別の視点

私たち人類は、誕生以来ずいぶんと進化してきました。その進化は、文明を築き、社会を変化させてきました。以前のブログでも書きましたが、では、これから先、例えば100年後の世界はどうなっているのでしょうか?そう考えた時、100年後は、随分と先のように思えますが、逆に人類の歴史の中で考えると、ほんのわずかな先のようにも思えます。そこでは、何が変わって、何が変わらないのか、その分野によって、100年という時間の経過は、長くもあり、短くにもなるのでしょう。では、子育てという行為は、どうなのでしょうか。

かつて、子育てとか、親の愛とかは本能であるかのように言われてきました。それは、あらゆる動物にとってと同じように、人類にとっても、「母性本能」という言葉に代表されるように生まれつき、母性は備わっているものだと言われてきました。それが、最近では、本能ではなく、育てられていくものだと言われています。しかし、私たちは、もともと持っている「人間の本性」というものはあるようです。

では、人間の本性とは何なのでしょうか?いざ定義しようとすると厄介です。「人間の本性とは何か。その答えは複雑でもあり、驚くほど単純でもある。」と「進化心理学から考えるホモサピエンス」(パンローリング社)の中に書かれてあります。

この本は、人間の本性を扱うサイエンスです。本書では、二人の進化心理学者が、最新の研究の成果を用いてヒトの心理メカニズムを紐解いていきます。二人とは、アラン・S・ミラーとサトシ・カナザワです。彼らは、本書の中で、「私たちは(部分的には)進化によって形成された独自の性質をもつヒトという動物として行動している。この独自の性質が人間の本性である。」と定義しているのです。そして、これは二つのことを意味すると言います。一つは、私たちの考え、感情、行動は、生まれてからの経験や環境だけでなく、気の遠くなるような長い年月の間に私たちの祖先が遭遇した出来事によって形づくられているということ。人間の本性は、私たちの祖先の過去の体験の集積であり、それが現在の私たちの考えや感情、行動に影響を与えていると言うのです。二つ目は、人間の本性は普遍的なものであり、人類全体に共通するものもあれば、男または女に共通のものもありますが、私たちの考えや感情や行動はかなりの部分、すべての人間、あるいは、すべての男かすべての女に共通するということだと言うのです。

地球上にはさまざまな文化があっても、人々の悲喜こもごもは本質的には同じだと言うのです。人間の行動を決定するのは、生まれもった本性、それに各人の個人的な体験と育ってきた環境だと言うのです。いずれも、私たちの考え、感情、行動を大きく左右します。この本では体験と環境の影響はほとんど無視して、人間の本性を重点的に扱っています。これには理由があると言うのです。

体験と環境が人間の行動に大きな影響を及ぼすことは、誰もが認めていることです。少なくとも、生物学的・遺伝的要因のみで人間の行動が決定されると本気で主張する科学者はいません。100 %遺伝子に左右される遺伝病もわずかながらあるそうですし、目の色と血液型も100%遺伝子で決まります。このように完全に遺伝子で決まる特徴がごくわずかあるにしても、それらを例外として、100%遺伝子で決まるような人間の特徴なり行動はありませんし、まともな科学者であれば、あるとは言わないだろうとミラー氏らは言うのです。

別の視点” への8件のコメント

  1. 100年後の子育て、考えたこともありません。ロボットが赤ちゃんを抱っこしていたり、おむつは自動で取り替えられていたり、少子化によってロボットと遊んでいたりなど想像してしまいますが、子どもが他者と関わる機会は少なくなっていくでしょうね。また、母性は備わっているものではなく、育てられていくものとありました。よく、子どもが1歳の誕生日を迎えるにあたって、同じようにお父さんやお母さんもそうなって1歳の誕生日であると表現していますが、本当にそうですね。子どもによって、母性や父性は育て上げられていくものなのですね。そして、本性というものも「祖先の過去の体験の集積」「普遍的なもの」ということで、過去から脈々と紡がれてきたものを感じさせます。

