新しい育休2

ドイツにおける育児休業は、3年間ですが、それを分割して取れるということです。ですから、生まれて1年間の育休、その後小学校1年生になった時に1年間、精神的に不安定になるころに1年間と、育児中に分割して合計3年間取れると聞いたことがあります。さすが、育休先進国だけあって、それはいいですね。3年間といって、3歳まで家庭の中で母親だけに育てられるのは、今の子ども環境では、社会的スキルをはじめとしていろいろな部分での発達に偏りができてしまう家庭環境があると思うからです。

もう一つ、ドイツの育休の素晴らしいところがあります。それは、ドイツでは保育園への入園は、保護者が必ずしも働いているなど保育に欠けることが条件になっていないことです。ドイツには、「保護者が1歳児以上の子どもを入園させたいと思ったら、すべて入園させなければならない」という法律があるそうです。それは、1歳以上の入園は、子どもにとって必要かどうかで保護者は選択できるのです。

最近は、いわゆる先進国と言われている国々では少子化です。家庭にはきょうだいは少なく、祖父母とも過ごさなくなり、地域の中で他の子と遊んだり、近所の大人たちと接することが少なくなりました。そのために、赤ちゃんの頃からの社会的スキルが身に付く機会が減ってきてしまっています。最近の研究では、トマセロが9か月革命を提唱したように、赤ちゃんは生後9カ月になると、他者を、意図を持った存在として認識しはじめ、親子という二項関係から、三項関係へと世界を広げていくことがわかってきています。それに関係するのか、人類は母親が次の子どもを妊娠するためにほぼ上の子が9か月くらいになると、母親のもとから社会の中で共同保育をされてきたと言われています。

そのようなことから考えると、子ども集団があり、様々な大人がいる保育園は、現代の子どもにとって、将来社会で生活する上でとても重要な環境です。そのような環境が子どもに必要なのは、保護者が働いているのかは関係ありません。しかし、どうしても乳児のころは、熱を出すこともあるでしょうし、あまり長時間他者の中にいることは赤ちゃんにとっては負担がかかりすぎます。その時にフルタイムで仕事をしているとどうしても無理がかかってしまいます。そこで、赤ちゃんが3歳になるくらいまでは育児休業をとれるようにするとか、育児時間を取得できるようにすることが大切になってきます。

しかし、現在日本では、3歳未満児において育休中は保育園に入園できません。また、待機児が多い地域では、就労時間を短くすると保育園には入園が難しくなってしまいます。日本で、もし3歳まで育休が取れるとしたら、都会では3歳まで、母親と二人っきりでマンションの1室で過ごすことになってしまいかねません。それは、子どもにとって必要というだけでなく、母親にとっても、3年間も24時間子どもといることはどんなにかわいいと思っても精神的に負担がかかってしまいます。それは、人類が乳児から共同保育をしてきたと言うのは、親のとってもある時間子どもと離れることが必要だからかもしれません。最近、親から乳幼児対する虐待が増えています。それは、育児が母親の背中だけにかかってしまうこともあるかもしれません。もっと、子どもを社会のネットワークに中で育てていく必要があると思っています。最近は、愛着理論が母子に限らず、集団社会化理論とか、社会的ネットワーク論のように様々な他人の中で育てられていくことの必要性が訴えられてきているようです。