ネグレクト

fMRIという機能的磁気共鳴映像装置を使うと、どういった刺激に対して脳のどの部分が反応するかがわかります。研究者は、赤ん坊が眠っているあいだに、怒ったしゃべり声の録音を流して脳の反応を調べました。同時に、乳児の母親たちを対象に家庭環境の調査をしたのです。調査内容には、夫婦で口論をする頻度も含まれています。実験の結果、家庭内で口論はほとんどないと答えた母親の子どもは、怒声に対して比較的穏やかな反応を示したそうです。しかし、家庭内で口論が頻繁に起こると答えた母親の子どもの場合、fMRIの画像上で、感情、ストレス反応、自制に関わる脳の部位にはっきりとした反応が示されたそうです。

この研究や類似の調査により、従来のトラウマの定義にあてはまらなくとも、脳の発達にマイナスの影響を及ぼす環境要因が存在することがわかったのです。実際、子どもの健康的な発達を最も深刻に脅かすのはネグレクト、すなわち親や世話人からの反応の欠如であり、それを示すビデンスは相次いで報告されているそうです。とくに乳児のころにネグレクトを受けると、神経システムがそれを深刻な脅威として受けとめるそうです。研究者らの発見によれば、ネグレクトは肉体的な虐待よりも長期にわたって害を及ばすこともあることがわかりました。

こうしてみると、ネグレクトも継続的な危機です。ただし、心理学者によると、いちばん弱いネグレクトにはプラスの効果もあることがわかりました。たとえば、世話をする人間がときどき注意をはらうのを怠るというようなときです。子どもにとって、自分はつねに親の関心の中心にいるわけではないと知り、ときには自分だけで楽しもうとするのはよいことだということがわかったのです。この報告は、私たちが主張する二者関係敏感性の見直しにつながりますね。見守ることに大切さをここで確認できます。

一方、過酷なネグレクトは、法律により虐待であると定義され、児童福祉課の介入を必要とします。しかしこの両極のあいだに「慢性的な低刺激」と呼ばれる状態があるとタフ氏は主張します。親が子どもにあまり反応せず、積極的に関心を寄せたり、きちんと向きあってやりとりをしたりといったことがない状態だと言います。子どもは泣いても、話しかけようとしても無視され、連続して何時間もテレビのまえに放置されるというようなことはどうでしょうか。

実は、神経科学者たちの発見によれば、この程度のネグレクトでも、脳の発達に対し、長期間にわたる深刻な悪影響を及ばすということがわかっています。前頭前皮質への影響を通して、ネグレクトはストレス反応システムを損ないます。それが子ども時代だけでなく、のちのちまで感情や行動に問題を引き起こし、社会生活を困難にするようです。慢性的な低刺激を経験した子どもは、上手に友達をつくれない傾向があるようです。認知力や言語の発達が遅れ、実行機能に問題を生じることもあるそうです。集中することが苦手になるのです。教師や親からは、不注意でおちつきがないとみなされます。学校で勉強に集中できないからです。