訓練のしかた

森口氏は、実行機能を鍛えるための方法を提案しています。

これまで、自分をコントロールする力である実行機能の育て方について見てきましたが、それは、遺伝的な要因も重要であるものの、子どもにおいては、子育てなどの環境的な要因が与える影響が非常に大きいことが示されていました。そうすると、実行機能を鍛えたり支援したりすることができそうだと森口氏は言います。国外では実行機能の低い子どもたちを支援する動きが広がっているそうです。では、どのような方法で実行機能を支援できるのでしょうか。

子どもの実行機能を訓練する研究はまだまだ途上だと言います。世界中の研究者が実行機能を向上させようとさまざまな方法を試みているそうです。森口氏は、現時点での最新の成果を紹介していますが、5年後や10年後には異なった結果が出ている可能性はあると言います。そこで、改めて、なぜ、研究者たちは実行機能の訓練にそれほど注目しているのでしょうか。

一つの理由は、子どものときの実行機能の高低などが、その子どもの後の学力や友人関係、大人になったときの経済状態や健康状態を左石するためだと言います。もう一つの大きな理由は、実行機能はIQなどよりは、支援や環境の影響を受けやすいと考えられるためだと言います。

実行能を鍛えるためにどのような訓練が有効であるのかは、科学的に調べることが可能だそうです。世の中には、子どもの能力開発を謳うかなりうさんくさい教育方法や塾まがいのものがあるので、この点を理解することは極めて重要だと森口氏は言います。たとえば、子どもが家で、ある英語を2カ月間聞き続けて、その後で英語のテストの成績が向上したとします。この場合、この英語のおかげでテストの成績が向上したのでしょうか。そうではないかもしれないと森口氏は言います。たとえば、子どもが学校で日常的に英語の授業を受けていたら、英語の授業のおかげでテストの成績が向上したのかもしれません。

こういう場合、いくつかのグループを用意し、そのグループにランダムに子どもを参加させることで、英語CDの効果だったかを調べることができます。たとえば、英語CDを聞くグループと、それと比較するグループを置きます。前者を実験群、後者を比較群とか対照群と呼びます。この比較群は、できるだけ実験群と同じような活動をすることが望ましいとされています。たとえば、英語を聞くグループとの比較であれば、何もしないよりは、英語以外のCDを聞くグループのほうが良いということになります。

ランダムというところが大事だと言います。研究者側が、成績が上がりそうな子どもを実験群、そうではない子どもを比較群に当てはめても意味がないためです。ランダム化比較試験と呼ばれます。比較群と比べて実験群のほうがより英語のテストの成績が向上していれば、英語の効第があったと結論づけることができます。逆に、両群で同じようにテストの成績が向上していれば、英語CD以外の効果だということになります。

このような方法を用いて有効だと言える方法こそ、科学的に信頼できる方法だと森口氏は言います。そこで、彼は、主にそのような方法を用いて実行機能を訓練した研究について紹介しています。最初は、個別の子どもを対象にした方法を紹介し、次に集団としての子どもを対象にした方法について紹介します。

訓練のしかた” への8件のコメント

  1. ジョン・ロックの白紙論のように、その時代から何年も当たり前とされてきた説が、現代のように科学の力によってそうではなかったと言えるようになると同じく、森口氏の「現時点での最新の成果を紹介していますが、5年後や10年後には異なった結果が出ている可能性はある」といった言葉には考えさせられますね。そうなってくると私たちは何を信じればいいのかとなりがちですが、冷静に考えてみれば、最新の情報を柔軟に受け入れ、そのための実践をしていくことしか私たちはできないことに気が付きます。そして、いよいよ“実行機能は訓練できる”という章に入りました。この訓練の仕方にしては各国で様々であるのだと思いますが、そこにいち早く注目して投資できる国は今後の経済的発展が望まれるということを感じざるを得ません。

