行動を変える、考え方を変える

第二に、私たちは行動を変える必要があるとタフ氏は言います。逆境に育つ子どもたちのためによりよい環境をつくりだすプロジェクトは、根本的には個人の仕事であると言います。つまり、日々低所得層の子どもたちのために働いている教師、メンター、ソーシャルワーカー、コーチ、それに親は、大々的に法律が整うまで待つ必要はありません。きよう、あした、あさってのうちにも行動を起こせば、それが子どもたちの成功を助けるというのです。タフ氏が今まで説明してきた研究が明らかにしているところによれば、子どもたちの人生の軌跡は、大人にとってはたいして重要でもないように見える些細な物事から変わりはじめているのです。親の声の調子。教師が付箋紙に書くメモ。数学の授業のやり方。難題に直面した子どもの話を聞くために、メンターやコーチがほんの少し余分な時間を取ること。こうした個人的な行動が強力な変化を生むこともあるというのです。そして個々の変化が国じゅうで共鳴することもあるというのです。

第三に、私たちは考え方を変える必要があると言います。タフ氏が提示してきた支援の研究を読んでいると、デークの詳細にとらわれやすくなります。サンプルの規模とか、標準偏差とか、回帰分析とか、データは確かに重要です。しかしときには、こうした研究をおこなった個々の人間のことを考えるのも役に立つと言います。ロシアの狐児院や、ジャマイカの貧困地域や、シカゴの高校や、クイーンズの誰かの家の居間まで出かけていって、「私は子どもたちの助けになりたい。私たちはもっとうまくできるはずだ」と発言した医師、心理学者、ソーシャルワーカーたちがいたことを思いだしてほしいとタフ氏は言います。

こうした研究者たちの出したデータが利用できるのとおなじように、彼らの行動そのものもひとつの例として役に立ちます。もしコミュニティ内、あるいは国内で苦しんでいる子どもたちがいるならば、何かできることがあるはずだと言います。それが研究者らの仕事の大前提でした。子どもたちへの援助をどう届けるのが最善か、知るべきことはまだたくさんあると言います。研究者たちがおこなっている仕事を私たち自身も引きつぎ、広げる必要があると言います。自分で何かしら手を打つ必要があることは、すでにわかっているのですから。

逆境にある子どもたちを手助けして困難な環境を乗りこえさせるのはむすかしいと言います。たいていはひどく骨の折れる仕事を伴うからです。気が滅入ることも、気力を挫かれることも、腹立たしいこともあるかもしれません。しかしそれが個々の子どもや家族の暮らしのなかだけでなく、私たちのコミュニティ、ひいては国全体に莫大な変化を生むことは、研究結果から明らかです。その道のプロであることを選んだかどうかにかかわらず、私たち全員にできる仕事です。研究者たちがしてきたように、もっとうまくできるはずだと、まずはしっかり認識すること。最初のステップは、それだけだとタフ氏は最後に言います。