保育園とストレス

一方、子育てストレスについて見てみると、母親が4大卒以上であれば0.04、高校を卒業していなければ0.07ですから、どちらも平均より強いストレスだと言えますが、数字自体は小さなものです。

では、母親の子どもへの介入効果について幸福度はどうでしょうか?データによると、母親が4大卒以上であれば0.13、高校を卒業していないならばマイナス0.18ということで、学歴が高いほうが幸福度も高くなっているようです。その差も、小さくはありません。子どもの発達だけでなく、母親のしつけの質や幸福度も、学歴間で大きな違いがあることが明らかになっているそうです。

こうして作られた子どもの発達や、しつけの質、母親のストレスと幸福度といった指標が、保育園通いをすることで、どう変化するのかを測るのが山口氏らの研究の目的です。真っ先に思いつくやり方は、保育園に通っている子どもと、通っていない子どもとの比較ですが、実はこのやり方では、保育園通いの効果を正しく測ることができないと考えます。

なぜかというと、保育園に通う前の段階で、両者は、発達状態や家庭環境がさまざまに異なっている可能性があるためだというのです。したがって、保育園に通っている子どものほうが、通っていない子どもより発達が進んでいたとしても、それが、もともとあった家庭環境の違いを反映したものなのか、保育園通いの効果なのか、区別がつかないというのです。

実際、保育園を利用している家庭の母親の学歴は、保育園を利用していない家庭と比べると高めです。逆に、父親の学歴を見ると、保育園を利用していない家庭のほうが高い傾向にあるそうです。このように環境が異なる可能性が高いため、単純に保育園の利用の有無だけに基づいて子どもを比べても、保育園通いの効果はわからないと考えます。

そこで、山口氏らは、保育園を利用する家庭と、利用していない家庭のさまざまな違いを統計学的に補正した上で、両者を比校することで、保育園利用の効果を測定しています。

まず、保育園通いが子どもの発達に及ぼす影響はどうでしょうか。データでは、保育園通いの効果を、母親の学歴別にみています。言語発達については、母親の学歴によらず、保育園通いによって0.6から0.7程度改善しています。これは偏差値換算で6から7ですから、大きな伸びです

では、多動性指標に対する効果はどうでしょうか。母親の学歴によらず、多動性が減少しますが、特に効果があったのは、母親が高校を卒業していない場合でした。

そして、攻撃性指標に対する効果では、母親が4大卒以上であれば、ほとんど効果はありませんが、母親が高校を卒業していないと、子どもの攻撃性がマイナス0.43と大きく減少しています。

保育園通いは、特定の家庭環境の子どもの多動性・攻撃性といった行動面を大きく改善させることが明らかになっています。

保育園とストレス” への4件のコメント

  1. 育児への幸福度では、「学歴が高いほうが幸福度も高くなっている」結果があったということで、ここまで露骨に出ると、よく言われる教師の「勉強しとけば後で楽」といったような言葉が真実味を帯びてきますが、「学歴」の中にある学びに向かう姿勢がまさに重要であると感じました。出産して仕事をしている4大卒の保育士の友人は、「赤ちゃんが生まれてからより一層保育が楽しくなった」「育児と知識がつながるのが面白い」などと話していたことがありました。途上国に比べると、日本では大学へ入学する比率も高いと思います。それは、親の資金で入学するのが当たり前のような風潮があるからでしょうか。別な理由があったとしても、親の恩恵のおかげで幸福度を感じられているということもあるということでしょうかね。

  2. 学歴の差によって子育ての質や子育てによる幸福度が異なる、ということ。まぁ、統計はこのことを示唆しています。ある意味で真実なのでしょう。ある人々にとっては、「不都合な真実」ともなるでしょう。個別具体的にはさまざまなのでしょうが、一般的には統計の持つ意味は大きいと考えられます。子育てが苦痛になる時、そこにはさまざまな要因が考えられるのでしょう。わが子の育ちにおいて、アシストする私たちが「苦痛」を感じたことはありませんでした。反抗期を迎えていても苦痛ではありません。家内と子どものいる幸せを事あるたびに確認しています。夫婦間も良くなります。箱入り息子として育てるには、息子を入れる箱が良くなければなりません。「箱入り息子」として育てることは、実は箱という環境を作りあげる私たちが良くなっていくことなのだとわかりました。子育てを幸せに感じるということは、自分たち親が幸せになっていくことでもあるとつくづく思うのです。そして子が通う保育園も学校もいいわけですから、子どもは素直に育っていきますね、多少生意気ですが。

  3. 子どもの発達であったり、成長のすべてが保育園で起きたということは言い切れない部分は多くあります。だからこそ、子どもの研究が難しい部分があるように思います。実際、自分自身が子どもたちを見ていてもあくまでいえることは「傾向」であり、確実性のある結果を見出すことは難しく感じます。だからこそ、子どもの発達の比較ではなく、家庭の違いを比較することにより、保育園の効果を見ていったのですね。そういった普通に考える視点とは違うもので見ていくとまた違った見え方がしてくるでしょうね。それによって、保育園通いが特定の家庭環境の子どもの多動性・攻撃性といった行動面を大きく改善させることにつながるというのは考えさせられる結果です。やはり、そこには子ども同士の関わりや関係というものが大きく関係しているのだろうことは見えてきます。その反面、母親の学歴というものがそれほど子どもにとって影響があるというのも考えものです。そこに一体どういった原因が含まれているのか、とても気になる部分でもあります。この結果からもたらされ、そして、保育園やこども園において、どういった保育につながる部分が見えてくるのか考えながら見ていこうと思います。

  4. 単純に統計的にみると、学歴がいい方が子育てによる幸福度、子育ての質は良いということになるんですね。たしかに、学歴がいいと仕事も定時で帰れるような、福利厚生なんかも充実しているようなところへ勤めるというような印象があります。ということは、それだけ余裕のある生活が送れるということにもつながるのかもしれませんね。ですが、学歴がいいといえない自分も含めて、子育てを楽しんでいる家庭はたくさんあるのではないかと思います。「学歴がいいこと」と「いい大学、いい仕事先」はイコールではなく、勉強を楽しんだ結果の高学歴だと、そのことが将来に活きていると思いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です