ネグレクト

fMRIという機能的磁気共鳴映像装置を使うと、どういった刺激に対して脳のどの部分が反応するかがわかります。研究者は、赤ん坊が眠っているあいだに、怒ったしゃべり声の録音を流して脳の反応を調べました。同時に、乳児の母親たちを対象に家庭環境の調査をしたのです。調査内容には、夫婦で口論をする頻度も含まれています。実験の結果、家庭内で口論はほとんどないと答えた母親の子どもは、怒声に対して比較的穏やかな反応を示したそうです。しかし、家庭内で口論が頻繁に起こると答えた母親の子どもの場合、fMRIの画像上で、感情、ストレス反応、自制に関わる脳の部位にはっきりとした反応が示されたそうです。

この研究や類似の調査により、従来のトラウマの定義にあてはまらなくとも、脳の発達にマイナスの影響を及ぼす環境要因が存在することがわかったのです。実際、子どもの健康的な発達を最も深刻に脅かすのはネグレクト、すなわち親や世話人からの反応の欠如であり、それを示すビデンスは相次いで報告されているそうです。とくに乳児のころにネグレクトを受けると、神経システムがそれを深刻な脅威として受けとめるそうです。研究者らの発見によれば、ネグレクトは肉体的な虐待よりも長期にわたって害を及ばすこともあることがわかりました。

こうしてみると、ネグレクトも継続的な危機です。ただし、心理学者によると、いちばん弱いネグレクトにはプラスの効果もあることがわかりました。たとえば、世話をする人間がときどき注意をはらうのを怠るというようなときです。子どもにとって、自分はつねに親の関心の中心にいるわけではないと知り、ときには自分だけで楽しもうとするのはよいことだということがわかったのです。この報告は、私たちが主張する二者関係敏感性の見直しにつながりますね。見守ることに大切さをここで確認できます。

一方、過酷なネグレクトは、法律により虐待であると定義され、児童福祉課の介入を必要とします。しかしこの両極のあいだに「慢性的な低刺激」と呼ばれる状態があるとタフ氏は主張します。親が子どもにあまり反応せず、積極的に関心を寄せたり、きちんと向きあってやりとりをしたりといったことがない状態だと言います。子どもは泣いても、話しかけようとしても無視され、連続して何時間もテレビのまえに放置されるというようなことはどうでしょうか。

実は、神経科学者たちの発見によれば、この程度のネグレクトでも、脳の発達に対し、長期間にわたる深刻な悪影響を及ばすということがわかっています。前頭前皮質への影響を通して、ネグレクトはストレス反応システムを損ないます。それが子ども時代だけでなく、のちのちまで感情や行動に問題を引き起こし、社会生活を困難にするようです。慢性的な低刺激を経験した子どもは、上手に友達をつくれない傾向があるようです。認知力や言語の発達が遅れ、実行機能に問題を生じることもあるそうです。集中することが苦手になるのです。教師や親からは、不注意でおちつきがないとみなされます。学校で勉強に集中できないからです。

ネグレクト” への8件のコメント

  1. 家庭内で口論はほどんどないという家庭よりも、口論が頻繁に起きている家庭の方がストレス反応がはっきり示したというのは、意外でした。なぜなら、日常になっている方が、その事象が起こった時に慣れているため、反応は薄いイメージがあるからです。しかし、子どもの脳内は決してそういうことではなく、慢性的な口論がその都度ストレス反応を呼び起こし、マイナス影響を与え続けてしまうようですね。そして、「ネグレクトは肉体的な虐待よりも長期にわたって害を及ばすこともある」とのことで、これくらいならいいだろうという感覚の危険性を感じます。それらと、一番弱いネグレクトとの差をうまく表現できれば、育児や保育がまた厚みを増すのでしょうね。

  2. やはりこうした実験結果を私たちはきっちりと知っとくべきだと思いました。そして、大人の行為が確実に乳幼児に影響を及ぼしているのだということを親たちは自覚すべきだと思います。私自身、身に覚えがあるので、他人事ではないですね。たとえば「家庭内で口論」。私自身、家庭内で口論がよくある家で育ってしまいました。結果、親となった私も家内と口論することが・・・。息子がネガティブ面を示すなら、おそらく私たちの影響かと((;´д`)トホホ)。「ネグレクト」、これはいけませんね。「弱いネグレクトにはプラスの効果」ということもよくわかります。まぁ、簡単に言えば、ほっとく、ということでしょう。一々監視されているとかないませんね。園の保育に死角があってはいけません、と言われます。じっと見張っていろ、ということでしょう。私の子ども性が言います、大人の視線から逃げたい、放っといてよ・・・。強いネグレクトは虐待ですね。

