周りの大人

近年の研究を見ると、逆境のなかで育つ子どもたちの人生の全貌を把握するには、神経科学の博士号が必要なのではないかと思えてくるとタフ氏は言います。しかしその複雑な科学がたとえば、アドレナリンの分泌腺がグルココルチコイドを放出するメカニズムや、免疫細胞がサイトカインを分泌するメカニズムを正確に知ることが、困難な状况にある子どもたちをどう手助けすればいいか教えてくれるわけではないと言うのです。もしかしたら、神経系の乱れに直接働きかける神経化学的な治療法がいつかは見つかるのかもしれません。注射や薬のような方法で、子ども時代の逆境の影響を魔法のように打ち消すことができるようになるのかもしれません。しかし、いまのところ、逆境の影響を正す、もしくは埋めあわせるための道具は、ひどく扱いにくいものが一つあるだけだと彼は言います。それは、子どもたちが日々暮らしている環境であると言うのです。

「環境」という言葉を聞くと、たいてい最初に思い浮かべるのは子どものまわりの物理的な環境です。確かに物理的な環境も、とくに文字どおり有毒な場合には、たとえば飲み水に鉛が入っていたり、吸いこむ空気に一酸化炭素が含まれていたり、子どもたちの発達に一定の影響を及ぼします。しかし、最新の重要な発見によれば、いちばんの問題となる環境要因は、居住する建物ではなく、子どもたちが経験する人間関係だとタフ氏は断言します。つまり、周りの大人が、とくに子どもたちがストレスを受けているときにどう対応するかだと言うのです。

子どもが感情面、精神面、認知面で発達するための最初にしてきわめて重要な環境は、家だと言います。もっとはっきりいえば、家族です。ごく幼いころから、子どもは親の反応によって世界を理解しようとします。ハーバード大学の児童発達研究センターの研究者たちは、この相互関係に「サーブとリターン」という名前をつけました。幼児が音をたてる、あるいは何かを見る、これが「サーブ」ですが、親は子どもの関心を共有し、片言のおしゃべりや泣き声に対し、しぐさや表情や言葉で反応することでサーブを打ち返します。これが「リターン」です。「そうね、わんわんねー」「扇風機が見えたの?」「あらあら、悲しいの?」こうした親と乳児とのあいだのあたりまえのやりとりは、親にしてみれば無意味なくり返しに感じられるかもしれませんが、乳幼児にとっては世界のありようを知るための貴重な情報をたつぶり含むものなのです。これはほかのどんな経験よりも発達の引き金となり、脳内における感情、認識、言葉、記憶を制御する領域同士の結合を強固なものにするのです。

子どものごく幼い時期に親が果たす第二の決定的な役割は、子どもたちが受ける圧力、それは、よいものも悪いものも含めて外部調整装置となることだとタフ氏は言います。研究によれば、とくに子どもが動揺しているときに、親が厳しい反応を示したり予測のつかない行動を取ったりすると、のちのち子どもは強い感情をうまく処理することや、緊張度の高い状況に効果的に対応することができなくなると言われているのです。反対に、子どもが瞬間的なストレスに対処するのを助け、怯えたり癇癪を起こしたりしたあとにおちつきを取り戻すのを手伝うことのできる親は、その後の子どものストレス対処能力に大いにプラスの影響を与えると言われています。当然ながら、乳幼児期には泣きわめいたり感情を爆発させたりすることも多いものですが、親にしたらその瞬間には信じられないことかもしれませんが、子どもはそのつど何かを学ぶのです。

