親にとっての効果

では、保育園通いは親にとっては、どのような効果があるのでしょうか?

母親ののしつけの質、ストレス、そして幸福度に対する保育園通いの影響をデータから見てみましょう。

まず、4大卒の母親に対する影響はさほどないようですが、高校を卒業していない母親を見ると、効果量は0.58と、大幅にしつけの質が改善されていることがわかります。

では、子育てストレスに対するストレスに対する影響はどうかというと、ここでも4大卒の母親に対する影響はほとんどありません。一方、高校を卒業していない母親の子育てストレスを0.63も減らしていることがわかります。

そして、幸福度に対する影響はどうかというと、4大卒の母親に対する影響はないものの、高校を卒業していない母親の幸福度を0.54とやはり大幅に改善しているのがわかります。

働きやすさを除くと、母親に対する影響というのは、政策議論ではもちろん、学術研究においてもあまり注意が払われてきませんでしたが、山口氏らの分析によると、母親に対しても非常に好ましい影響があることがわかったそうです。

では、なぜ、特定の家庭環境の子どもの多動性、攻撃性が減少し、行動面で大きな改善がみられるのかを山口氏は考察しています。

まず、考えられるものとして、保育園で行っている教育の質が高いということを彼は挙げています。保育士さんは訓練を受け、経験も積んだ専門家です。データを見る限りにおいて、高校を卒業していない母親の家庭では、しつけの質が低くなってしまう傾向があるため、保育園で過ごすことで子どもにとっての環境が大幅に改善されるからだというのです。これが最終的には、子どもの行動面の改善につながったのではないかと考えているのです。

もう一つ考えられるものとして、母親のしつけの質の改善を通じた間接的な影響を挙げています。イクメンが増えたといっても、やはり子育ては母親の仕事とみなされがちです。子どもが保育園に通っていない場合、母親が四六時中子どもの世話をすることになりますから、いくら子どもが好きでも24時間一緒にいると大きなストレスになりえるというのです。もちろん、保育園を利用するということは、母親は外で働かなければならないのですが、それを考慮に入れても、子育てストレスが下がる可能性があるというのです。

また、外で働くということは、当然、家庭としては収人が増えるということだと山口氏は考えています。お金だけで家族が幸せになれるわけではありませんが、お金があることで避けられる面倒や悩みは少なくないと言います。そのため、保育園を利用することで、お母さんの金銭的な悩みとそこから生じるストレスが督減されると彼は考えているのです。

こうした変化が、母親のストレス減少、幸福度アップとしてデータに表れているのではないかというのです。

母親の精神面が安定すると、母子関係が良好になるので、子どもを叩いてしつけるといった好ましくない行動が避けられるようになることが考えられます。子どもを叩いてはいけないと頭ではわかっていても、イライラしていると自分自身をうまくコントロールできなくなってしまうのは誰にでもあることだと山口氏は言うのです。

親にとっての効果” への5件のコメント

  1. 保育園のプラス面がデータで示されました。私たち保育園の仕事に従事している者にとっては朗報ですね。胸を張って明日からの仕事に邁進できます。親のストレスが少ないことが子どもにとってはかなりプラスになることでしょう。親のストレス軽減に保育園が貢献しているのであれば、本当に嬉しいですし、子どもにとっても良いはずですね。まぁ、保育園という場が子どもにとって他の子どもたちの存在を感じながらも自己発揮し、同時に他者との関りの中から学ぶことが多くあるなら、それは子ども自身にとっても良いことになります。親の就労支援としての保育園ではなく、共同養育の場、子どもが自ら社会化を獲得していく場、そして親にとっても子どもにとってもある一時代の社会の一つを体験する場として捉えて頂ければ保育従事者としてこの上ない至福です。そして、保育園時代の経験が、つまりわが子を保育園に預けることによって学ぶことができたことが、その後の子育ちにプラスに働くなら望外の喜びですね。

  2. 山口氏の言うように「子どもを叩いてはいけないと頭ではわかっていても、イライラしていると自分自身をうまくコントロールできなくなってしまう」ことで体罰を与え、またその行為をしてしまった保護者はそんな自分に対して劣等感を感じ、それがまた体罰につながり、日常的な虐待へと移行してしまう流れがあるような気がします。数年前の資料ですが、東京都児童相談所には年間8000件もの育児相談があるそうです。そのような保護者にとって、保育園は救いにもなるのでしょうね。

  3. 保育園通いは母親のストレス軽減にも役に立っているのですね。育児支援としての側面としてはこれが一番大きいかもしれませんね。女性の社会進出のためということとしての保育施設が今言われていますが、そうではなく、社会で子どもを見ていくという面も無視できない保育施設の価値であるということが分かります。そして、それが結果として女性の社会進出となる。本来はこういったロジックで無償化が進むことが望ましいのかもしれません。白紙論もそうですが、今の時代、母親だけが子どもを見なければいけないという風潮自体が女性にとってはプレッシャーにもなるでしょうね。母親のストレスが軽減することは子どもの環境においても、とても意義のあるものでしょうから、こういったことが社会において浸透していくことが非常に重要なのかもしれません。そのうえで、保育施設それぞれが保育の質を高めることが求められますね。

  4. 保育園に子どもが通うことによって、子どもは発達の助けとなり、親はストレスが軽減されたり、育児の質の向上につながるというどちらも得をするということになるんですね。そして、それは貧困や劣悪な環境の中で育っている子どもの家庭ほど顕著に現れるということで、そんな環境下にある家庭ほど保育園を勧めなければならないのではないかと思いました。その投資が日本の力の底上げとなり、将来をを見据えていく投資となっていくのではないか、まさにウィンウィンの関係となってくるのではないかと思います。

  5. 保育園に通わせることで、子どもだけでなく親にもその効果があるというのはとても頷けます。専業主婦、専業主夫の方の苦労の一つに、パートナーからの賞賛が無ければ誰からの言葉もないということを聞いたことがありますが、ヒトが社会的な生き物である以上、社会と関わることで得られる対価は、自分の子どもと二人きりで過ごす時間以上のものを提供してくれるものなのかもわかりません。ただ、子育てが仕事を超えられない、ということではなく、その二つがあることで得られるバランスがあるのだろう、という推測です。仕事も子育ても両立する、というまるで大変さが2倍になるかのようなニュアンスでなく、その二つがバランスよくあるからこそ充実した毎日になる、という解釈ができるように思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です