研究結果への疑問

科学的研究の前提として、同じ方法を使えば、同じ結果が得られなければならないというものがあります。ところが、心理学では、同じ方法を使っても、同じ結果が得られないことがあるそうです。森口氏は、一つ例を挙げています。発達心理学の有名な研究成果に、新生児模倣というものがあります。これは、生まれたばかりの赤ちゃんが、大人の表情を真似るというものです。たとえば、大人が口から舌を突き出せば、赤ちゃんも舌を突き出すのです。これは、今から40年ほど前に報告されました。

森口氏は、娘が生まれたときにこの実験をやってみたそうですが、確かに森口氏が舌を突き出すと、彼の娘も舌を突き出すように見えたそうです。そのため、本当に模倣するのだなと思っていたそうです。ところが、最近の大規模研究によると、生まれたばかりの赤ちゃんに同じような実験をやっても、赤ちゃんはほとんど新生児模倣をしないことが報告されているそうです。新生児模倣らしいことをすることはあっても、統計的には偶然の範囲内だったのです。

こういう話を聞くと、研究者が結果を捏造しているのではないかと思うかもしれません。しかし、少数ながらそういう研究者がいることは否定できませんが、技術的な問題や、他の重要な要因を考慮していなかった場合などがほとんどだと森口氏は言うのです。マシュマロテストについて言えば、ニューヨーク大学のワット博士らが、ミシェル博士らによるのと同じ年齢の子どもを対象にマシュマロテストを実施し、その子どもたちを青年期まで追跡して、ミシェル博士らと同じような結果が得られるかを調べたそうです。

この研究の特徴として、さまざまな要因を考虜したという点があります。青年や問題行動は、マシュマロテストの成績以外にも、家庭の経済状態、裕福か貧しいかや子どものときの知的レベルなど、さまざまな要因に影響を受けます。これらの要因を考慮しマシュマロテストが影響力を持つかを調べたのです。その結第、家庭の経済状態や子どものときの認知機能などを考慮すると、幼児期のマシュマロテストが青年期の学力や問題行動に与える影響は極めて小さいことが示されたそうです。

現在も議論は続いているそうですが、マシュマロテストの成績は、子どもの将来を予測するためにはあまり重要ではないようだと森口氏は言うのです。そうすると、実行機能は子どもの将来にとって重要ではない気がしてきます。しかし、マシュマロテスト自体はそれほど重要ではありませんが、実行機能はしっかりと子どもの将米を予測すると森口氏は言います。

森口氏は、そのような研究を二つ紹介しています。ニュージーランドのダニーデンという人口10万人強の小さな町で、現在、世界中から注目を集めている研究があるそうです。この研究は197=73年に生まれた、1000人以上の赤ちゃんを対象に、その子どもたちの人生を追跡しています。長期間子どもの発達を追跡することから、長期縦断研究と呼ばれています。

研究結果への疑問” への7件のコメント

  1. 去年、キャリアアップ研修を受けた際にも、講師から「マシュマロテストは、その後の追跡調査によって再現性の低い実験であったと報告された」とか「対象者の経済的な状況が結果を左右する」などと言っていたのを思いだしました。こんなにも短い期間で、実験の再現性を追跡されていくのが、現在の調査なのでしょうね。ますます新しい情報を鵜呑みにする危険性を感じると同時に、情報の確実性を選択する力量や、結果ではなくその実験から見える本質の部分をいかに読み取るか、また、その他の研究結果なども含めて総合的な見解を自分のなかで構築することの大切さを感じました。

  2. 私たち素人は学者の研究成果を鵜呑みにしてしまうところがあります。新生児模倣についても「赤ちゃんはほとんど新生児模倣をしないことが報告されているそうです。」とあれば、あぁそうなんだ、となります。但し、偶然であっても新生児模倣の事実があれば、新生児の中には模倣的行為を行うこともある、ということになるのでしょうか。人類に関する実験や統計データによる結果はどこまで真実なのだろうか、と思ってしまいます。人類に限らず事の真実というものはどうやら真実ではない場合があるようです。まぁ、何を信じていけばいいのだろう、ということになりかねません。ミシェル博士の「マシュマロテスト」によるその後への「影響力」もどうやら怪しい。「実行機能はしっかりと子どもの将米を予測する」ことはその通りだろうと私も思います。NZダニーデンでの「長期縦断研究」、これも何だか面白そうです。どんな研究成果が得られたのでしょうか?

  3. マシュマロテストが子どもの将来を予測するためには重要ではないけれど、実行機能はしっかりとその子の将来を予測するのですね。
    子どもの将来だけではなく、人がより良い未来を主体的に作り出すためには、協調性、自制心、感情コントロール等が必要で、周りの人とうまく関わっていかないといけません。年を重ねるにつれ、自分の置かれている立場や役割、家族構成が変化する中で、自分のためではなく、誰かのために考え動くことが多くなり、より実行機能の重要性を感じるとともに、実行機能を高めていかなくてはいけなと思っています。

  4. マシュマロテストが実行機能のものさしの1つだということにはならない、という議論がされているということなんですね。将来のために必要なものは変わらないということで、やらなければならないことは変わらないことを感じます。そして、マシュマロテストが本当に意味がないものなのかも疑問に思うべきなのではないかと思います。自分たちは研究者のいうことを鵜呑みにしてしまいますが、まずはじめに疑問を持つということと、疑問を投げかけられるようになることが必要なことではないかと思いました。また、さらに先の未来では「やっぱりマシュマロテストは実行機能を測るのに最適です」となっていることも考えられるのかもしれませんね。

  5. 研究の読み取り方というはなかなか難しいものですね。確かに考えてみると、「マシュマロテストの結果」には待てなくなる経緯や家庭環境などの要因は当然受けているでしょうし、その環境が改善したとしたら結果がどうなるかというと違った結果が生まれてくることもあるでしょうね。そういった反証も含めて、研究をしていなければいけなかったり、長期的な研究であるがゆえに、その立証もなかなか難しいことだと思います。あくまで「統計的なものである」というのもよく理解していなければいけないですね。とはいえ、そういった実験結果もあり、まったくの無関係ともいえないところはあるということを考えれば、より精査していくことで、本質的なものが浮かび上がってくるのではないかと思います。実験結果がなければ、疑問も出てきませんし、より深い研究にもつながりません。一つ一つの結果が磨かれ、より真実や本質に近づいていく過程はとてもワクワクします。ただ、現場を持つものとして、あまり研究を鵜呑みにし、振り回されないように、あくまで目の前の子どもに視点を向けるということを心掛けなければいけませんね。

  6. 人を相手にする仕事の難しさは研究といった分野でも現れるのですね。日々保育をしていると子供によって接し方を変えなければならないことを常々感じさせられるのですが、果たしてそれが子供にとって贔屓をしているとはかんじないだろうか、と考えてしまいます。大人が思っている以上に子供は大人のことをよく見ていると思うので、迂闊なことはできないとは思いつつも一人一人にあった対応をしているとやはり差が出てきてしまうことは否めません。

  7. 研究とは面白いものです。マシュマロテストのことで言えば、マシュマロを好きか嫌いかでテストの結果も違うということですから何とも面白いと思えてきます。何年かしたら今賑やかになっていることも、全く異なった見解が生まれていたりするのだと思うと、喉元過ぎれば熱さを忘れるというようなことのような気がしてきますし、だからこそ不変的なもの、真理を提示することはとても難しいことであることを改めて思います。それでもずっと変わらないものを追求する為に、先生は起源に辿り着くのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です