アタッチメントを育む

人生を不安定にする貧困などの要因のせいで多くのストレスにさらされている親は、ストレスのない親の場合よりも、子どもに対して配慮の行き届いた、おちついた反応をすること、つまり安定したアタッチメントを育むことがむずかしいと言われています。しかし近年、親が望ましい行動を学習することは可能であるとの理解が進み、研究者の関心を集めているそうです。貧困層の親に対してアタッチメントを育むアプローチを勧める取り組みは比較的容易だというのです。子育てへの介入が成功するとき、アタッチメントを育むことを狙いとしていなくても、結果としてそれができることもあるというのです。たとえばナース・ファミリー・パートナーシップのような健康に重点を置いた介入でも、あるいは「子どもと一緒に本を読もう」プログラムでも、ジャマイカの実験のようなものでもいいのですが、家庭訪問によってもっと子どもと遊んだり、本を読んだり、話したりすること、いい換えれば、もっと子どもとのやりとりを増やすことを親に促しているうちに、親の行動が安定したアタッチメントを育てる効果を生むことがわかったのです。

では、ストレスで疲弊した親とストレスで疲弊した子どものあいだに安定したアタッチメントを築きたいと思うなら、最良のアプローチは基本的には「情報」なのでしょうか?安定したアタッチメントにつながる行動やテクニックを、親に教えればいいのでしょうか?パンフレットか何かをつくって親に配れば、それで安定したアタッチメントに恵まれる子どもが増えるのでしょうか?

残念ながら、そう単純な問題ではないとタフ氏は言います。対面での遊びや、おちついた声でのやりとり、微笑み、温もりのあるふれあいなどの特定の行動がアタッチメントを育む助けになるのは確かですが、多くの親にとって、とりわけ逆境に暮らす親、あるいは自身が子どものときにアタッチメントを形成できなかった親、あるいはその両方にあてはまる親にとって、望ましい子育てを阻むいちばんの障害は、推奨される行動のリストを覚えられないことではないと言います。ほんとうの障害は、親自身がイライラしていたり、睡眠不足や鬱気味の状態にあったりして、泣き叫ぶ子ども、汚れたおむつをしてろくに昼寝もしてくれない子どもの相手をする気になれないことなのです。疲れきった親たちに必要なのは情報だけではありません。事実、アタッチメントに焦点を合わせた家庭訪問の成功例を見ると、子育てのヒントだけでなく、心理面、感情面の支援が提供されているのです。訪問者が共感や励ましを通して、子どもとの関係について気を楽にさせ、親としてこれでいいのだという安心感を持たせているのです。

アタッチメントを育む介入が正しく導入されれば、親も子どもも変わるというのです。ミネソタ大学では、虐待が報告されたことのある137の家庭を対象としたべつの研究がおこなわれたそうです。対象となったのは、自身が過去にネグレクトや虐待を受けて育った親が、新たに自分の子どもを持った家庭です。そうした家庭が対照群(コントロールグループ)と処置群(トリートメントグループ)に分けられ、前者は自治体からの標準的な福祉を受け、後者は親子関係に焦点を合わせたカウンセリングを一年間受けました。その年が終わる時点で、しつかりとしたアタッチメントが築けた子どもは対照群では2パーセントしかいなかったのですが、処置群では61パーセントにのぼったそうです。これはきわめて大きな差です。貧困層の子どもたちの将来の幸せにとって、非常に大きな意味を持つ結果であるとタフ氏は考えています。