しなやかな心

ポジティプな心のありように貢献する環境をつくろうとするとき、教育者が頼れる道具箱はふたつあるとタフ氏は言います。一つめの道具箱は「人間関係」です。生徒にどう接するか、どう話しかけるか、褒美と規律をどうやって与えるかです。二つめの箱は「学習指導」です。何を教えるか、どう教えるか、生徒の習得度をいかに評価するかです。タフ氏は、学ぶ環境を強化することによって低所得層の生徒たちの成果を改善してきた例をいくつか挙げています。人間関係をターゲットにしたものもあります。学習指導に焦点を合わせたものもあります。先に論じた幼少期の支援についてもそうだったように、どれも完璧ではないと言います。しかしすべてを考えあわせることで、逆境にある生徒たちが学校で成功するためにはどう支援するのが最善か、おおまかなガイドラインのようなもの、基礎をなす原則のようなものが見えてくるのではないかと言うのです。

2000年代のなかば、ディヴィッド・イェーガーが心理学を研究する院生としてスタンフォード大学に入ったころ、同大学には教育心理学の著名人が何人もいました。「ステレオタイプの脅威」の発見で有名なクロード・スティール。生徒のマインドセットの研究で有名なキャロル・ドウェックです。

「ステレオタイプの脅威」は、一般に自分の属性にとって苦手とされる場所にいる個人は、その属性に関する不安が引き金となって実力が発揮できない場合がある、とする理論です。たとえば、工学部で学ぶ女性は男性よりも能力が低いと感じ、一流大学に通うアフリカ系の学生はほかの人種の学生より劣っているように感じることがあるという考え方です。

一方、ドウェックの発見は、生徒は自分の能力に関する暗示的、明示的なメッセージに強く影響される、というものでした。知能とは持って生まれた財産であってほとんど変化しない、という考えを植えつけられた生徒たちは、ドウェックのいう「凝りかたまった心」を持つようになり、知能の欠如をさらす可能生のあるむずかしい言題からは腰が引けてしまうのです。反対に、がんばれば知能は伸びるという、「しなやかな心」をつくるメッセージを取りこむと、生徒たちはより大きな課題、より難度の高い問題に取り組むようになるという考え方です。

スタンフォードに入るまえ、イェーガーはオクラホマ州タルサの低所得地域の学校で英語を教えていました。そのため自分の研究を、教師が生徒たちの人生をよりよいものにするために現場で使えるかたちにしたいという強い思いがあったそうです。現在もテキサス大学オースティン校の教授として、教育心理学の発見を教室に生かす道を切りひらこうとしているそうです。

イェーガーは、幼少期の逆境の神経生物学的な影響に加え、困難な環境で育っことで子どもたちの世界の受け止め方は大きく影響される、という前提で研究を進めているすです。イェーガーの説明によれば、ごく幼い時期に逆境を経験すると、子どもたちは挫折したときに自分を責め、他人の行動を敵意や偏見の表れとみなし、自分に何かよいことが起こってもどうせ長つづきしないだろうと思うようになると言います。ここ何年か、イェーガーはスタンフォード大学の二人の教授、ジェフリー・コーエンとグレゴリー・ウォルトンと共同で、こ、うしたものの見方をする若者たちへの介入方法を調査しているそうです。