教員への指導

「ターンアラウンド・フォー・チルドレン」は、「学習のための積み木」の報告書を作成した非営利団体ですが、やはり若者たちが負っている同種の「傷」に取り組もうとしています。しかし、ゲシュタルト療法を使って傷を診断するよりも、おもに不利な条件下にある子どもたちが受ける生物学的な影響について、科学的な知見を利用しているそうです。ターンアラウンド・フォー・チルドレンは現在、ニューヨーク市の七つの学校と、ニューアーク市の二つの学校と、ワシントンDCの二つの学校で仕事を請け負っているそうです。

ターンアラウンドの研究によれば、最貧困地域の学校の教師が直面する行動管理上の難題の多くは、教室内で生徒の二つのグループが一触即発の状態であることに起因するといっています。一つは、大きなストレスにさらされてきた、たいていはACEのスコアも高いゆえに怒りっぽく、反抗的かつ破壊的な行動をとる生徒たちの小さなグループです。ターンアラウンドの概算によると、最貧困地域の学校では、このグループがだいたい10パーセントから15パーセントを占めているそうです。もう一つのグループの生徒たちも逆境やストレスを経験してきてはいますが、最初のグループほどではありません。自分から問題を起こすことはあまりありませんが、闘争・逃走のメカニズムは非常に敏感で、ひとたび問題が起こればすぐに引き金が引かれます。

ターンアラウンドは児童精神科医のパメラ・キャンターによって設立され、運営されています。学校での仕事を請け負うときには、だいたい三人か四人の介入チームをつくり、問題行動を起こしそうな生徒の心のニーズに取り組むことからはじめるそうです。現場でカウンセリングや指導をおこなったり、コミュニティ内のほかの場所で個人、あるいは家族単位で受けられるセラピーなどを紹介したりします。ときには、生徒が学校にいるあいだに、家族がセラピーを受けるケースもあるそうです。その後、スタッフは教室全体の環境に注意を向け、授業を改善することで生徒の成績をあげられるように教師たちを指導します。ターンアラウンドの仕事のこの部分には、シカゴ学校準備プロジェクトの教員への指導、そしてABCやFINDの親たちへの指導と、深い共通点があります。教師たちは対立をやわらげるための行動管理のテクニックについて訓練を受け、帰属意識の持てる教室、集中できる教室の雰囲気をつくる戦略を教わります。

ターンアラウンドのリーダーたちは、プログラムの効果を示すデータをまだ持っていないそうです。しかし、バージニア大学の心理学者、ジョセフ・アレンと、同大学教育学部の学部長ロバート・C・ピアンタによる最近の研究が示すところによれば、教室によりよい環境をつくりだす方法について教師が訓練を受けると、生徒の成績に目に見えて影響が出るそうです。アレンとピアンタは、バージニア州の学校の78人の高校教師を対象として、ランダム化比較試験をおこなったそうです。処置群の教師たちは、「マイ・ティーチング・パートナー」と呼ばれるシステムを使って、当該年度のあいだ指導を受けました。この訓練は教室での教師と生徒のやりとりに焦点を合わせたもので、専門能力開発のワークショップと電話でのセッションを通しておこなわれました。コーチは教師たちに、「ポジティブな感情に満ちた雰囲気」をつくり、「自律性を求める生徒の気持ちを敏感に感じとる姿」を示す戦略を伝えました。