テレビと実行機能

なぜダラダラとテレビがついているのが悪いかというと、子どもが絵をかいたり、遊んだりする場合に、少し気になるシーンや音楽が流れると、子どもは今やっている活動を止めて、テレビに注意を奪われてしまうからです。この場合、子どもの意志ではなく、テレビの映像や音声によって活動を切り替えられています。テレビ視聴について、もう一つの悪い影響は、テレビの内容の影響だと森口氏は言います。暴力シーンは全般的に子どもの発達に悪影響があるので、子どもに見せることは避けなければなりませんが、現在議論になっているのが、ファンタジーだそうです。「トイ・ストーリー」などのアニノから、「ハリー・ポッター」などの実写版に至るまで、子どもはファンタジー作品が大好きです。

ヴァージニア大学のリラード博士らは、このようなファンタジー作品を見せた直後に思考の実行機能を測定すると、子どもの思考の実行機能の成績が低下することを示していたそうです。

また、テレビ以上に気になるのが、スマートフォンやタブレット端末などのデジタルメディアです。幼児でもYouTubeのコンテンツを好みます。テレビは受け身で視聴するだけですが、デジタルメディアにはタップするなどの双方向性があります。面白いことに、同じようなファンタジーコンテンツでも、双方向性があると、その後の実行機能の成績は低下しなかったそうです。テレビは受け身になってしまうので主体的に目標を達成する実行機能が低下しますが、デジタルメディアには主体的にかかわることができるので、実行機能は低下しないようです。

これらの結果を見ると、デジタルメディアにも利点があるようだと森口氏は言います。デジタルメディアを視聴しすぎると、視力や睡眠に悪影響がありますし、親子の交流が減ってしまうため、ネガティブな側面があることは確かだと言います。しかし、森口氏は、現在はスマートフォンなどのデジタルメディアに関するネガティブな側面ばかりが強調されているような気がしていると言います。ラジオやテレビのときがそうだったように、新しい技術が登場すると旧世代は苦言を呈するものだというのです。ですが、スマートフォンや人工知能などによって育児の負担が軽減されたり、子どもの発達が促されたりすることは必ずあると彼は考えています。いかなる技術も使い方が重要なので、良い面も悪い面も考慮していきたいところだと言っています。

子どもが健康に発達するためには、親のほうも健康的である必要があると森口氏は言います。ところが、実際には、子育ては非常に楽しいものであると同時に、非常に重荷な測面もあります。肉体的にも、精神的にも、子育ての時期に健康を崩すことは決して珍しくはありません。そこで、次に彼は、特に、精神的な健康について触れています。

現代の日本では、ワンオペ育児という言葉があるくらい、子育てが非常に孤立しています。母親が一人で子育てをし、かつ、周りに頼れる親戚や知人がいないということもしばしば見られます。しかし、森口氏自身、子育てをして感じたそうですが、子どもの研究をしている彼でも、子どもの病気については詳しくないため、子どもの調子が悪そうで、不安になることも少なくなかったそうです。病院に行くべきかと悩み、相談できる人も近くにいないので、ひとまず本やインターネットでこのような症状は何を意味するのか、と調べることもあったそうです。

テレビと実行機能” への7件のコメント

  1. 私もそろそろ「旧世代」に所属し始めておりますので「新しい技術が登場すると・・・苦言を呈する」グループに分けられそうですが、実際はそうでもないなと自己評価しています。むしろ新しい技術が出てくると、むしろどんなことが生じてくるのだろうと興味津々わくわくしてきます。「いかなる技術も使い方が重要なので、良い面も悪い面も考慮していきたいところ」だとはまさにその通りです。この世の中に存在してくるものには総じてポジティブ面とネガティブ面があると常々思っています。一方的に良かったり、一方的に悪かったりすることはないと考えております。まぁ、だからと言って、すべての判断を放棄するということではありません。右に向かうか、左に向かうか、自分が積み重ねてきた経験をもとに判断します。あとは「神のみぞ知る」です。やはり育児は親だけで行っていてはいけないと思います。なるだけ多くの方々との関わりによって行うべきだと思っています。保育施設こそはそのニーズに応えてくれるマストの社会資源なのです。

