文化の関連

中国とアメリカの幼児の思考の実行機能を比較した研究では、中国の子どもは、アメリ力の子どもよりも思考の実行機能が高いことが示されているそうです。また、韓国の幼児と、イギリスの幼児を比較した研究でも、韓国の子どもの成績が良いという結果が報告されているそうです。そうすると、日本の幼児も欧米の幼児よりも実行機能が高いような気がしてくるということで、森口氏は、日本の子どもとカナダの子どもの思考の実行機能の発達に違いがあるかどうかを調べたそうです。その結果、この研究では、思考の実行機能において日本とカナダの違いは見られなかったそうです。

森口氏以外の研究者らも、概ね日本の子どもと欧米の子どもの間には大きな違いが見られないことを示しているそうです。つまり、子どもの将来にとって重要な実行機能は、日本人が特段優れているという証拠はほとんどないということになると森口氏は言います。我々はこのことを認識し、実行機能をしっかりと育む必要がありそうだと彼はいいます。

文化の関連で言うと、バイリンガルの子どもは思考の実行機能が高いことが示されているそうです。たとえば、ルール切り替えテストでは、幼児はあるルールと別のルールを切り替える必要がありました。ヨーク大学のビャリストク博士は、この課題を英語と中国語のバイリンガル児と、英語のモノリンガル児に与え、その成績を比較したそうです。その結果、子どもの言語年齢は、一つの言語しか学んでいないので、二つの言語を学ぶよりも、言葉の習得が早いためモノリンガル児のほうが高いのにもかかわらず、ルールを切り替える能力は、バイリンガル児のほうが高いことが示されたそうです。

森口氏らも、日本語とフランス語のバイリンガル児と、日本人のモノリンガル児を比較したところ、やはりバイリンガル児のほうがルール切り替えテストの成績が良いという結果か得られているそうです。

なぜバイリンガル児のほうがうまくルールを切り替えることができるのでしょうか。バイリンガル児は、二つの言語のうち一つの言語に焦点をあて、もう一つの言語を無視するという経験と、言語を柔軟に切り替えるという経験によって、頭の切り替えが得意になるようだと森口氏は考えています。たとえば、父親が英語話者で、母親が日本語話者の場合、子どもは父親と話す場合は英語、母親と話す場合は日本語を用いなければなりません。父親と母親と子どもの3人で会話をする場合、その都度子どもは言葉を切り替える必要があります。そのような経験から、子どもには思考の実行機能が育まれるのだと考えられているそうです。

ただし、最近の大規模研究で、バイリンガルの効果は非常に小さい可能性も報告されているそうです。バイリンガルの家庭は、そうでない家庭よりも、裕福であることが多く、前述のように裕福な家庭の子どもは実行機能の成績が良いことから、家庭の社会経済的地位を統計的に考慮すると、バイリンガルの効果が小さくなってしまうというのです。つまり、バイリンガルかどうかよりも、家庭が裕福であるかどうかのほうが実行機能に与える影響が大きいようだと森口氏は言います。このように、自分をコントロールする力、すなわち、実行機能の発達に影響を与える遺伝的・環境的要因について見てきました。

文化の関連” への7件のコメント

  1. バイリンガルであると、確かに言語をスイッチするときには、自然と自発的な「切り替え」が行われますね。そう考えると、実行機能は育まれやすいということは理解できますが、決してバイリンガルのみが実行機能に影響を及ぼすのではなく、裕福であること、つまり根本的な経済的豊かさが実行機能にはより影響するという研究もあるということで、親の経済力というのはやはり子どもに影響を与えると示していることがはっきりしました。

