心のありよう

では、生徒に粘り強い行動をさせるにはどうしたらいいのでしょうか?ファリントンが調査から引きだした結論によれば、「学業のための粘り強さ」の背後にあるカギは、「学業のたしめのマインドセットという心のありよう」、つまり子どもたちそれぞれの姿勢や自己認識なのです。ファリントンは生徒のマインドセットに関する大量の研究から、カギとなる四つの信念を抽出しました。生徒たちの教室でのがんばりに最も大きく貢献する信念です。

①私はこの学校に所属している。②私の能力は努力によって伸びる。③私はこれを成功させることかできる。④この勉強は私にとって価値がある。

生徒たちが授業中にこの信念を持っていられれば、そこで出くわす課題や失敗を乗りこえられます。この信念がなければ、最初の困難がちらりと見えたところであきらめてしまうかもしれません。

当然ながら問題は、逆境に育った生徒たちがファリントンの挙げた四つの項目をどれも信じられずにいることだとタフ氏は言うのです。一つには、幼少期にはじまった神経生物学的な逆境の影響があります。有害なストレスにさらされたことで過敏な闘争・逃走反応が生じているのです。暴力的な地域や家庭にいるときには非常に役立ちますが、7年生の歴史の授業中にはあまり役立ちません。闘争・逃走の本能は、「私はここに所属している」という信念を強化することはなく、その正反対の警告「ここはおまえの居場所ではない。敵の領域だ。この学校にいる全員がおまえを捕まえようとしている」というような警告を車のクラクション並みの大音量で伝えます。これに加え、逆境のなかで育った子どもたちはたいていミドル・スクールやハイ・スクールに人るころには勉強が大幅に遅れており、十中八九、学校側と対立してきた前歴もあるそうです。こうした生徒は多くの学校で、補習クラスに入れられるか、くり返し停学処分を受けるか、あるいはその両方にはまりこみます。これでは「私はここに所属している」とか「私はこれを成功させることができる」などと思うのは無理なのです。

見てわかるとおり、ファリントンのいう学業のための四つのマインドセットは、デシとライアンの三つの内発的動機づけである、「自律性」「有能感」「関係性」と呼応しています。実際には、ファリントンのリストと、デシとライアンのリストをさらに煮詰めて、生徒の成功にきわめて重要な二大メッセージを取りだすことができるのではないかとタフ氏は思っています。一つは「帰属意識」に関するもの。自分の学校、あるいはクラスの人々が自分の存在を望んでくれる、自分はこの学習環境のなかで歓迎され価値を認められている、という実感です。これは何よりも日々学校で経験する人間関係に左右されます。

二大メセージの一つめが人に関するものなら、もう一つは「勉強」に関するものです。生徒たちの心理は、学校で毎日やる作業にも大きく影響されるのです。むずかしいだろうか?やる意味はあるだろうか?少しがんばれば理解できる範囲の問題だろうか?懸命に取り組めば乗りこえられそうな課題が与えられるとき、生徒にはデシとライアンのいう「有能感」と「自律性」を経験するチャンスが生まれるのです。「簡単ではなかったが、私はこれをやり遂げた」。言葉で肯定されるだけでは得られない実感です。

心のありよう” への8件のコメント

  1. 学校内で感情をコントロールできない子ども、人間関係がうまく築き上げことができない子ども、自分はダメな存在であると思っている子どもの姿を想像しました。そんな子どもたちは、きっと自分に自身が持てず、やることなすことうまくいかず、感情を爆発させることしか表現方法をしらない、ある意味被害者であるとを感じます。そんな子どもたちの心には、「ここはおまえの居場所ではない。敵の領域だ。この学校にいる全員がおまえを捕まえようとしている」というような自分ではどうしようにもでにない大きな存在によって苦しめられていること、また、そういった表現はSOSであるということを僕たちは認識しなくてはならないと感じました。先日、ある学童児が部屋の中で叫びながらある子と取っ組み合いのケンカをし、周囲で見ていた他の学童児にも暴言をはいたり、手をあげたりしたそうです。私が呼ばれ、その子に「何か嫌だったか話せるかな?〇〇くんの助けになりたいんだよね」というと、その子は「助けなんかいらねーんだよ!」と大声で泣き叫んでいました。その子の言葉と実際の感情を切り離して考えること、そして、何かあってもその子を見放したりはしないという大人の覚悟が問われているようにも感じました。

