将来を占う

実行機能は、自制心という言葉の意味に近く、私たちにとっては、こちらのほうが身近かもしれません。しかし、その違いは、自制心は自分をコントロールすることに主眼を置いていますが、実行機能は目標を達成することに主眼が置かれていると森口氏は説明します。

現在、世界の教育機関や研究機関、国際的な組織において、子どもの実行機能が非常に注目されています。20世紀末から学術的研究が爆発的に増え、基礎研究の段階を経て、現在は家庭や保育・教育現場において支援・応用する段階に入っていると言われています。森口氏も、現在、さまざまな自治体や保育・幼児教育の現場で、実行機能に関する支援事業にかかわっているそうです。その意味で、子どもの実行機能が重要であることはもはや世界の常識になりつつあるようです。

それは、子どものときにこの能力が高いと、学力や社会性が高くなり、さらに、大人になったときに経済的に成功し、健康状態も良い可能性が高いことが示されているからです。逆に言えば、幼い頃に実行機能に問題を抱えると、子ども期だけではなく、将来にもさまざまな問題を抱える可能性があるからです。

つまり、実行機能は、子どもの将来を占ううえで、極めて重要な能力なのです。ところが、日本では、実行機能という言葉自体ほとんど知られていないようです。実際、実行機能が子どもの将来に重要だと言われても、「実行機能なんて聞いたことがない」とか、「いやいや、IQのほうが大事でしょ」とか思われるのではないかと森口氏は言います。私も、保護者講演をするときにも、どうも聞いている保護者の中には、本音と建前として聞いているのではと感じることが多くあります。先日も、例えば、乳幼児期は遊びが大切であるということを、ただ情緒的に、建前として言っているのではなく、きちんと遊びこんだ経験が、その後の学力や、将来社会に出た時に、成功したり、幸せに生活したりするための力になるという研究があって話しているのだということを言いました。

同じように、IQが重要であることは確かなのですが、最近のいくつかの研究から、実行機能は、IQよりも子どもの将来に影響を与える可能性があることが示されているのです。さらに、より重要なこととして、実行機能は、IQよりも、良くも悪くも家庭環境や教育の影響を受けやすいのです。ですから、支援や訓練が可能な一方で、劣悪な環境にいると実行機能は育たないというのです。

もちろん、一つの能力だけで子どもの将来が決まるわけではないと森口氏は言います。この点は留意が必要ですが、さまざまな研究において、一貫して、実行機能や自制心が子どもの将来に影響を与えることが示されており、その重要性は明らかだというのです。子どもの持つ多様な能力すべてに目をくばることは不可能ですので、有望な能力に注目が集まるのは当然だと森口氏は言います。

そこで、彼は、まず「実行機能は、どういう能力を指すのか」そして、「実行機能は、どのくらいの年齢で、どのように育つのか」「実行機能は、子育てや教育・保育によって、どのように育むことができるのか」「実行機能は、子どもも大人も鍛えることができるのか」ということについて考察し、それに対する考え方を紹介しています。

将来を占う” への7件のコメント

  1. 非認知能力だけでなく、実行機能と呼ばれる人生を左右する幼い時期からの重要な機能の話がありました。そんな実行機能には、「目標を達成することに主眼が置かれている」「子どものときにこの能力が高いと、学力や社会性が高くなり、さらに、大人になったときに経済的に成功し、健康状態も良い可能性が高い」といった特徴があり、イメージ的には『グリット(やり抜く力)』と似たようなものも感じます。そして、将来を占う要素としての実行機能ですが、是非大人であっても学習できるその能力を獲得できる機能であることを祈っています。。