  3. このような実験の結果を大人たちは知る必要があるのではないかと思います。知ることによって防げるものが確実にあるのだと思います。「弱いネグレクト」にしても「強いネグレクト」にしても子どもたちはしっかりと大人の影響を受けて育つ。ある意味では当然と言えば当然ですが、その当たり前をしっかりと知っておくこと、おさえておくことで、将来が幾分でも明るくなっていくことを感じました。

  4. 以前、「ネグレクトの疑い」のある親子との関わることがありました。実際に園に来ることも少なく、児童相談所との連携のもと、子どもを保育していましたが、やはりかなりの発達の遅れが出ていたのを覚えています。過酷な環境での生活は子どもの知的発達にも大きく影響し、しょうがいにもなりうるということを目の当たりにすると、ネグレクトも大きな問題であると捉えざるをえませんでした。しかし、その反面「いちばん弱いネグレクトにはプラスの効果がある」というのも、保育をしていると感じます。意外とそういった子どものほうがたくましく、社会性も持ち合わせていたりします。過保護であるよりはいいのでしょう。その塩梅がとても難しいのかもしれませんが、それこそが「見守る」といった距離感であり、「求めてきたときにこそ、受け入れるようにする」といった距離感の重要さなのでしょうね。

  5. 以前からよくこのコメントで卒業論文のことをだしますが、今回もその研究結果の一部を思い出しました。それは何かと言うと、家庭内にいかに仲の良く優しい兄弟がいても子供の自己肯定感を伸ばすことはないということです。大切なのは大人からの応答的な関係でそれが親であるかはあまり関係がないにも関わらず、年齢の近いものだと長く時を共有し応答的な関係を続けたとしても大人からのそれには叶わなかったのです。はたしてそれがなぜなのかは研究しきれませんでしたが、とても興味深く思ったことはよく覚えています。

  6. いちばん弱いネグレクト、きっとこの先適切な名前がつくのだろうと想像しながら、自分たちの保育の肯定についてとても嬉しくなります。先生が忙しそうにしているから誰か他の子に頼んでみたり、そういった日々は子どもたちにとってプラスであり、むしろ過度に子どもに関わろうとするような必要以上に手厚い援助は、もしかしたらネグレクトに該当してしまうかもわからないと思えてきます。しかも自分がそうしたくてしている場合にはいいですが、したくもないのに手厚い援助をしようしようとしている場合には、それこそ援助する側は相当なストレスを感じていることでしょう。もっと自然体で子どもと関わる保育があることを伝えていきたいと改めて思います。

  7. 「ネグレクトは肉体的な虐待よりも長期にわたって害を及ばすこともあることがわかりました」よく、無視ほど辛いものはないと言ったりしますが、無視はやはり相当なストレスになるということですね。確かに、少し想像するだけでもやはり誰かに無視される、存在を認知されないというのはとても辛いです。また「慢性的な低刺激」という言葉が印象的でした。無意識のうちにこのような環境下に子どもをおいていないかということは意識して見直さなければいけませんね。しかし、「子どもにとって、自分はつねに親の関心の中心にいるわけではないと知り、ときには自分だけで楽しもうとするのはよいことだということがわかったのです」ともありました。これは藤森先生の話の中にある、大人が忙しい時はそれを子どもに伝えればいいというようなことと繋がるようにも思いました。

  8. 一番良いのは子どもの前で夫婦喧嘩をしないことですね。思い返してみると、私の両親は口論をしているところを見たことがないというか、そんな状況を見たことがありません。おそらく私の知らない所で行なっていたのかもしれませんが(笑)そしてネグレクトが長期にわたって害を及ぼすというのは、子どもに関心がない。これは子どもにとって相当なストレスでしょうね。大人になっても無視というのは精神的にキツいものがあります。ただ大人も仕事でストレスが溜まり、心身ともに疲れ果てているのに子どもの面倒もみる・・・一人で過ごしたい時もあるかと思います。それならば時にはリフレッシュで園に子どもを預けて、気分転換して、そしてまた子どもと真摯に向き合うことができるよう、サポートしてあげるのも園としての大切な役割のような気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です