管理的の良し悪し

森口氏らの研究では、体罰などを除いた管理的な子育てが子どもの思考の実行機能に影響を与えるかどうかを検討したそうです。たとえば、親が、子どもを自分の言いつけ通りに従わせているかや、歯磨きなどを子どもがやるまで何度でも言い聞かせるか、などを尋ねたそうです。その結果、親が管理的であると、子どもの思考の実行機能が育まれることが示されたそうなのです。やはり、親の統制は重要だと森口氏は言います。それでは、具体的に、どのような管理的な子育てが子どもの実行機能に影響を与えるのでしょうか。森口氏は、家庭のルールという点に注目して考察しています。

どの家庭にも、その家庭ならではのルールがあるでしょう。たとえば、家に帰ってきたら手を洗う、晩御飯のときにはテレビをつけない、などのルールです。どのようなルールであれ、家族の全員が、そのルールをしっかりと守るということが肝心です。たとえば、母親は家に帰ってきたら自分も手を洗うし、子どもにも手を洗うように言うけれど、父親は手を洗わないし、子どもにも手を洗うように言わないなどのケースは好ましくないと森口氏は言います。さらに彼は、他にも、子どもと大人で違うルールがあるということも望ましくないと言います。子どもには9時以降おやつを食べてはいけないと言うのに、親は9時以降に晩酌をする状況は子どもにとって不可解であるとも言うのです。家族が皆ルールをしっかり守る様子を見ることで、子どもにもルールを守る意識が形成されるというのです。それによって、ルールに応じた行動を選択し、不適切な行動をとらないようになるというのです。

また、ルールがしっかりとあるということで、子どもにとって次に何が起きるかという見通しを立てることができると言います。家庭における安心感にもつながってきます。一方で、ルールがない家庭では、子どもは次に何が起こるかわからず、不安なまま生活することになります。こうした不安がストレスにつながってしまうというのです。

家庭のルールに関連して、二つの生活習慣の影響について森口氏は紹介しています。それは、睡眠とメディア視聴の影響です。睡眠のルールは、家庭によってまちまちです。夜遅くまでテレビを見続けて、なかなか子どもが寝ない家庭もあれば、9時になったら寝る、などのように明確なルールを設けている家庭もあります。眠ることは、私たちの脳にとって大事なことです。睡眠中には私たちの脳では、起きている間に損傷があった箇所などを修復したり、起きている間に覚えたことを記憶に定着させたりすることが報告されています。

また、眠る前に難しい問題に取り組むと、起きた後にその問題に対する解決策を思いつくなど、記憶や学習に非常に重要であることも示されています。実行機能に関して言うと、実行機能の脳内機構である前頭前野は、睡眠中に活動が著しく低下することが知られています。睡眠不足によって前頭前野を休ませることができないと、起きている際の活動に影響が出るそうです。睡眠不足は、学業不振につながりますし、それ以外にも精神疾患、情緒不安定、肥満などにも結びつく可能性があると言われています。このことは特に子どもにおいて顕著です。

幼児期には、2~3割の子どもが睡眠に関する何らかの問題を抱えているという統計もあるそうです。なかなか寝付けなかったり、寝ている間に歩いたりしてしまうのです。

管理的の良し悪し” への7件のコメント

  1. 管理的子育てはあまりしたくないなと思います。ところが「親が管理的であると、子どもの思考の実行機能が育まれることが示された」とあります。ほぉ!へぇ!と驚きます。しかし、くれぐれも体罰厳禁。体罰は実行機能を損傷させる。「家庭のルール」は確かに大切ですね。例えば、玄関で靴を脱ぎっぱなしにしないとか。子どもにあれこれ注意することもありますが、基本は大人の私たちが忍耐強くお手本を示し続けることですね。ルールを守れているかどうかは、子どもが家庭以外の場に行った時にわかるようです。園にやってくる子たちの振る舞いを見ていると、どのような家庭で育っているか想像がつくようになりました。その想像が当たっているかどうかはわかりませんが、ほぼ正解に近いだろうなと思えるのはその子の親の態度を見てからです。さまざまな家庭があってそれぞれの価値観の下に生活を営んでいるのでしょうから、その価値観を云々することは困難です。ルールがないのも問題ですが、ルールがあり過ぎるとこれまたストレス過剰になるような気がします。やはりほどほどに、ですね。

