ボールという誘惑

昨年は、ラグビーで日本中が沸き上がりました。森口氏は、実行機能について、このラグビーを例に挙げて説明しています。

2015年のラグビーワールドカップ以降における日本チームの躍進は記憶に新しいところです。それは、日本のラグビーはそれ以前にワールドカップで1勝しかしたことがありませんでした。1995年の第3回のワールドカップではニュージーランドを相手に17対145と最多得点差で敗れ、映画「インビクタス/負けざる者たち」でもこの大会の象徴的なシーンの一つとして扱われるなど、日本のラグビーは世界的にあまりインパクトがありませんでした。

ところが、2015年の大会では、決勝トーナメントには進出できなかったものの、優勝候補の一角である南アフリカ相手に勝利するなど、好成績を収めました。五郎丸歩選手など、優れた選手がいたことも事実ですが、やはり注目されるのは、ヘッドコーチであるエディ・ジョーンズ氏の存在だと言われています。

エディ・ジョーンズ氏のどのようなコーチングが良かったのかという点に関してはさまざまな専門的な批評がなされているので森口氏はコメントを控えていますが、彼が創り上げた日本代表チームの規律の良さについて言及しています。

ラグビーにはさまざまなルールがありますが、たとえば、選手が密集している接点において、倒れている選手がボールに触ってはいけないというルールがあります。自分が倒れている、けれどもボールが目の前にあるという状況を想定してみましょう。ラグビーでは相手チームのボールを奪うことは最も重要なプレーの一つなので、当然目の前のポールに手を出したくなります。ここでのボールは選手にとって禁断の実なのだと森口氏は解説します。

もちろん倒れていながらポールに手を出すことが反則であることはわかっています。しかし、ラグビーの試合中は、極限状況です。頭に血が上った状態で、冷静な判断ができるとは限りません。そのような際に、ついつい欲求に負けてしまい、ポールに手を伸ばすという反則を犯してしまうことがあります。ラグビーの最大の目的は、相手チームに勝つことですが、反則はその目的を阻害することになります。

日本代表チームが素晴らしかったのが、こういった反則がほとんどなかった点だと森口氏は言います。厳しい練習を通じて、体力はもちろんのこと、自分をコントロールする力も鍛えられたのではないかというのです。目の前にある誘惑を断ち切り、クリーンなプレーをしました。反則が続くと、そのチームはうまくリズムに乗れません。同じく2015年のワールドカップの日本とサモアの試合における、サモアチームはまさにそういった例だというのです。

このように、目の前にあるボールという誘惑に抵抗する力、それによって将来的なチームの勝利という利益を得られる方法を選択する力が、実行機能なのだと森口氏は言うのです。

また、実行機能は、誘惑や欲求に抵抗する点だけではなく、別の側面もあると言います。

ボールという誘惑” への6件のコメント

  1. ラグビーのことはほとんど知りませんでしたが、昨年のラグビーワールドカップは試合に見入ってしまいました。ルールもほぼ知らないので何で反則を取られたのかすぐにわからず解説を聞いて、あぁそういうルールなんだとわかりました。それにしても「倒れている選手がボールに触ってはいけない」「目の前のポールに手を出したくなります。」しかし手を出したら反則。チームを勝利に導けない。「実行機能は、誘惑や欲求に抵抗する」。昨年ラグビーワールドカップでの日本選手たちの活躍、この実行機能がフルに働いて勝ち取られた栄光、セルフコントロールを極限状態で要求される。凄いですね。ゾーンに入ってもなお要求される実行機能。我を忘れても、我を見失ってはいけない、なぜなら我は社会的存在だから。ここでも思い起こされるのが、私は私、その私がみんなをつくる、ですね。共生と貢献。私たちはそのために生まれ、そして生きてきている。他人事ではなく我が事して把握するは畢竟社会のためですね。

  2. コーチングの影響が、あの大躍進を生む要因の1つになったというとからも、子どもたちの周りにいる大人たちの影響の大きさを物語りますね。誘惑に打ち勝つ術を、いかに自然と獲得していけるような環境を用意することは、実行機能を育むためには必要なようですね。目の前の「ボール」ではなく、少し先の「勝利」にフォーカスできるのかということを、保育場面に当てはめてみると、目の前の怒りや鬱憤を優先させるのか、それとも、少し先の「社会性」や「コミュニケーション」を選択するのかのように、何をどのように選んだらこうなるといった経験が、大切になる気がしました。日本代表の選手は、はじめから1人で目の前の「ボール」という誘惑に勝てていたのでしょうか。集団の力が関係しているとしか思えませんね。

  3. 私の姉妹園ではラグビーを昔からしています。年度によって、その取り組みの違いが見えてくるのですが、こういった集団でするスポーツには「パス」がつきものです。職員や課外の先生もてこずるのがこの「パス」の大切さを教えることでした。子どもたちはやはり自分でボールを持っていきたくなり、つい最後までボールを持っていようとします。ボールを持ちたいという欲求とパスをしてチームを勝たせるという欲求を天秤にかけているのでしょうね。見ているとまだまだ、「チームを勝たせる」よりも「ボールを持ちたい」という欲求が強いように思います。目的をどこに設定するのか、それを共有することができているのか。そして、それが個々人がみんなそう思えているのかが大切なのだろうと思います。保育で言うと、大人は子どもたちに夢を持たせれるような環境を作っているのか、子どもたちは夢を持ててるのだろうか。とシンプルに考えれるのかなと感じました。短い今ではなく、先の楽しみが持てるような環境を作ってあげたいですね。

  4. ラグビーのルールは全くわかりませんが、倒れたら目に前にあるボールを触ってはいけないというのは過酷なルールですね。
    エンゾさんのコメントを拝見し、保育園でラグビーをしていることにも驚きましたが、子どもがチームが勝つということよりも「ボールを持ちたい」という欲求が強くなることも想像がつきます。
    ルールの理解もまだ難しいとは思いますが、この乳幼児期から自分のために実行機能を働かせるのではなく、集団の中でチームの中で働かせていくことが貢献になることを伝えられるような環境作りが必要なのかなとおもいました。

  5. ラグビーは盛り上がりましたね。自分もルールはほとんど分からなくて、どこで笛がなったのか、テレビの解説が出るまで分かりませんでした。ですが、試合を見ていると、アツくなるようなあの感覚はスポーツ観戦の醍醐味ですね。
    そして、日本代表の大躍進の裏にも実行機能があったんだということを知ると、何においても必要な能力であることが分かります。手を伸ばせば届く「ボール」ではなく、少し先の「勝利」のために自分はどうすべきなのか、そんなことが問われるのが実行機能なんですね。
    そして、実行機能は大人になっても鍛えられるものだということが今回の内容から理解でき、自分でもまだ遅くないのではないかと、少し安心しました。

  6. W杯での日本代表の活躍は見るものの心に大きなメッセージを残したのはいうまでもありませんがスポーツというのはラグビーのみならず実行機能を必要とするものですよね。ばれないように反則することも出来ますしばれようとも故意に相手を怪我させる反則ならば相手チームの戦力を削ぐことも出来ます。ただそれをしないのはルールがあってはじめてスポーツとして楽しめるものでそれは日常生活でも変わらないということですね。信号1つ取ってもルールを無視するのは簡単ですが無視しないからこそ人は人として生きていけるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です