睡眠時間の長さ

テルアビブ大学のサダー博士らは、小学校高学年の子どもを、ランダムに早寝群と夜更かし群に分けて、その前後に思考の実行機能のテストをしたそうです。その結果、早寝群は成績が向上するのに対して、夜更かし群は成績が低下することが報告されています。

小学生の研究に比べると数は少ないのですが、乳幼児期の睡眠もやはり実行機能に重要な影響を与えることが示されているそうです。カールソン博士らは、1歳時点における乳児の睡眠の質を測定し、その後の実行機能への影響を検討したそうです。この研究では、1歳時点における夜の睡眠時間が長ければ長いほど、その子どもが2歳になったときの思考の実行機能の成績が高いことを示しているそうです。

面白いのは、昼寝を含めた子どもの一日の睡眠時間の長さは実行機能と関係しないという点だそうです。森口氏は、この結果から、夜に子どもが寝ることが重要だということではないかと考えています。ちなみに、しかし、森口氏自身は、このような偉そうなことを言っていても、仕事から帰って子どもと風呂に人ったり、食事やその片づけをしたりしていると、あっという間に9時を回ってしまって、早い時間に子どもを寝かせるのはなかなか難しいものだと振り返っています。

また、家庭のルールという意味では、睡眠同様に家庭による違いが大きいのがテレビなどのメディアの視聴時間ではないかと言います。テレビやインターネットの動画を見せると、子どもが静かにしてくれることから、ときにはメディアに頼らざるを得ないことはあります。テレビなどのメディア視聴が子どもの発達にどのような影響を及ぼすのかというのは、一般的に関心が高い問題です。わが国では、2004年に日本小児科学会が、2歳以下の子どものテレビやビデオの長時間視聴は避けるべきだと提言を出しています。長時間のテレビ視聴で言葉の発達が遅れるという研究知見を受けてのことです。

実際には、テレビ視聴が子どもの発達に良い影響を及ぼすか、悪い影響を及ぼすかは、結果が混在しているそうです。子どもに教育番組を視聴させることでむしろ言葉の発達が促進されるという結果もあるそうです。一概に悪いとは言い切れないようです。問題は、何を、どの程度見せるかという点になるのではないかと森口氏は言います。

実行機能については、テレビ視聴はどのような影響があるでしょうか。実行機能の発達に影響を及ぼすのは、大きく二つあると彼は言います。一つは、誰も見ていないにもかかわらす、ダラダラとテレビがついている状態です。ジョージタウン大学のバー博士らは、家庭における乳児期のテレビ視聴と思考の実行機能の関係を調べたそうです。その結果、1歳の時点において、大人向けの番組が長時間ついていればいるほど、4歳時点における思考の実行機能の成績が低いことが示されているそうです。

なぜダラダラとテレビがついているのが悪いかというと、子どもが絵をかいたり、遊んだりする場合に、少し気になるシーンや音楽が流れると、子どもは今やっている活動を止めて、テレビに注意を奪われてしまうからです。この場合、子どもの意志ではなく、テレビの映像や音声によって活動を切り替えられています。思考の実行機能は、子どもが自分で主体的に頭を切り替える能力なので、実行機能は育まれないのです。

睡眠時間の長さ” への7件のコメント

  1. 昼よりも夜の睡眠の質が成績にも関連してくるとわかれば、大人はなんとかして早寝をさせようとするでしょうね。仕事から帰ってきたら、子どもとの時間は貴重で楽しいものになるでしょう。そこで、いかに大人の実行機能を発揮できるかにかかってくるというわけですね。また、メディア視聴問題は様々な情報があるということは、まだ解明されていないということでもあり、家庭によって見せ方やメディアの種類、そして誰とその時間を共有しているかによっても変わってくる印象があります。理由もなく、BGMのようにTVをつけっぱなしにして集中力を奪ってしまう危険性はとても勉強になりました。

  2. 実行機能と睡眠、メディア視聴。確かに大いに関係がありそうです。「寝る子は育つ」などと言われますが、これは夜早寝の子が育つ、ということが正確な言い回しかもしれません。「1歳時点における夜の睡眠時間が長ければ長いほど、その子どもが2歳になったときの思考の実行機能の成績が高いことを示している」とありますが、このことでしょう。テレビやインターネットの影響、これは大きいような気がします。このことに関してもいろいろな研究があるでしょうから、そうした研究成果を待ちたいと思います。ホモサピエンスの長い歴史からすると、テレビ視聴の歴史など100年にもならないでしょう。ましてやインターネットによるビデオ等の視聴に至ってはここ数十年。果たしてこれら20世紀の産物の成果は今後どのような影響を、未来を形成する子どもたちにもたらすことか。テレビ映像をダラダラ流していることの弊害はブログで紹介された通りです。と同じように子どもが何かに集中没頭しているそのそばで親が口論等をしていてはいけませんね。この場合は親にこそ実行機能の発揮が必要でしょう。もしかすると、実行機能が育っていない結果の口論等かも。

