高い期待

成績の悪い7年生の生徒たちに、自分にとってのヒーローについて作文を書くように言いました。作文は担任によって添削され、普段どおり、余白に疑問点や提案が書きこまれました。対照群の付箋紙にはごくあたりまえのつまらない説明を、処置群の付箋紙は、高い期待を寄せていること、また、生徒がきっとその期待に応えられると確信していることを示すメッセージを書きました。

生徒たちは、添削されて付箋紙の貼られた作文を受けとり、成績をあげるためにコメントに応じて作文を書きなおすかどうか選ぶ権利を与えられました。クラスのなかで、白人の生徒たち、彼らは、人種のステレオタイプによって教師から不利な判断をされる心配がない生徒たちでしたが、彼らのあいだでは、「高い期待」の付箋を受けとって書き直した生徒はわずかに増えたものの、効果はごく小さかったそうです。しかしアフリカ系の生徒たちのあいだでは、処置群と対照群のあいだに大きな差が現れたのです。ただの「フィードバック」の付箋を貼られたグループでは、書きなおした生徒は17パーセントだけでしたが、「高い期待」の付箋を貼られたグループでは72パーセントにものぼったそうです。2回めの類似の実験では、生徒全員が再提出を求められ、「高い期待」の付箋を受けとったアフリカ系の生徒が書きなおして取った点数は、ただの「フィードバック」の付箋を受けとった生徒よりも15点満点のうち2点以上高かったそうです。いい換えれば、「高い期待」の付箋紙に書かれたメッセージは、たったの一文でしたが、書きなおそうという気持ちを引き出しただけでなく、実際に作文の質も高めたのでした。

この目覚ましい結果の裏にあるものはなんなのでしょうか?後にコーエンとともに結果を再検討したイェーガーはこう考ええいます。付箋紙のメッセージは、生徒の頭のなかに鳴り響く闘争・逃走のアラームを決定的なタイミングで切ったのではないか。生徒が教師の添削を脅威として、自分に対する非難や偏見のしるしとして受けとめ、反応しようとしたまさにその瞬間に、付箋紙のメッセージがべつの見方を与えたのです。添削は攻撃ではなく、もっとうまく書けるという信頼の表れだと思わせたのです。

イェーガーは、返却する課題すべてに「高い期待」の付箋紙をべたべた貼りつければいい、といっているわけではありません。教師は変化を起こすチャンスをつかまえて、学校を脅威の場所と思っている生徒と接するときにコミュニケーションの方法を変えることで、彼らが感じている脅威をやわらげることができるということなのです。これがイェーガーの結論なのです。声の調子を変えるといった比較的小さな変化だけで信頼を築ける生徒もいるかもしれません。付箋紙の研究からもそれはうかがえます。しかし、ストレスの高まった瞬間だけでなく、つねに闘争・逃走反応の起きた状態がつづいている生徒の場合には、つながりや帰属意識を持たせるために、もっと徹底した介入が必要になるようです。

シカゴ大学の経済学者、イェンス・ルドヴィグは、同大学の犯罪研究所のディレクターを務めており、ここ数年「ビカミング・ア・マン」BAMと呼ばれるカウンセリング・プログラムの研究をしているそうです。このプログラムは、シカゴの49の学校、おもに低所得地域の高校で実施されているそうです。