好条件の学区

ディーパー・ラーニングを重視するこんにちの風潮の最大の短所は、貧困層の多い学校よりも裕福な地区の学校での導入のほうがはるかに進んでいる点だとタフ氏は言います。2014年、ハーバード大学教育大学院教授のジャル・メータは、「ディーパー・ラーニングには人種問題がある」という挑発的なタイトルの論文をエデュケーション・ウィーク誌のオンライン版で発表したそうです。メータは、人種と同様に階級も厄介な問題だと述べています。「歴史的に見ても、ディーパー・ラーニングは恵まれた人々の領分、すなわち好条件の学区で生活し、子どもたちを優良な私立学校に通わせることのできる人々の領分に属するものだった。富裕層の多い学校に通う生徒たちは将来の経営者層にふさわしい課題解決型の教育を受け、もっと階級の低い、貧困層の多い学校に通う生徒たちは工場労働のようなブルーカラーの仕事を反映した、決まりきった作業を与えられる。これは学校間格差の調査と、同一校内の調査の両方から判明した事実だ」と述べているのです。

メータは、こうした格差のいくつかは供給側に原因があると論文のなかで認めています。ディーパー・ラーニングのテクニックを取りいれることのできる人材や自由を持った学校は、多くが豊富な資金のある私立学校か、富裕な地域の公立学校なのです。しかし分断の原因の大部分は需要側にある、とメータは書いているそうです。低所得層やマイノリティの生徒の教育に深く関わる多くの人々が、当の生徒たちの親を含め、不利な状況にある生徒にとってディーパー・ラーニングが最善の方法であると信じていないのです。こうした懐疑論者たちは、昔はPBLというのは低所得層の学校で使われるお遊びの婉曲表現だったと指摘しているそうです。1960年代から1970年代にかけて、裕福な家の子どもたちが町の向こうで読み書き計算を習っているあいだ、貧しい子どもたちにレゴ遊びやぬり絵遊びをさせることをそう呼んだ時期があったそうです。懐疑論者たちが表明する懸念はまだあります。裕福な子どもたちは、深く広い基礎知識や言語力を家庭や地域社会ですでに身につけているからいいのですが、そうした知識を持たない子どもたちは、ますそれを伸ばしてからでないと、協同作業やプロジェクト型のアプローチの恩恵を受けられないのではないかというのです。

私は、この手法が貧困層の多い学校よりも裕福な地区の学校での導入に効果があったという点についてこう考えています。どうして、子どもたちに貧困層か裕福化によって格差が出たかというと、それは生まれつきの問題ではなく、生育環境による経験の質の格差があるからだと思います。ですから、これは、幼児期から取り組まないとだめだと思っているのです。知識を得てからではなく、思考するときのアプローチとして、協同作業やプロジェクト型が必要だと思っています。それは、非認知能力は、特に認知能力には、直接影響が少ないからです。 しかし、実際の取り組みでは、必ずしも低所得層には効果が少ないわけではないという反論もあるそうですが、その効果は、幼児期にも見られるのは確かだと思うのです。乳幼児期からの経験の質を私たちは吟味しないといけないと思います。