  2. 管理的子育ての難しさを感じます。そのような中でも「家庭のルール」という表現があったように、1つの区切られた場所に存在する人々が、統制を行いながらあるルールを守ろうとする環境にすることでも、子どもの実行機能が育まれるというのは面白いですね。管理的子育ては支援的子育ての真対極であるのかなと思っていましたが、家庭のルールを構成してそれが統制されるよう支援するのも必要であるということでしょう。そして、ここ数十年の間でも、子どもの夜寝る時間が遅くなっている印象があります。働き方が多様化されただけでなく、親の実行機能の低下が関連しているのでしょうか。何時にはベッドに入るという家庭ルールを作ったとしても、親が起きて晩酌を楽しんでいる姿をみたら子どもは納得できないでしょうが、それが大人の楽しみの1つになっているということも考えられますね。

  3. 「ルール」というものが何のためにあるのか、ということが問われているように感じました。誰かを縛りつけたり、統制したり、管理したりするためにあるのではない、ということは今回の内容から明らかであることを感じます。やはり、安心感や楽しむために「ルール」というのが存在しているのではないか、と思った今回の内容でした。であるならば、大人も子どもも楽しめるようにするためにはどうするべきなのか、ということを考えて、管理なり、自分たち大人を改めるなりしていくことが望ましいのではないか、ということを感じました。と、自分に言い聞かせているような、今回のコメントになりました。

  4. 子供だからといって見くびってはいけないですね。大人でも言ってることとやってることが違う人は周囲の人から反感を買いますから子供にそれをやれば例え親子といえど信頼がなくなるのも当たり前のことなのでしょう。それを大人は、大人だから、などといった根拠もなければ理論的でもない言葉で押さえつけようとしますからそんな家庭で実行機能なんて育つわけはないんですね。子供を一人の人間として見ることが大人がまずするべき大切な第一歩なのでしょう。

  5. 管理的な保育というとどうしてもいいイメージはないのですが、読み進めていくうちに、過保護的な管理ではなく、「家族のルール」を守るといった家族や集団における「ルールを守る」といった部分に言えるのですね。読み進めていくうちに、これは保育でもよく言われることですね。よく思うのは、「大人は意外と理不尽なことを子どもに要求している」ということであり、藤森先生も選択性の説明の時に「大人で言い換えると・・」と言った話が講演の中でも出てきます。そして、それを守っている大人を見せることも必要なことですね。子どもは大人の姿を見て育っているのでしょうし、大きくなればなるほど、身近なモデルになってくるのだろうと思います。どこにでもある家庭ルール、それは子どもに実行機能を持たせる初めのルールなのだろうと思いました。だからこそ、子どもに対しても「子ども」として見るのではなく、ひとりの「人格」として見る必要もあるのでしょうね。

  6. 母親の言っていることとやっていること、そしてそれについて父親も同じようにやっている家庭の夫婦は仲良しであるように思いました。子育てについて無知でも、夫婦仲良く手を取っていければきっと子どもは育っていけるように、方法論を超えた何かが仲の良さの中にあるような気もしてきます。そうあれない、また、そういう状況にない、また、そうありたい人たちにとって具体的な方法があることはとても有益なことだと思います。でも本当は、夫婦が仲良く、そして自分の子どもにとって大切で必要なことを一緒になって調べたり考えたりしていけたら、きっとそんなに難しいことではないのではないかとも思えてきます。

  7. 「ルールがしっかりとあるということで、子どもにとって次に何が起きるかという見通しを立てることができると言います」とあり、ルールが子どもたちの見通しを立てることに役立っていると知ることができました。人が不安に陥る時というのは先が見えなかったり、見通しが立てれない時などですね。寂しくて、泣いている子に、ある子が「お母さんは、お昼寝が終わったら来てくれるよ」と伝えることで、泣いている子が落ち着いたという姿がありました。先を示してもらったことで、人は落ち着くことができるということを子どもから教わりました。ルールというものをそのような視点で考えたことがなかったので新鮮でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です