をすることで実行機能が向上したとしても、その訓練を継続しない限りはその効果は一時的なもので、3カ月後などに再調査すると、訓練の効果がなくなっているそうです。」日常生活に落とし込むことが大切なようです。ビールやタバコなどの嗜好品が例に挙げられていて、まるでそれが実行機能を高めることと対極にあるようにも思える所ですが、ビールやタバコがあるから日常の様々なことに耐えられている人がいる場合に、それがなくなるせいで実行機能が衰えてしまう、というようなことも考えられるようにも思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です