周りの大人” への6件のコメント

  1. 人間の世界にも遺伝子操作のメスが入るといったような映画を観た記憶があります。気質や性別など、産まれる前から決めることができるといった内容です。本当にこんな世界が来るのかと言い表すことのできない恐怖心に襲われながらも、現代科学の躍進は、凄まじいものであることは想像できます。「注射や薬のような方法で、子ども時代の逆境の影響を魔法のように打ち消すことができるようになるのかもしれません」といった言葉からも、バーチャルゲームのように過去を無かったものにできる時代がくると思うと、ますます人間本来が持っているものに価値が置かれる時代になることが想像できました。そして、タフ氏が語る一番の要因となる人間関係は、昨今の教育界と精通する点だと感じました。約20年前から藤森先生が唱えていた、「生きる力を関わりから育てる」ことへの注目に、時代が追いついてきたことがよく分かります。

  2. 私も「環境」「環境」と言っては、自然環境とか建物環境とか思われていました。タフ氏が言う通り「子どもたちが経験する人間関係」こそが私が言わんとした「環境」でした。親を始めとする大人からの影響も「環境」ということであれば、まぁ、そうかもしれません。反面教師としての大人が私の周囲には多かったような気もします。それも環境。「子どもはそのつど何かを学ぶのです。」これは本当にそう思います。自分自身を振り返ってもそうですし、わが子を見てもそうですし、園の子どもたちをみていても、その都度その都度、何かを学んでいるのだろうなと思うのです。その意味でも、「子どもの存在を丸ごと信じること」が私たち子どもを取り巻く大人には要求されるのだろうと思います。

  3. 自分はこの仕事をするまでは「環境」と聞くと周りの木や建築物なんかを指すものだと思っていたのですが、この仕事についてから「環境」という言葉の概念が広がり、人も環境の一部だと理解しています。「子どもたちが経験する人間関係」が環境であるということ。そして、それが結構な影響を与えているということ。そして、子どもは泣きわめいている時、その都度何かを学んでいるということがどれだけ素晴らしいことなのかということ。周りの大人の一人である自分も改めて考えなければならないなと思います。

  4. 逆境を乗り越える力を得るためには人環境が大きく関わるのですね。「サーブとリターン」というように表現されていましたが、こういった相手との共感してもらう経験というが子どもたちにとっての感情などの領域に大きく関わっているのですね。まだまだ、こういった感情をコントロールすることや逆境を乗り越えるレジリエンスといった能力は人との関りの中でついていく能力であり、そのため、どういった関わりや関係性があることが望ましいのかということがはっきりしていくと、ますます、では今の保育でその環境があるのかといったことを考えます。意外と子どもからのサーブをリターンするよりも、大人がサーブを打つことも多い現状において、改めて「生きる力」とはなんなのか。それが育まれる環境とはどういったものなのか、現実に今それがあるのかをしっかりと捉えて保育をしていく必要がありますね。

  5. 親が未熟であることは当然のことで、それを自覚しながら改善に改善の日々の中でやがて成熟に近付いていけるのだと思います。ところがそう思う親ばかりでもないのかもわからないと思えてくるのは、最大の協力者であろう周囲の人たちに敵対心のような態度をとる親が少なからずいるように思えるからです。その態度の裏に、自分のせいではない、という当事者意識と離れた意識が働いていることへの自覚はなく、何かが起きるとすぐ誰かのせいになります。または、自分は完璧だから、周りは不完璧、となるのでしょうか。起きる出来事の原因はまるで全て誰かのせいかのようで、そういう家庭で育つ子というのがどのような発達を遂げるのか、遂げているのか、当の親はその子の発達よりも、今日もその子に身に何があったのか、どんなことが起きたのか、という出来事にばかり視点を当て、そのことでいっぱいなのか、その子の発達など関心も湧かないのかもわかりません。

  6. 親という存在の重要性はやはりすごいですね。我々保育士では到底代わりにはなり得ないし、なるべきではないのですが、藤森先生がよく言われている集団は母親の代わりになりうるという言葉を思い出しました。癇癪を起こすほど感情を爆発させたときにも周囲の同年齢の子達はそれを受け入れることができるのでしょうか。それとも別の方法で支えるのでしょうか。大変興味深いと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です