  2. 令和元年大晦日に相応しいブログの内容です。今年一年間、帰属意識も有能感も、そして自律の実感を持てなかった若者がこの国にたくさんいたでしょう。しかし、帰属意識や有能感、自律を実感した若者も相当数いたに違いありません。達成感を遂げた人も。それでも受験生は大晦日の今日も勉強三昧でしょう。ファリントンの4つのマインドセット、本当に大事ですね。そしてデシとライアンの3つの内発的動機づけ。明日以降、このマインドセットと内発的動機づけをどう子どもたちの環境に落とし込むか?大人である私たちは、子どもたち一人ひとりの最善の利益と現在をより善く生きることをどう保障していくことができるか?一生懸命考えていきたいと思いました。就学前の子どもたち集団を預かる私たちは、子どもたち一人ひとりとその集団を見守れるように、子どもたちの環境を作るべく、それぞれの役割を果たしていきましょう。来年も藤森平司先生の臥竜塾ブログから学びます。宜しくお願い致します。

  3. 四つの信念、所属する職場がこんなにも居心地が良いのはこの存在があるからだということを感じます。職場も、教育現場も、保育現場も、要するに道理は同じで、その環境に属するヒトがこの気持ちを味わえているかどうかにかかるのではないかと思います。自信が日頃感じているこの感覚を保育に持ち込むことが現場の役割の一つでないかと思えてくると同時に、この気持ちこそが人を育てる、共生と貢献へと繋がる一歩なのではないかと思えてきます。今年は色々なことがあり、そのせいにしたいのですが、子どもたちに自身が感じている以上の4つの信念を感じさせることができていたか、省みれば申し訳ない気持ちばかりが湧いてきます。明日から新しい年が始まり、この気持ちを忘れずに来年の今日まで保育をすることができるか、毎日の自分と向き合いながら、小さな前進を繰り返し続けていきたいと思います。

  4. ファリントン氏がいう4つの信念は子どもに限らず大人にも同じことが言えますね。人にとって集団に属するという所属観は大きな意味があるということが分かります。この4つの信念を見ていると、「自分はできる」という自尊心や自己肯定感が見えてきます。そして、その自尊感情や自己肯定感はよく自己意識のように、「自分がもつ」というようなスキル的な見方に見えますが、実際のところは自己意識だけではなく、「周りから認められ、じぶんはここにいてもいい」というところからも影響があるだろうと思います。今の社会、成績や偏差値など、表面上をみるようなことが多く、内面の関係性はおいていかれているように思います。それは保育においても、同じようなことが言えるのかもしれません。子どもたちの興味関心よりも、カリキュラムが優先されたり、行事が優先されたりすることがあります。もうすこし、おおらかに子どもに目を向けるような保育をしたほうがいいように思います。

  5. ファリントン氏が言っている4つの信念は子どもだけでなく大人にも当てはまるものであると思います。ということは、人間にとって必要ということになります。良い環境かどうかはそこにいる人のことを4つの信念を見ていけば分かるようになるのではないかと思いました。これはやはり小さい頃に育っていくのでしょう。このような内面的なものはとりわけ重要でありますが、小さい頃に育つものであり、その頃の関わりが大切なものとなります。その頃の子どもたちと触れ合う自分たちが今後を担っているということを再認識しました。

  6. 粘り強さを生むための四つの信念のうち、四つ目の自分にとって価値があると思えるというものが一番難しいと私は感じています。なぜなら、学校で習う科学や数学の証明などは社会に出てさほど役にはたたないからです。もちろん役に立つ部分もあるでしょうし、単純に点数をとるという結果にも価値はありますが、直接的な因果関係が見出だせないのが最も大きな理由に思えます。さらにいえば今では小学生でも持っている子が多く身近な存在となった携帯を使うことでほとんど全ての答えが導けてしまうのも要因の一つです。

  7. 「自分の学校、あるいはクラスの人々が自分の存在を望んでくれる、自分はこの学習環境のなかで歓迎され価値を認められている、という実感です」このことがもたらす気持ちの安定というのは様々なことを取り組む上での基本になるのかもしれませんね。園でいるところの子どもと職員との信頼関係の構築につながる部分でしょうか。子どもとの信頼関係ができると保育がとてもスムーズになっていくように思います。子どももそのような信頼関係ができあがっているといると様々な環境に興味を持ったり、いろいろなことに挑戦しようという気持ちになるように思います。そのような雰囲気が「①私はこの学校に所属している」という気持ちを持つことができることに繋がっていくのでしょうか。

  8. ブログに書かれてある4つの信念は大切だと思いました。言葉では難しく、子どもたちに理解させるのは正直難しい気もしますが、それこそ環境によって自然と身につく物なのかもしれません。中でも自分の居場所というのは個人的には重要なことだと思います。クラスに自分の居場所があると感じられると、安心して生活を送ることができますが、真逆に捉えていたら、それこそ学校と対立関係になるのは仕方ないのかもしれません。乳幼児期の頃から自分は周囲から認められている、存在していると感じていることが、小学校、中学、高校、そして社会に出ても適応できる人間に成長していくのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です