怒りの制御

BAMではグループ討論やロール・プレイを用いて、生徒が怒りを制御する方法を身につけることを目指します。参加者は全員が10代の少年で、とくに中退の可能性が高いか、刑事事件に巻きこまれる危険性が高いという理由で選ばれた者たちだそうです。ルドヴィグは何回かランダム化比較試験をおこなってBAMを評価しています。そして、このプログラムのおかげで参加者が暴力的な犯罪に巻きこまれる確率が44パーセント減少し、それと同時に参加者の成績、出席率、卒業の予測値が改善されたことを明らかにしました。この成果は、ストレスに満ちた生活を送る子どもに欠けている重要な精神機能である、衝動のコントロールや、攻撃的な感情を上手に管理する能力に影響を与えることから生まれているようだったのです。

昨春、シカゴのウエストタウン地区にある高校「ロベルト・クレメンテ・コミュニティ・アカデミー」の教室で、2年生8人とグループ・リーダーのプランドン・べィリーズがBAMの一環として話し合いをおこなう場にタフ氏は同席したそうです。生徒は全員がアフリカ系かラテンアメリカ系で、実にさまざまな外見をしていたそうです。一人は首にギャングのタトウーを入れていたそうです。べつの一人は、前屈みに座り、ぼさぼさのドレッドへアが顔を覆っていたそうです。ゴス風のヘアスタイルのべつの二人は、こんどの週末にマコーミック・プレイスで開催されるコミックのイベントに行くという話で盛りあがっていたそうです。リーダーのべィリーズは28歳で、セラピストとしての訓練を受けており、背の低いがっちりした体つきとエネルギッシュな様子がまるでレスラーのようだったそうです。べイリーズは週に一回おこなわれるこのミーティングのリーダーを二年間務めてきましたが、気さくに、それでいて堅実に討論をさばいていたそうです。

会のメンバーの「チェックイン」ではじまり、まずは各自がその日の肉体、知能、精神、感情の状態を説明します。その後の50分間は、べィリーズのおおまかなガイドに従い、「“箱”の外」に出るにはどうしたらいいか、どういう決断が必要かというテーマに沿って話し合いが進みました。テーマそのものがゆるいおかげで、さまざまな話題が出てきたそうです。ィリノイ州を出て大学に行くのはどんな気分かとか、メンバーのひとりであるラシッドの身に起こったこととかでした。ラシッドは先週末、祖母の家からコンビニエンスストアにチョコレートを買いに向かっていたときに、二人の男に襲われたそうです。グループの若者たちはつねにお互いの目を見て話すわけではありませんでしたが、グループのメンバーやべイリーズに対して抱いている絆や信頼ははっきり見てとれたそうです。

ミーティングのあとに二人で話をすると、ベイリーズはこういっていました。この学校ではいま観察したグループのほかに四つのBAMのグループを見ているそうですが、若者たちの多くが過去・現在両方の重大なトラウマに立ち向かおうとしている、と言っていました。ベイリーズはこの後、校長室へ向かいました。担当するグループのうちの一人で、自分の体を焼いたり切ったり、体を傷つけることで心の痛みを感じなくしようとした生徒のカウンセリングをするためでした。タフ氏が見学したミーティングは、表向きは形式ばらない話し合いの場のように見えましたが、ベイリーズにとってはグループセラピーに近いものだったのです。ときにはゲシュタルト療法を取りいれ、エンプティ・チェアの手法といわれる、参加者の若者が、父親の代わりのからっぽの椅子に向かって話をする手法を用いることもあるようです。彼らの人生にきわめて強い影響を及ばしている「父親から受けた傷」に対処するのを助けるためだというのです。