  2. 当ブログで「実行機能」は結構触れられてきていると思います。私も「実行機能」って一体何?と思っているところもあり、この機能は非認知能力に関わる機能である、どうやらエモーショナルコントロールに関係する機能らしい、というところまではわかりました。そして森口氏の説明で再びこの「実行機能」について学べるのはとてもいいですね。「目標を達成することに主眼が置かれている」実行機能。英語でエグゼクティブ・ファンクションというのだと知ると、この「エグゼクティブ」に反応してしまい、非認知能力・認知能力の中でも、どうやら最重要な機能なのだろうと思うようになりました。目標達成に関わる機能ですから、これは大切に違いないですね。最後のパラグラフで列記された問いへの説明、解説が今後紹介してもらえる。楽しみですね。

  3. 確かに世の中では実行機能よりもIQのほうが認知されていますね。また、実行機能は自制心と比べ、「目標を達成する」ことに主眼が置かれているというのはとても特徴的であり、実に分かりやすい見方です。保育においても、この部分が抜け落ちて考えられていることが多くあります。本当にここでブログで紹介されている通り、「本音と建て前」で遊びが語られており、認知的なスキルの向上を要望されることが多くあります。「遊び」という定義があまりはっきりとしていないからなのでしょうか。「遊ぶ」ということの意味や考え方が目に見えない部分であったり、後伸びするということで目に見えないからなのでしょうか。そう考えると大人自体がもっとおおらかに長い目で子どもの成長をもっと見ていかなければいけないのでしょうね。「今、大事な育ちがある」ということも許されない環境自体を見直していかなければいけないのでしょう。

  4. 「実行機能」と呼ばれているものが人間の将来を占う上で大切な能力になっているということで、子どものためにでもありますが、自分のためにも理解していきたいものだと思います。同時に子どもだけでなく、大人であってもの伸ばすことのできる能力であって欲しいと思います。
    そして、この実行機能というのは、実はIQよりも人生に必要なものであるのではないか、と言われているとのことですが、結局はどちらも大切なものなんでしょうね。どちらも大切な人間の能力であり、バランスよく相互に関連していることが人間にとっても大切なことになるのではないかと、読みながら一人考えました。

  5. 家柄の時代から学歴の時代に変わり、そして時代は新しい時代を迎えています。早く学歴に変わる新しい言葉が生まれないかなと思うのは、まだまだその点に縛られていると感じる場面に多く出会うからです。不思議だと思うのは、自園でないある園の話なのですが、聞くとどうやら高学歴のある保護者なのだそうですが、クレームがやたらと多いのだそうです。クレームが多いというのはその人は不満があるということで、不満の多い毎日にいればそれは幸せでないということだとすれば、学歴は人の幸せに直結しないということだと思うのですが、その子どもには受験をさせるのだそうです。本当に不思議です。

  6. 実行機能について詳しく知っていきたいと思っています。「自制心は自分をコントロールすることに主眼を置いていますが、実行機能は目標を達成することに主眼が置かれている」とありました。目標を達成するということに主眼がおかれているのですね。先のことを見通しながら自分の行動を決めていくという力は、様々な部分に関連しているような気がしますね。「実行機能は、IQよりも、良くも悪くも家庭環境や教育の影響を受けやすいのです。ですから、支援や訓練が可能な一方で、劣悪な環境にいると実行機能は育たないというのです」このことは乳幼児施設の重要性、可能性をより感じさせる内容です。このことを理解し、環境、関わり方ということを考えていかなければなりませんね。

  7. 確かに藤森先生の話を聞くまで「実行機能」という単語は知りませんでした。我が子の将来の幸せを望む親はいないはずがありません。実行機能が子どもの将来を占う重要な能力であると聞くと、どんな親も反応すると思います。確かにIQという単語の方が広く知られているかもしれませんが、薄々とIQよりも・・・という認識も高くなってきている気もします。今、子どもたちにとって何が重要な能力なのか?そう考えた時に、おそらく様々な考え方が出てくると思います。しかし藤森先生の話はもっと根底の部分の話であり、理論ですし、まさに「実行機能」もその部分に近い存在ではないでしょうか。そうした考え方をもっと知ってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です