ボールという誘惑

昨年は、ラグビーで日本中が沸き上がりました。森口氏は、実行機能について、このラグビーを例に挙げて説明しています。

2015年のラグビーワールドカップ以降における日本チームの躍進は記憶に新しいところです。それは、日本のラグビーはそれ以前にワールドカップで1勝しかしたことがありませんでした。1995年の第3回のワールドカップではニュージーランドを相手に17対145と最多得点差で敗れ、映画「インビクタス/負けざる者たち」でもこの大会の象徴的なシーンの一つとして扱われるなど、日本のラグビーは世界的にあまりインパクトがありませんでした。

ところが、2015年の大会では、決勝トーナメントには進出できなかったものの、優勝候補の一角である南アフリカ相手に勝利するなど、好成績を収めました。五郎丸歩選手など、優れた選手がいたことも事実ですが、やはり注目されるのは、ヘッドコーチであるエディ・ジョーンズ氏の存在だと言われています。

エディ・ジョーンズ氏のどのようなコーチングが良かったのかという点に関してはさまざまな専門的な批評がなされているので森口氏はコメントを控えていますが、彼が創り上げた日本代表チームの規律の良さについて言及しています。

ラグビーにはさまざまなルールがありますが、たとえば、選手が密集している接点において、倒れている選手がボールに触ってはいけないというルールがあります。自分が倒れている、けれどもボールが目の前にあるという状況を想定してみましょう。ラグビーでは相手チームのボールを奪うことは最も重要なプレーの一つなので、当然目の前のポールに手を出したくなります。ここでのボールは選手にとって禁断の実なのだと森口氏は解説します。

もちろん倒れていながらポールに手を出すことが反則であることはわかっています。しかし、ラグビーの試合中は、極限状況です。頭に血が上った状態で、冷静な判断ができるとは限りません。そのような際に、ついつい欲求に負けてしまい、ポールに手を伸ばすという反則を犯してしまうことがあります。ラグビーの最大の目的は、相手チームに勝つことですが、反則はその目的を阻害することになります。

日本代表チームが素晴らしかったのが、こういった反則がほとんどなかった点だと森口氏は言います。厳しい練習を通じて、体力はもちろんのこと、自分をコントロールする力も鍛えられたのではないかというのです。目の前にある誘惑を断ち切り、クリーンなプレーをしました。反則が続くと、そのチームはうまくリズムに乗れません。同じく2015年のワールドカップの日本とサモアの試合における、サモアチームはまさにそういった例だというのです。

このように、目の前にあるボールという誘惑に抵抗する力、それによって将来的なチームの勝利という利益を得られる方法を選択する力が、実行機能なのだと森口氏は言うのです。

また、実行機能は、誘惑や欲求に抵抗する点だけではなく、別の側面もあると言います。