心の準備

第1段階では色ルールでカードを分け、第2段階では形ルールでカードを分けていたのですが、第3段階では、色、形、形、色、形のように、1回ずつ異なったルールを使わなければならないようにします。こうなってくると、5歳児でもお手上げです。柔軟にルールを切り替えることができなくなります。

つまり、5歳頃までにルールを切り替えること自体はできるようになります。アクセルやプレーキと同様に自動車でたとえると、ハンドルの操作の仕方を覚えるというのです。その意味で、この時期の発達はとても重要だと森口氏は言います。ところが、ハンドルの操作の仕方を覚えたところで、すぐにハンドルをうまく使えるわけではありません。ある交差点では右に、別の交差点では左に、というように柔軟に切り替えられるようになるのは小学生になってからだというのです。

思考の実行機能が著しく発達する3歳から6歳頃までにどのような変化が起きているのでしょうか?さまざまな変化が見られるのですが、一例として、5歳児や6歳児は、3歳児や4歳児と比べて、前もって切り替えの準備ができるようです。このことを、森口氏はわかりやすい例で説明しています。

車を運転し、慣れない道を走りながら回転寿司のお店を見つけようとしているとします。最近はカーナビゲーションシステムが発達していますが、何の具合かカーナビゲーションシステムがうまく作動しておらず、自力で目的地に着かねばならないとします。このとき、お店の700メートル前に回転寿司の看板が出ているとします。私たちはこの看板を見ることで、もう少し車を走らせたらお店があることがわかり、ハンドルを切るための心の準備ができます。700メートル走らせると、回転寿司のお店が見えてきました。心の準備をしてたので、私たちは難なく目的地に着くことができます。

ところが、この看板がないと、回転寿司のお店がいつ出てくるか予想できず、ハンドルを切るための心の準備ができません。そのため、回転寿司の店の側を通り過ぎる直前に気づいたのでは、ハンドルをうまく切ることができずに、店を通り越してしまいます。

このように、私たちは突発的に起こったことに対して、思考の実行機能を発揮することは難しいのです。一方、あらかじめ準備していたら、比較的容易に思考の実行機能を使うことができます。5歳児や6歳児は、前もってハンドルを操作するための準備ができるそうです。計画的に切り替えられるとも言えます。看板が出てくると、「あ、準備しなきゃ」と思えるというのです。

一方、3歳児や4歳児は、前もって予想することができないと言われます。看板の意味がわからないため、お店の近くに来た時点で、「あれ、ハンドルを切るんだっけ」と考えるようだというのです。つまり、前もって準備をできず、切り替えたほうがいいかどうかを場当たり的に考えるのです。このような仕方だと、切り替えに失敗することが多くなります。

このことを、切り替えテストに当てはめて考えてみます。5 歳児や6歳児は、色ルールでカードを分けるように指示されると、実験者にカードを渡される以前から色ルールで分けることを頭のなかで準備します。そのため、カードを渡された際にも、スムーズにそのルールに従って分けることができます。

一方で、3歳児や4歳児の場合は、カードを渡されるまでルールについて考えることができません。実験者にカードを渡されてから、どのルールでカードを分けるべきか考え始めます。そのため、色だったか形だったか混乱してしまい、正しくカードを分けることができないというのです。

心の準備” への7件のコメント

  1. 思考の実行機能の発達過程が「切り替えテスト」結果によって示されています。3,4歳と5,6歳の違い、そうした発達の違いが思考の実行機能にあるのだとわかります。そしてこの「思考の実行機能」が有効に働くためには行動におけるある程度の見通しということが大切だとわかります。「突発的に起こったことに対して、思考の実行機能を発揮することは難しい」ということから「転ばぬ先の杖」とはこの思考の実行機能を有意に作動させるための諺なのだと気づくのです。「あらかじめ準備」ということですね。そして、この思考の実行機能の発達はどうやら見通しをどれだけ立てられるかということに関わってくるのではないかと推察されます。どうでしょう?私は、子どもにしても大人にしても、主体的に生きる、とは自分自身で自分の道行きが見通せることだ、と思っています。園にやってくる子どもたちは登園から降園までの流れを自分自身で把握できるようになります。まさに主体の形成確立ということでしょう。この主体の形成確立と思考の実行機能の発達は大いに関連しているのではないかと思った次第です。

