実行機能を育てる

最後に、子育てについて、これらの研究からどういうことが言えるのかを森口氏はまとめています。

これらの研究から、実行機能に悪影響を与えるものは非常にはっきりとした結果が出ていると言います。つまり、「これをしたら子どもの実行機能に良くない」ということは明確に言えると言います。それは、ネグレクトなどの虐待であり、体罰であり、親の精神不安定であり、テレビやスマートフォンの長時間視聴であり、睡眠不足です。特に一番の悪影響は、虐待や体罰などによって、子どもとの関係性が築けず、子どもに安心した環境を与えないことです。虐待がひどければひどいほど、体罰をすればするほど、子どもの実行機能の発達は悪影響を受けてしまいます。

一方で、実行機能の発達に良い影響を与えるものについては、それほど明確なことは言えないと言います。現在のところ言えるのは、支援的な子育てが良い、一部の管理的な子育ても大事であるというくらいだと言います。なぜ彼が、このようなことを言うのかというと、現在、世の中には「天才を育てる育児法」「脳科学に基づく子育て」などの子育て本や情報が溢れています。育児の専門家を称する人、脳科学者、天才を育てたと自任する親などがそのような本を書いたり、SNSやブログなどで発信したりします。ところが、それらに目を通してみると、ほとんどが科学的な根拠がないか、あっても浅薄なものばかりだと森口氏は言うのです。なぜこんなに自信満々に根拠がないことを言えるのだろうと彼は、不思議に思えるくらいだというのです。そして、そのような方々は「子どものために〇〇するべきだ」と強い言葉で言います。

森口氏は、親が、これらの言葉に振り回されることを懸念しています。ただでさえ子育ては忙しいのに、親は子どものためになるのであればと、「〇〇するべきだ」を実践しようとします。これが親を疲弊させ、健康を蝕みます。親の精神衛生は子どもの発達に大きな影響力を持つので、結果として、子どもにも不利益になってしまうというのです。

科学的な視点から言えることは、

①         虐待や体罰など、子どもに悪影響になるようなことは絶対に避ける

②         子どものことをしつかりと見つめ、子どもとの関係性を大事にし、安全で安心した生活ができるよう環境を整備する

③         子どもの力を信じ、親が先回りせず、後ろから支える

④         しっかりとした生活習慣を築かせる

だと言うのです。

最後に、森口氏は実行機能の育て方についてまとめると以下のように整理しています。

・実行機能の発達には、遺伝的要因と環境的要因の両方が関係するが、子どものときは環境的要因がより重要

・胎内環境は重要で、早産は実行機能の発達のリスク要因

・支援的な子育ては良い影響が、極端な管理は悪い影響がある

・親の振る舞い、夫婦仲などの家庭の雰囲気も重要

・睡眠やメディア視聴の方法、生活習慣も影響がある

実行機能を育てる” への8件のコメント

  1. 感情をコントロールする、あるいは自分の癖や習慣を抑制する、あるいは立ち直る力を獲得することを保障する実行機能は、子どもにとっても大人にとっても人間関係を円滑に維持するために必要な、しかも重要な機能だとわかりました。そして、この実行機能が高い人々の集まりが良い集団とされるのだろうと気づきました。「子どものために〇〇するべきだ」論は子育て世帯ターゲットの情報媒体から頻繁に発出されています。私自身はわが子を育てるにあたって、べき論に触れてもあまり深刻に受け止めずに来ました。そのことが良かったのかどうだったのかは、わが子が自分の生きざまにおいて示してくれると思っています。「虐待や体罰など絶対に避ける」「子どもとの関係性を大事にし、安全で安心した生活ができるよう環境を整備する」「子どもの力を信じ、親が先回りせず、後ろから支える」そして「しっかりとした生活習慣を築かせる」これら森口氏提案の実行機能育成のためのポイントは子育て世帯に今後とも伝え行く必要を感じました。それでも、「しつけ」と称した各家庭の子育ての方法とは真剣に向き合っていかなければならないと思っています。