  2. 日本の乳幼児は時に所かまわず泣きわめいて自分の欲求を通そうとします。特に買って欲しいものがあるデパートでそうした光景に時々お目にかかります。通行人の私はやれやれ、と思います。子どもの欲しいものを買ってあげればいいのに、と思います。おっと、私の親ばかの一面を出してしまいました。私自身の実行機能が問われます。まぁ、西洋人の子どもたちと比較してさほど違いがなかったのは良かったなと思います。さて、バイリンガルの子の実行機能の件。言語をその都度切り替えるわけですから思考の実行機能が高そうです。非英語圏欧州の人々にはバイリンガル、トリリンガルなど複数言語を普通に扱う人たちがいます。私はそういう人たちを何人か知っています。ところで実行機能の高さということについて言えば、やはり「家庭の社会経済的地位」が大きくものを言ってくるような気がします。もっとも私が知っている複数言語を自在に操る人々の社会経済的地位の高さは言うまでもありません。そういう人たちと付き合っていると私の方の実行機能が高くなりそうな気がします。

  3. バイリンガルの方が実行機能が高いというデータがあるのですね。英語を習わせていたりする人をあまり良く思っていませんでしたが、そうではないのですね。自分に置き換えると、なかなか息子たちにバイリンガルになれ、というのは難しいかもしれないです。自分が一番頭良くないから、子どもにそんな風に言えないです。ですが、確かに二つの語を用いて話したり聞いたりすると必然的に自らの「切り替え」が必要になりますね。この「切り替え」に重きを置いて子どもたちと関わっていくと、面白くなりそうな気がしました。

  4. 思考の実行機能について、日本と海外とでは言語の使い分けによっても養い方が違ってくるのですね。確かに、言語の切り換えは思考の切り換えをしなければいけないだろうことは予想がつきます。そのため、実行機能においても違いがあったとしてもなるほどと納得します。日本が1言語しか使っていないことは、こういった部分においても、違いが見られるというのは考えさせられます。また、こういった実行機能の成績は家庭の社会経済的地位を考慮する必要があるということも、また一つ大きな問題になってきますね。今の時代、経済格差がますます広がっているという社会において、この問題は持続的な社会を構築していくにあたり大きな問題になってくるのかもしれません。ただ、家庭の社会経済的地位における教育の差というのは本来、教育現場において差を埋めていかなければいけないところ、今の時代、勉強は学校に行くことよりもいい塾に行くことなど、どこかその存在意義が違った方向に向かっているようにも思います。臥龍塾ブログを読んでいるとそんな根底として、教育とは何のためにあるのかと考えさせられることが多くあります。

  5. 自演にいたバイリンガルの子を思い出しますが、2歳児クラスの時から、頭の中で言葉を変換しているような、少し斜め上を見て言葉を探しているような素振りをよく見ました。生活リズムもとてもゆったりとしていて他の子とは違う何かを感じさせていましたが、それは実行機能の育みがそうさせていたのかと今更ながら納得してしまいます。その子がそうたらしめたのはその子ならではの環境で育っているからこそ、と割り切らず、そういう環境を園でも、と考えていくことも大切なことのようです。

  6. 「子どもの将来にとって重要な実行機能は、日本人が特段優れているという証拠はほとんどないということになる」何とそうでしたが。何だか勝手に日本人は、なんて思ってしまっていましたがいけませんね。「我々はこのことを認識し、実行機能をしっかりと育む必要がありそうだと彼はいいます」とありましたが、まさにそのような考えで、しっかりとこの実行機能が育まれるような環境を作っていかなければいけませんね。バイリンガルの子ども、確かに、切り替えは得意そうです。頭の中では日本語で、口に出すのは英語なんていうことをなかなかの速さで行っているのでしょうね。しかし、「バイリンガルかどうかよりも、家庭が裕福であるかどうかのほうが実行機能に与える影響が大きいようだ」という可能性が示されているのですね。親の余裕のようなものが子どもに与える影響の強さを感じます。

  7. 日本人が特別、実行機能が高いという証拠がないのですね。だからこそ実行機能が発達するような教育を展開しなければいけないと改めて思いました。そしてバイリンガルの子どもは実行機能が高いというのもイメージでそう思う部分はありましたが、最近の研究では効果が小さいと報告されていることから、やはり環境が一番影響するのですね。ただ経済力が大きな影響を与えてしまうということですが、これも個人的な思い込みで、貧困層の方が多く我慢するなど、忍耐力が必要な場面を多く経験するため実行機能が発達しやすいような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です