  2. 今地球上に存在する、つまり生きている生物は、およそ38億年という気が遠くなるような歳月を経てここに存在しているのだそうです。この地球が誕生してから8億年後に存在し始めた生物、その記憶を私たちは今飛んでいるハエと相当部分共有しているのだそうです。夏になると登場してくる蚊。その蚊も38億年を経て私の目の前に存在している。その瞬間、私の両の掌はパチンとその蚊を潰してしまう。吸った血を掌に残しながら身体は黒い点として残る。蚊の38億年を終焉させたことになります。「気の遠くなるような長い年月の間に私たちの祖先が遭遇した出来事によって形づくられている」ここに繋げたくて、ちょいと長い前置きをしました。私たちの生とは38億年という年月を経て今ここに存在している。このことは従前の蚊と変わりがありません。しかも「人間の本性は普遍的なもの」。外国語を少し使えるようになると、日本人以外の人々とコミュニケーションをとることができます。話していると、若干の文化的相違はあるにせよ、喜怒哀楽の程度にさほどの違いを認めることができません。私たちが直面しているグローバルな世界とは、私たちの各文化を明確にすると同時に、実は、私たちは基本、そして普遍的意味において、同じである、という結論に行き着きます。さて、「人間の本性」に関する学者さんたちの見解をブログにて知ることができるようです。

  3. 母性というのは〝本能ではなく、育てられていくものだ〟とありました。子どもにより、子どもと一緒に育んでいくものなんですね。母性と同じように父性もそうであるのでしょう。自分たち大人は子どもにより母親らしく、父親らしくなっていくと考えると、「先生」と呼ばれている保育園やこども園の職員も、子どもから先生らしくなるような働きかけがあるのでしょうか。そう考えると、子どもと触れ合うこと、それ自体が主体性を持っている子どもの影響力を受けているのですね。

  4. 人の行動や性格、感情など、環境の面で、人の体験や経験によって、その後の人生の少しでも影響していると思うと、今の子どもたちの大切な数年に関わっている責任の大きさに気づきます。100年後のことは想像できませんが、子どもを大切にする社会というのは変わって欲しくないなと思いました。

  5. 100年後の世界はどうなっているのでしょうね。とある漫画家によれば、子育てロボットが四次元のポケットからお助けアイテムを出してくれる時代までが、もう100年を切っているようですが、現実にはなかなかそのような世界は来そうにもありませんね。逆にいえばAIが人類を越えたその瞬間、人類が機械によって滅ぼされすべてロボットの時代が来るかもしれません。今回のコロナしかり、いつ何がどこで起きるかわからない時代ですから先を見通す目というのは持っておきたいものですね。

  6. 臥龍塾ブログのこれまでを読み進んでいる中で、たびたび人間の進化について触れられることが多くありますが、その時に感じるのが、「人間とはいえ、生物」なんだなと思うことがありました。すこし、語弊があるかもしれませんが、それだけ人の人類としての根本的な営みは大きくは変わっていないように思います。そして、それが「人間の本性」ともいえるのでしょうね。「人間の本性は普遍的なものであり」という言葉からもそのことが伺えます。ただ、今の社会においてはテクノロジーの発達によって、「社会」というもののあり方がこれまでとは大きく違うものになってきているようにも思います。こういったこれまでの社会のあり方とこれかれの社会のあり方の変化を考えていく上で、「人の本性」という根源的なものを抑えておかなければ、人は非常に危険な社会の中に生きなければいけなくなるのかもしれません。以前、ドラッカーの「マネジメント」を読んだ時に冒頭の章に「企業=営利組織ではなく、顧客を創造すること」とありました。つまり、「社会で生きていく人のためにあるもの」という考え方でした。こういったように個々人の利益のためだけではなく、社会全体のための協力のために様々な集団や組織があるのでしょうが、その意識が変わってくるのは非常に危険なことかもしれません。人の社会の創造のためには、人の本性を知ることは大切なことだと思います。

  7. 遺伝か環境か、それについて考察されてきたことを思い出します。100%遺伝ということは考えられないということを改めて思いますし、だからこそ環境が大切であるということも改めて感じます。しかし、それ以上に、そもそもの本質的な部分に人間は似通った部分があるということ、それを知ることであるパターンを見出すことができそうです。人間が成長を、そして更なる進化をしていく上で、重要な見地に触れられるのではないでしょうか。

  8. 大胆な行動をしたことで、少し痛い経験につながると、次からその行動をしなくなったり、かなり慎重に行うようになる娘の姿を見ていると、こうやっていろいろなことを学んでいるんだなと思う反面、だから何でもやらせてみればいいということでもないので、これは注意して、これは…と日々考えさせられます。そうやって体験を通して、学んでいる一方で、転びそうになったら手をついたり、トラウマのように、怖い体験を繰り返さないようなこういった感覚が長い歴史の中で、受け継いできたものなのでしょうか。今いる自分だけを見るのではなく、ここに至るまで、これから先に思いをはせる感覚というのはとても大切な感覚なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です