データの読み取り

いろいろなことを研究するにあたって、理系の場合は、実験を積み重ねていく場合が多いです。何度も失敗を繰り返しています。先日ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんも、当然そのような苦難の道をたどったことでしょう。AERAdot.の記事にも「スマホなどで欠かせないこの電池の開発は、死屍累々の歴史でもあった。」とあります。そして、「開発の芽が出た70年代から四十数年後、リチウムイオン電池はIT機器だけでなく電気自動車にも使われるようになり、21世紀の生活を底で支えている。ウィッティンガム、グッドイナフの業績を生かしてコードレス/ワイヤレスの機器を支える「底力」としての電池を製品としてまとめた吉野の研究開発力は語り伝えられるものだろう。」何十年にもわたってのコシノさんの研究は、様々な困難があったでしょうが、このように脚光を浴びない中にも、何十年も研究している人たちも大勢いるでしょう。

また、植物学者とか昆虫学者の研究は、実際に自ら植物を育てたり、昆虫を育てたりする中で、ひたすら観察します。様々な条件の中ではどうであろうかなど試行錯誤が繰り返されるでしょう。

それに対して、いわゆる文系の研究はどうでしょうか?たとえば、保育の研究はどうでしょうか?人そのものの研究のため、なかなか実態がつかめないなか、ピアジェが心理学を応用して、保育を語るようになりました。それは、大いなる進歩です。また、様々なデータからいろいろなことを判断します。実際に、データがものを言うことがあります。しかし、私は、データ自体は正しくても、その読み取り方に様々な見解が生まれてしまうことを理解する必要があると思っています。以前、ブログで紹介いたのですが、その点に関して、ハリスは疑問を持ったのです。こんなことを以前紹介しました。

子育て神話は人為的な神話であるとハリスが述べたときに、多くの人たちがすんなりとそれを信じることができなかったのは、信じることができないだけの根拠があまりに多かったからです。私たちは、親が子どもに影響を及ぼすのを自分の目で見て知っています。しかも社会化研究者はそれを証明するデータを山ほどもっています。それに対して、ハリスは確かにそうだと言います。しかし、こんなことを問いかけています。「自分の目で見たというのは一体どこで見たのか。研究者はそのデータをどこで集めたのか。確かに親は子どもに影響を及ぼします。しかし親が一緒でないときにもそれらの影響が引きつづき残っているという証拠はあるのだろうか。親の前では気むずかしい子も、もしかしたら同級生や先生の前ではすっかりとりすましているかもしれない。」

そして、こんなことを指摘しています。「社会化研究者たちが信じる子育て神話を裏づける証拠の多くは、親の前での子どもの行動観察、もしくは母親が記人した子どもの行動に関するアンケートなどに基づいている」というのです。確かに、子どもたちの多くは親の前と外での姿が違います。ですから、研究者は家庭環境の影響、たとえば離婚による影響などを実証しようとするので、家の中での子どもの様子を観察しますが、その場所は最近子どもにとって不愉快な出来事が多発した場所でもあります。さらにひどいことに、研究者たちは、とりわけ離婚の混乱後で決して中立的な観察者とはいえない親に、子どもの行動について質問しているのです。

そして、こんな指摘をしています。「このようなある意味で片手落ちの研究結果によって、子どもを判断し、決めつけてしまうことが多いようです。状況の作用は発達心理学がかかえる大きな問題のようです。状況の作用によって、研究者が考えるもの、もしくはそうあってほしいと願っているものとは違った意味をもつ相関関係が生み出されてしまうようです。」