  2. 遺伝子決定論だと実行機能向上にはなすすべがありません。環境と訓練ということであれば、遺伝子的要素によって決定づけられていることにいささかなりとも影響を及ぼすことができるかもしれません。「子どもの実行機能を訓練する研究はまだまだ途上」。今後全世界でこの実行機能の訓練の仕方が開発されていくのでしょう。「子どもの後の学力や友人関係、大人になったときの経済状態や健康状態を左石するため」とあればなおさら重要になってきます。それにしてもこの実行機能、なかなか一般社会では市民権を得られませんね。非認知能力とかEQの大切さが言われて久しいですが、学校の世界では相変わらず記憶重視の学力検査が横行しています。この分野の研究がますます進展していくことによってホモサピエンスが存続し得る社会をこれからの人々に期待したいところです。

  3. まずは、実行機能は訓練できるというところに希望がありますね。大人になった時のことを考えると、実行機能が高ければ高い方がいいのではないか、と思ってしまいます。訓練できるのであれば、方法を知りたいですね。でも、それも5年後、10年後に効果がある訓練と言われているのかというのは疑問であるということを忘れてはならないですね。自分たちは常にアンテナを張り、新しい情報を選びながら選択していくことが求められるのですね。

  4. 「実行機能が将来の学力や友人関係、大人になった時の経済状態や健康状態までも左右する」といったことや、「実行機能をつけるためにはIQなどよりも支援や環境の影響を受けやすい」ということ、これまでも出てきた内容ですが、改めて整理していくと実行機能の重要性やそのための保育や教育における大人の距離感を改めて考えさせられます。これらのことは保育行っていくうえで、一つ考えておかなければいけない視点につながっています。では、実際のところ実行機能とはどう育てていくことができるのかどういったことが有用なのか。これがわかることで保育の見方も変わってくるのでしょうか。それとも今やってきていたことの裏づけのようなところが見えてくるのか。どちらにしても、子どもたちにとって最善の利益につながることを見つめていくようにしていきたいですね。

  5. 私がこの一年間クラスに入った上で実行機能が高かった子の特徴を考えてみたのですが、思い当たる点としては月齢が高く、面倒見がよい子でした。よく藤森先生が異年齢の集団にいると年齢の高い子はしっかりする、とおっしゃってますがまさにそれで、自分よりしっかりしていない子を常に意識できている子というのはふとした瞬間に我慢できる傾向にあったような気がします。そういう意味では一人っ子政策というのは子供の実行機能まで奪ってしまうのかもしれません。

  6. アルゴリズムについて本から知見を得る中で、英語が出来るようになるその子のアルゴリズムが解明できれば、その子は英語ができるようになるのでは、と想像します。ただ、英語ができるようになる才能を誰しもが持っているわけではないはずで、やはりそれは本人が英語についてどういう感覚を持っているか、そしてそれを取り巻く教育的環境がその子をどう導いていくのか、ということになるのかと思います。その子のアルゴリズムを調べることと、その子を知ることは同一のようでもあり、それはその子の発達を知ることから始まる僕らの保育がずっとやってきたことであるように思えてきます。
    科学で証明できない頃からそれが行われ続けてきた、ということにはやはり意味があるように思えてきます。

  7. 科学的根拠とはどういうことかを教えてもらいました。確かに、世の中には科学的根拠もないのに何となく正しいものがたくさんあるように思います。もちろん、科学が全てではないと思います。効果が分かっていなくても大切なものはたくさんありますし、それを自分の体で感じるということは大切だと思います。しかし、藤森先生もよく言われますが、公教育などは特にイメージで正しいというものに左右されてはいけませんね。それが行き過ぎると教育勅語を…ということにもなりかねませんね。また「森口氏は、現時点での最新の成果を紹介していますが、5年後や10年後には異なった結果が出ている可能性はあると言います」とありました。このことはしっかり理解しておきたいですね。科学は常にアップグレードされるということ。常に最新の研究、新しい知見を知り、正しく子どもを捉えるということが大切ですね。

  8. 研究者が実行機能について森口氏は注目していると言われていますが、実際にはどれくらい注目しているのか単純に知りたいと思いました。というのは、そこまで注目しているならば、研究者の視点から実行機能の重要性と世間一般に打ち出し、それに対する具体的な方法を打ち出して欲しいと思いますが、ただ現場を持たないとなると難しいのでしょうね。そう考えると我々の役割が明確になるかと思いました。藤森先生のブログや講演を通して、現場での実践、考え方をもっと学び、実践していくことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です