  2. 柔軟さにも、ある程度のイメージが先にあることで実行機能を働きやすくしていくのかなとも思いました。イメージがつくというのは、自分の思考を最大限利用するためには重要なのかもしれません。また、3、4歳と、5、6歳との明確な差のようなものも感じました。3、4歳ではまだ実行機能を働かせることは難しいということは、その時期には、実行機能の基礎となる部分を育む必要があるということだと思います。看板を見つけその先にある店に入るための心構えを作っておくためには、「見通し」という力が重要だと想像しました。言葉や、その見通し力といったものが発達すると「待つ」ことがしやすくなる印象があります。そして、「心の準備」という点では、実生活でも物事をスムーズに行うためにはなくてはならないものであると感じました。対応力や柔軟性というものも、「心の準備」をしておくかしておかないかによって大きく差が出るでしょうね。

  3. ある程度の先を見通すことができることでその後の対応がスムーズにいく、というのは実体験からも理解しているところです。それができるかできないか、というのが思考の実行機能を発揮できるのかできないのかの差になってくるということなんですね。ということはまだできないであろう3歳児や4歳児にはその見通しをする力の基礎を育んでいくことが後につながるのではないかと思いました。
    「最高の準備をするだけです」とW杯の前に語ったサッカーの本田選手は、このような対応や柔軟性を向上させるために準備をしていく、ということを言っていたんだな、と読みながら思いました。

  4. 保育でよく言われる「見通し」というものですね。そう思うと、5歳に比べ、3歳・4歳は見通しを持って動くというよりも、その場での判断で動いているということが分かります。以前、実習生が設定保育でゲームをしていましたが、やはり、5歳児とそのほかの年齢の子どもたちとのルールの理解は違っていて、子どもたちの様子を見ていても、5歳児はルールを理解して動いていることに対して、3歳児はゲームが始まってから、理解しようとしているように思いました。最終的にはなんとなく、3歳児でもゲームに入っていくのですが、そこに至るまでにあきらめる子どももいれば、最後まで参加して最終的に理解している子どももいたり、その様子の違いに驚きました。その様子を見ていると、感情の実行機能が粘り強さを出したのだろうかと推測するのですが、同じ子どもによってもその様子は多少違い、3歳児のその様子は非常に興味深いものでした。ますます、実行機能は様々な場面で見え、興味深い内容ですね。

  5. 今回の内容の理論で言うとわたしは子供たちに高度なことを求めすぎていたのかもしれません。普段保育をするなかで出来るだけ見通しを持てた方が子供は生活しやすいだろうとある程度先のことまで伝えて生活していましたがそれはあまり意味のないことだったのでしょう。言われてみれば、「朝説明したのに」という言葉をよく使ってしまっていた気がします。見通しを持たせることは大事ですが、その子供の発達でどれだけ先まで見えるかということまで理解することが大切だと知ることができました。

  6. 心の準備、見通しをもつことにも似ているような気がします。予測したり、待ち構えたり、切り替えが必要な場面一つで、その子の発達がわかることもあると思えてきます。
    将棋などの、予測したり、手を考えることが必要なことが得意な人がいます。センスと言われてしまえばそれまでですが、強くなる為に経験値が必要とされるのであれば、発達もまた多くの経験値を必要とするものなのかもわかりません。

  7. 「一方、あらかじめ準備していたら、比較的容易に思考の実行機能を使うことができます」とあり、5〜6歳児はそれができるが、「一方、3歳児や4歳児は、前もって予想することができないと言われます」とありました。このような違いが発達によってあるのですね。そのことを理解しておくだけでもやはり子どもへの関わり方は変わってくるように思います。前もってトイレに行っておくということが小学校では重要になりますが、このあたりの意識も5歳児頃から生まれるということにつながるのでしょうか。だとするとあまり小さい頃からそういったことを強いるというのは違うように思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です