  2. ファンタジー作品視聴に伴って子どもの実行機能低下という情報には驚きました。過去に学んだのは、ごっこゾーンなどでの空想ごっこはレジリエンスを高めたり、問題解決力の基礎となりえるということです。癖や習慣を切り替える能力が、ファンタジーによって影響されるのかと思いましたが、それらはあくまで、自発的ではない状況下での影響ということであり、主体的にファンタジーを作りあげたり、自らメディアの情報を得ようとする行為や思考があれば、問題はないようですね。そして、「デジタルメディアにも利点がある」ということを肝に銘じなくてはいけませんね。マイナスな情報は見つかるのも浸透するのも早い印象があります。しかし、ちゃんと利点が存在しているということを踏まえ、どのような状況下でその利点が発揮されるのかを把握する必要があります。育児負担の軽減や子どもの発語の促しなど、いつどこでどのようにその利点を活用酢のかといった、こちら側の手腕が問われるというなのですね。

  3. ファンタジー作品は思考の実行機能を低下させてしまうというのには驚きましたが、主体的に関わるデジタルメディアはそんなことはない、というのにも驚きました。そして、ファンタジー作品にしても主体的に関わることで、例えば映画館に行く、DVDを借りに行くなどすることで違う効果が現れるのではないかと思いました。つけっぱなしで見ている状況があまり良くないということになるのではないかと感じます。乳幼児施設でも、テレビを見せているところがありますが、どのような見せ方をしているのでしょうかね。息子に聞いてみたいと思います。保育でも家庭でも、TVは実は使い方が難しいものであることを感じました。

  4. 最近の子供を見ていると二歳くらいでもしっかりと携帯を使いこなす姿が見られ、「あ、家で相当さわってるんだろうな」と思ってしまいますがこれからの技術の進歩を考えればそういった電子機器に早いうちから触れておくというのは存外悪いことではないのかもしれませんね。さらに言えばそういった機械は操作しなければ自分の得たいものを手にいれることはできないし、最近のaiの発達で関連付ける+αなものまで紹介してくれ興味の幅も広げてくれますしね。

  5. 一方的な情報であるとテレビでは思考の実行機能は低下し、デジタルメディアでは低下しないというのは意外でした。確かにダラダラと情報を流すことのできるテレビとはちがい、デジタルメディアは「選ぶ」という行動が伴います。ちょっとした行動のきっかけの違いだけで実行機能の成績が左右されるのですね。ただ、こういったことが見えてくることは今の時代、朗報なのだと思います。ワンオペ育児という言葉を私もここ最近知ったのですが、それだけ子育てが孤立している現在社会でデジタルメディアは頼れる技術です。たぶん、利用する親世代でも「良いことではない」ということを分かっていても使わざるを得ない状況や環境があるのではないかとも思います。であるのであれば、どうすればリスクを回避することができるのか見方を変える方法を模索する必要もあるのだろうと思います。ついそういった思考を忘れがちになるのですが、現状を嘆くだけではなく、その中のいい面を見つめて、ポジティブな意識に変えていくということは心がけていかなければいけませんね。

  6. ラジオやテレビの登場を例に出していただけたことは、現在子どもが好んでYouTubeを見ていることについて、それ程咎めない家庭を肯定していただけたような気がして、とてもほっとしました。親としても、体と心に悪い、まるで毒のようなものを与えている気はなく、かといって健全そのものかと問われればグラつき兼ね無いような信念でそれを子どもに提供していることもあるような気がして、時代によってそれ相応の懸念材料はあったということはとても有難い事実でした。家族の精神衛生を保つ為にも、有効に活用していくべきものと改めて感じます。

  7. 親としては少し安心するような内容でした。「メディアには主体的にかかわることができるので、実行機能は低下しないようです」このような視点があるのですね。確かに、うちの子もyoutubeを視聴しますが、自分が気に入ったものがあるようで、こちらからすると同じようなものに見えるのですが、「これじゃない」「かえて」と言ってきます。そして、「子どもの発達が促されたりすることは必ずあると彼は考えています。いかなる技術も使い方が重要なので、良い面も悪い面も考慮していきたいところだと言っています」とありますが、最近はyoutubeの中で子どもが遊んでいる姿を真似して自分でやってみることで遊びを広げてみたり、言葉を真似したり、反応を真似したりする姿も見られます。最近、何か気に入らないことがあると腰に手を当て「ぷんぷん」と怒るのですが、どこでそんなの覚えたんだろうと思っていたのですが、どうやらyoutubeでした。保育園に行けば、実際に子ども同士での関わりもたくさんしているので、たまにはいいかなと思う反面、どこまでいいのかなと悩んでいましたし、逆に、保育園に行っていない子はどうなんだろうとも思ってしまいます。共働き家庭の我が家ではメディアはとても助けになっているので、バランスを見て付き合っていきたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です