  2. これまで、習い事や習慣、育児環境や言葉がけなど、社会の内にある多くの子育て論を耳にしてきましたが、科学的根拠が存在する視点は4つであるということには驚きました。これら4つの視点を見てみると、そこまで高度な技術とか知識といったものは必要ではない印象があります。子どもへの大人気ない行動を慎み、子どもの気持ちに寄り添って愛情を注ぎ、子どもの可能性をサポートしながら良い生活習慣を築いていくことが、育児の役割であるという気持ちになりました。ここでも、親はこうするべきというスタンスよりも、家庭の雰囲気が険悪であるとか、睡眠やメディア視聴に配慮するなど、しないほうがよいことを明確にされた方がわかりやすく、自分の育児を振り返るきっかけにもなるのだろうなぁと思いました。

  3. 実行機能を育てていく上での科学的に証明されていることが四つ書かれてありました。読むと、当たり前のことを当たり前にしていく、ということが大切なことであるように感じました。それと同時に当たり前なことを当たり前にしていくことが一番難しいことではないのか、ということも感じます。自分は親としてこうしている、これをしてあげている、こうあるべきだ、ということではない育児や子どもと接する気持ちがあることが実行機能を育み、同時に安定した良い生活にもつながることを思います。

  4. 「子どものために〇〇するべきだ」という論調はよくありますね。こういったことは今に始まったことではないのですが、人はかくもマニュアルを求めたがるのだなと思いました。自分自身も、こういった「べき論」があるとそこに当てはめて見てしまうことがあります。しかし、そういったフィルターを持ってみてしまうと結果として本質からズレてしまうことがほとんどです。結果として、そのものを見る物差しではなく、借り物の物差しでみてしまうのことは危険なことです。こういった風潮が他と人とを比べる風潮が不寛容社会と言われる今を助長してしまうのでしょうね。ある一定のルールや原理は必要でも、捉え方や見方にある程度の遊びがなければいけないのだと思います。そして、本質を見て、今の目の前を見つめる察知能力が力が必要です。それは子育てだけではなく、他のことにおいても同じことが言えます。

  5. 今まで子供を数百人と見てきた保育歴が10年を越えるベテランの保育士さんですら保育を今も学んでいる途中で、難しく感じているのに普段パソコンとにらめっこしている学者や数人の子供を育てただけの親が子供を育てるということを語るのは不思議ですね。ただその学者や親の言うことを熱狂的に信じるひとがいるのも事実でそれが怖いところであると感じています。無知の知とはいい言葉で、常に心に止めなければと感じます。

  6. 具体的な定義を目の当たりにして、ある意味ではずっと言われてきたことのような気もしなくもなく、それがかえって新鮮に感じられます。改めて子育てについて考えさせられますし、保育について考えさせられます。まるで天才を作り上げるかのような教育方法があるかのように漫画の世界では描かれたりしますが、子育ても保育も、子どもが自身で育っていく為の環境そのものなのだと改めて思えてきます。育っていく子どもに環境を通して保育をしていく、何十年も前から言われているこのことを僕らは実践し続けていくということだと思います。

  7. 「親が、これらの言葉に振り回されることを懸念しています」とありました。本当にそうだと思います。「〇〇するべきだ」というような、親はこうあるべきだ、子どもへはこうするべきだというメッセージが、現実と理想の差を感じさせ、親を苦しめているというのはとても分かります。私も保育を知らなければ、きっと今よりもずっとこの「べき論」に振り回されていたように思います。森口氏の実行機能を育むための科学的な視点からは、見守る保育の三省にも通じる「子どもを丸ごと信じたか」という言葉を思い出します。子どもは自分で成長しようとする力を持っています。それを信じながら、大人はそれを支えていくというまさに見守るスタンスが重要であるということを感じました。

  8. 子育てというのは本当に忙しく、仕事と両立がほとんどの家庭が課題ではないでしょうか?「子どもために〇〇すべきだ」という言葉は子育てを初めてする夫婦にとっては、どんな言葉でもありがたく聞こえてしまう危険性があると思います。私自身、保育の世界、見守る保育を知らなかったら「すべき」論に振り回されていたでしょう。森口氏が提案している科学的視点からの言葉は大切ですね。またこれを全部やらないといけない!と思うと、それも子育ての負担になってしまうので、1つ1つ確実にこなしていくことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です