  3. 夜の睡眠が大切だということは分かっていることですが、早く寝かそうとすると書かれてありますが、なかなか難しいものがあります。9時なんてほんとにあっという間になってしまいます。しかも、今回の最後の文章にあるように、自分から主体的に寝ることに意味があるのだとしたら、さらに難しいものになるのではないかと思います。そこで、物事の「最初」というのはとても大切なものであるように感じました。はじめに早寝の習慣がついていると、自分たちから寝ようとしてくれるのではないかと思いますが、はじめにそのような習慣をつけてあげること、これも家庭のルールになるのでしょう。
    それと、TVのつけっぱなしは我が家はしてしまっています。気づいてこっちから「TV消すよ」と声をかけると「いや」と言います。これもはじめが肝心だったのでしょうか。

  4. 睡眠時間やテレビの視聴については、問題に上がることが多いですね。「睡眠時間を長くしたいが仕事から帰って子どもの世話をしているとあっという間に時間になってしまう」、「テレビやインターネットに頼りたくなくても、どうしても頼ってしまう」など、今の大人のライフスタイルやワーキングスタイルを加味すると分かっていてもなかなか難しい問題だろうなと思ってしまいます。社会について嘆いてもキリがないので、何とかうまく付き合っていくしかないのですが、こういった研究の内容を知ると改めてその重要性を気付かされます。また、テレビがついていることで、「少し気になるシーンや音楽が流れると、子どもは今やっている活動をやめてテレビに注意を奪われてしまう」とありました。保育でも、絵本を読み始めると好きな絵本だと、遊びを切り上げて、見に来る子どもたちがいます。きっと、こういったことが子どもの頭の中で起きているだろうことが分かります。このことは保育に置き換えると、「ただ集まるように言う」のではなく、こういった切り替えを保育の中で転換すると注意する機会は減っていくのだろうと思います。そして、自然と保育者はこういったテクニックを使っているのだろうということが分かります。マイナス部分だけではなく、プラス部分で捉えると保育の中でも必要なことなのだと思います。また、教育番組を見ると言葉が発達するが、ただテレビを見ているだけでは言葉の発達は遅れるということも今回語られていました。つまり、自分の興味関心によって、その事柄に興味があることや発達にあったものであれば発達の伸びが見えるということなのでしょうか。うまく、メディアやライフスタイルとの付き合いができるように考えていきたいものです。

  5. 私は大学時代から自宅にはテレビがないのですがそれでも特に問題なく生活してきました。その事を周囲の人たちに言うと大抵驚かれるほど今やテレビがある生活が当たり前になっているようですが、果たして本当にテレビは必要なのだろうかとも思います。年末年始などで実家に帰省すると普段見ていないからかついついテレビの前に居座ってしまい、時間を無駄にしてしまったと後悔するのですがそれであれば自分で見る動画を選びそれ以外は流れないYouTubeなどの動画サイトの方がよほど実行機能を育てるのかなと思います。

  6. 日中子どもと沢山遊んだ日の夜は比較的早く寝てくれます。1日の疲労感と満足感がそうさせるのかわかりませんが、そのような自然なリズムが子どもにとって健康であることは間違いないようです。
    いつからか夜更かしを覚え、朝型、夜型と、それがいずれ就く仕事にも関係していきそうです。日が沈み、また日がのぼり、そんな地球のリズムに合わせることが人間の本来の生活リズムであるような気がすると同時に、夜に精力的に動くことが得意な人を羨ましく思ったりもして、子どもの頃の生活と関係があったりするものなのか、興味が湧きました。

  7. 睡眠がいかに大切であるかということが分かりました。また、「面白いのは、昼寝を含めた子どもの一日の睡眠時間の長さは実行機能と関係しないという点だそうです」とありました。我が子をみていると夜に早く寝るためにはいかに朝起きる時間が影響しているような気がします。そう思うと、昼寝って何なのだろうかとも思ってしまいます。家庭においても何となく親の都合はあるように思います笑。テレビ、メディアの視聴はとても悩ましい部分です。私も今まさに悩んでいる部分でもあります。しかし、ブログの内容を読むと、影響のある見せ方に問題があるのかなと思いました。「少し気になるシーンや音楽が流れると、子どもは今やっている活動を止めて、テレビに注意を奪われてしまうからです」この辺りは気をつけたいです。完全に悪いとするのではなく、上手に付き合う方法を教えてもらいました。このあたりも藤森先生の姿勢とつながりますが、本質を捉えていくことが大切ですね。イメージで決めつけないことの重要性を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です