優先順位をつける

森口氏は、実行機能の別の側面について、こんな例を出しています。会社で、あるプロジェクトを任されているとします。プロジェクトの目的が、新商品を企画することです。

この目的を達成するためには、いろいろな仕事をこなす必要があります。たとえば、人員や予算を確保する必要があるでしょう。従来の商品との違いを明確にするために、既製の類似品を調べなければなりません。専門家の意見を聞きに行く必要もありますし、さまざまな書類作成業務もこなさなければなりません。

このときに大事なのは、プロジェクトをどのように遂行するかのプランを立て、どの仕事からこなすか優先順位をつけることです。いきあたりばったりで仕事をこなしていては時間がかかってしまいますし、非効率です。何が本質的に大事なことで、何が枝葉であるかを見極めなければならないのです。

また、状況に応じて柔軟に頭を切り替える必要があります。たとえば、企画していた新商品と類似した商品が競合他社から販売されることを知った場合には、プロジェクトの方向性を考え直す必要があるでしょう。自分の企画に自信があったとしても、類似品になってしまっては二番煎じとの評価は免れません。仕事へのこだわりは重要なことですが、いつまでも過去にこだわりすぎると、目標の遂行が困難になってしまいます。

このように、目標を達成するために、優先順位をつけたり、頭を切り替えたりするのも実行機能の大事な側面だと森口氏は言うのです。

セルフチェック

ここで、森口氏は、自分をコントロールする力をチックする表を提示しています。さまざまなテストが開発されていますが、そのなかでも比較的よく用いられているテストだそうです。

「1.全然あてはまらない」「2.あまりあてはまらない」「3.どちらともいえない」「4.ややあてはまる」「5.非常にあてはまる」の5段階で評価します。

つぎの項目でチェックした得点をすべて合計します。

・自分にとってよくない誘いは、断る

・誘惑に負けない

・自分に厳しい人だと言われる

・先のことを考えて、計画的に行動する

次にチェック項目についてすべて合計した数を54から引きます。その数と先ほどの数を足します。

・悪いクセをやめられない

・だらけてしまう

・場にそぐわないことを言ってしまう

・自分にとってよくないことでも、楽しければやってしまう

・もっと自制心があればよいのにと思う

・集中力がない

・よくないことと知りつつ、やめられない時がある

・他にどういう方法があるか、よく考えずに行動してしまう

・趣味や娯楽のせいで、やるべきことがそっちのけになることがある

優先順位をつける” への7件のコメント

  1. 今回の「優先順位」ですが、まさに最近悩んでいる内容です。優先順位をつけるためには、その根底に必要になる判断基準を持たなくてはいけません。その基準というものが「理念」や「方針」であることは理解してきましたが、その優先順位を下すのに時間がかかっています。時間をかけることで、その判断がよい判断となるのか、それともそうでなくなるのかなど、自分の中で統計をとってみても、さほど変わらないといった結果がでています。つまり、優先順位について判断する機会に出会ったら即決し、その判断が間違っていれば急遽方向転換するという柔軟性があったほうが、園の生産性は良くなるという結論にいたりました。この決断の数は、何も園長だけではなく、クラスリーダーや係のリーダー、またはクラス担任であっても、多いに越したことはありません。自分が判断した結果を省みて、その経験を次の決断に活かすことが重要であると学びました。

  2. セルフコントロールチェック。これで実行機能力がわかるのでしょうね。チェックの項目を見ると、常に当てはまるもの、時々当てはまらなくなるもの、どっちだろうかと迷うもの、他人に判断してもらった方がいいのかなと思うもの、・・・なんとも悩ましい限りです。こうしたチェックはAIにやってもらったほうがより正確なような気がします。AIはおそらく私が自分自身を知っている以上に私のことを知り抜いているでしょう。この意味で、将来はAIが、私に実行機能がどの程度あるか、判定してくれるでしょう。その判定に際しては、今回のブログに挙げられたクエスチョネアによらずともわかることになってしまうのでしょうね。じゃあ、わかったらどうなのか。おそらく近い将来、進学や就職の時、学力にしても業務成績に関しても実行機能の程度が相当問われてくるような気がしますね。「目標を達成するために、優先順位をつけたり、頭を切り替えたりするのも実行機能の大事な側面」ですからね。」優先順位も頭の切り替えも良い成績を上げるには必要だと思います。まぁ、要領の良さ、にも繋がりますね。

  3. 自分の優先順位の付け方や切り替えの良さには課題を感じます。
    様々な仕事をこなす中で、答えがでないこともあり、迷いに迷ったあげく結局答えがでないこともあります。
    理念という大きな枠組みの中において、方法は沢山あり、どれが最適なのか、10人いれば10の答えがあり、どれも間違ってはいないけど、何かしらの答えを出さなくてはいけないときがあります。
    そう思うと私の実行機能は働いていないのかもしれず、自分自身の実行機能を高めていけたらと思います。

  4. 優先順位を決めたり、切り替えだったりというのは臨機応変が苦手な自分にとっては課題です。基準や根底には理念がある、というのは分かってはいますが、どれも間違ってはいないのに、答えを出さなければならない時、答えに選ばれなかった人の気持ちを考えてしまったり…と余計なことを考えてしまうこともあるのでしょう。よく犯してしまうのが「これくらいはいいか」と自分で勝手な判断をしてしまうこと。
    そう考えると、自分も実行機能を育てる必要がありそうです。このコメントを書いた後にでも、チェックしてみたいと思います。

  5. 確かに目的を達成するために柔軟性を持つことは非常に重要なことですね。また、そのためにしっかりとした目的や目標を設定することも大切になってきます。「何が本質的に大事なことなのか」「何が枝葉であるのか」を見極めるのは非常に難しく思います。そして、そこに優先順位をつけることの難しさもあります。しかし、自分の経験上、様々なことの「そもそも」というのを考えていくと意外と悩みはシンプルなんだなと思うことは多いですね。そのうえで、どう柔軟に対応していくのかということが求められるのですが、私の場合、性格からか、その柔軟性が欠けているように思います。型にはまったことを行うことの方が楽というものあってか、つい経験則の先入観に引きずられ、本質がぼやけて見えてしまうことがあったり、自分の決断に自信が持てないことが多々あったりします。そしてその都度、自分の未熟さを感じます。こういった時にも実行機能は必要になる力なのですね。

  6. 優先順位をつける、これは私が仕事やプライベートを過ごす上で一番大切にしていることです。今何が必要で今どうすれば目の前の問題が解決できるのか、そして今自分には何を求められているのか、それを頭のなかで整理し実行することで基本的に何をするにもめんどうくさがりな自分でもなんとか一年間仕事をし通すことが出来ました。ただまだまだ最優先の仕事をきっちりとこなせているかと問われれば素直に首を縦にふれないところではありますのでこれからも精進したいと思います。

  7. 今年度は沢山の仕事に恵まれ、そのどれもが未経験のものでした。見通しを持つことや、優先順位をつけることが難しく、目の前の仕事に対して闇雲に進んでいったことが思い出されますが、年数を重ねることでまた違う対応ができるようになるのだろうと、楽しみにもなります。子どもたちがそうであるように、毎日必ず何かしらの成長をしていて、それは大人もきっとそうで、昨日とまるで変わらないようでもきっと何かの成長をしていると思います。日々高め合いながら過ごせるということはとても幸せなことだと改めて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です