ディーパー・ラーニング

ELの提携校に広くゆきわたり、ターンアラウンドのコーチが指導のなかで強調する学習指導のテクニックは、こんにちの教育研究の主流である、一般的な用語でいうと、より深い学習という意味の「ディーパー・ラーニング」ともつながっているとタフ氏は言います。この動向は比較的新しいもので、「生徒中心の学習法」と呼ばれることもあるそうです。アメリカの先進的な教育研究に端を発するものだそうですが、ビジネス界のリーダーたちがもつ現代的な問題意識も背景にあると言われています。それは、アメリカが伝統的に培ってきた公教育のシステムと、現代のアメリカ経済が労働者に求める能力のあいだには壊滅的な溝がある、という考え方です。教育手法が確立した一世紀以上前には、経済の側面から見た公立学校の役割は、事務仕事やくり返しの多い機械的な仕事をすばやくきちんとこなせる工場労働者を生みだすことでした。しかし、ディーパー・ラーニングの提唱者らが論じるところによれば、いま、この21世紀に労働市場が必要としているのは、まったく異なったスキルであり、現在の教育システムではこれを伸ばすことができないのです。それはたとえば、チームで仕事をする能力、人前でアイデアを提示する能力、効果的な文章を書く能力、深い分析思考をする能力、ある状况で覚えた情報やテクニックを見知らぬ新しい問題や状況に対して応用できる能力などです。こうしたスキルを伸ばすためには練習する機会が必要なのですが、現状では、ほとんどの学校でその機会が得られないと言います。ディーパー・ラーニングの提唱者たちが奨励するのは、以下のような教育です。

・探求型の指導:教室で、教師がただ講義をするだけでなく、生徒に議論をさせること。

・プロジェクト型の学習:生徒たちが、たいていはグループで、仕上がるまでに何週間、何カ月もかかるような複雑な課題に取り組むこと。

・実績重視の評価:生徒たちを期末試験の得点で判断するのではなく、彼らが一年かけて築いた実績、プレゼンテーション、文章、芸術作品などで評価すること。

ディーパー・ラーニングの原則にのっとって運営されている学校には、同級生からの批評や、改良を歓迎する気風があるようです。作業に取り組む生徒はたいてい、教師やクラスメートからたくさんのフィードバックを受けて改良を重ね、一年をかけて完成させます。批評を受けてくり返し改良したり、長期にわたる課題に粘り強く取り組んだり、実際にやってみたうえで感じる不満に対処したりすることによって、生徒たちの知識や知力が伸びるだけでなく、非認知能力、カミーユ・ファリントンの言葉でいえば「学業のための粘り強さ」、もっと一般的な言葉でいえはグリット、レジリエンスもまた伸びるのです。

これに懐疑的な目を向ける人々も大勢いるそうです。熟練教師の手によって教室でおこなわれるプロジクト型学習には高い効果があるかもしれませんが、未熟な教師が安易に用いると失敗する、というのが懐疑論者たちの懸念のひとつだそうです。価値ある授業にするためには、プロジェクトを綿密に計画し、注意深く生徒をサポートし、正確な情報に基づいて授業を進める必要かあります。そうでないと、PBLは栄養のないカロリーのようなもの、生徒の知識を増やすという大きなゴールとは無縁なただの気晴らしになってしまいます。