不利な状況

こんにち、貧しい子どもたちを支え、教育するための国内のシステムは破綻しているとタフ氏は言います。現在アメリカでは、1500万人を超える子どもたちが貧困ラインより下で生活しており、そのうち700万人近くが深刻な貧困のなかで暮らしています。貧困というのは、四人家族の場合で世帯収人が年間1万2000ドルを下回る状況を言います。日本円で言えば、年収ほぼ130万円です。こうした子どもたちの多くが直面する問題は過酷で広範囲に及んでいます。統計的に見て、彼らの家庭は崩壊しており、居住地域は育児支援の余裕などほとんどないほど貧しいのです。子どもたちの体を、または心を、あるいはその両方を傷つける危険は無数にあるのです。学校は人種や階級によって分離され、裕福な子どもたちが通う学校よりも教育に使える予算が少なく、教員もほかの学校の教員より経験が浅かったり、訓練が不十分だったりします。

こうしたきわめて不利な状況に対し、タフ氏が紹介した介入戦略では心もとないように見えるかもしれないと言います。しかしやはりタフ氏が紹介した研究が明らかにしているとおり、不利な状况下にある子どもたちの人生に介入すること、それは、学校でよりよい教育を受けさせること、家で支えが得られるように親を手助けすること、あるいは、理想的にはこのふたつを組みあわせることは、貧困撲滅の戦略として最も効果的な手段であり、将来性も高いというのです。貧困層の子どもたちが、親から良好な反応の得られる安定した環境で育ち、帰属意識と目的意識の持てる学校に通い、意欲をかきたて支えてくれる教師の授業を受けられるなら、彼らはすくすく育ち、将来よりよい人生を送れるチャンスも飛躍的に伸びるというのです。

そこで、またはじめに提起した疑問に戻ります。「話はわかりました。で、結局どうすればいいのですか?」

この問いに対して、タフ氏は、三つの提案をしています。

第一に、私たちは政策を変える必要があると言います。ターンアラウンドのパメラ・キャンターは、子どもに充分な支援が与えられる環境を「強化された環境」と呼んでいますが、それを貧困層の子どもたちのために一貫してつくりだすには、凝り固まった学校や実践の多くを根本から見直し、つくり直す必要があると提案します。低所得層の親をどう援助するのか。幼少期のケアと教育のためのシステムをどうつくりだし、どう資金を捻出し、どう管理するのか。教員の養成はどのようにするのか。生徒にはどうやって規律を教え、学習成果をどう評価するのか。学校の経営はどのようにするのか。これは本来なら社会政策の問題です。貧困層の子どもたちの問題を解決する方法をほんとうに見つけようとするなら、これらの疑問にはあらゆるレベルの公務員である、学校の校長、教育委員会のメンバー、市長、州知事、閣僚などが、そして同時に国じゅうの個々の市民、地域団体、慈善家が、熱意のこもった創造的な方法で答えを出す必要があるとタフ氏は言うのです。彼は、もっと多くの子どもたちをもっと効果的に助けることのできる財源の運用と政策の変更についていくつか提案してきました。しかしそうした具体的な提案を超える、もっと大きな願いがあると言います。私たちはいまこそ、社会政策の議論をおこなうべきであり。彼の提案がそれを推進するためのガイドになればいいと思っているというのです。