育児幸福感

赤ちゃんや子どもにとって、養育者は一番身近な存在といっても過言ではないと今福氏は言います。以前紹介したように、養育者の精神的健康は、子どもの発達に影響を及ぼします。したがって、養育者が幸せを感じて子育てができる環境は、赤ちゃんや子どもにも良い影響があると今福氏は考えています。育児幸福感とはどのようなことなのでしょうか?彼は、育児幸福感は、「育児中のお母さんの肯定的な情動」のことだと説明しています。育児幸福感尺度では、①子どもが元気に成長しているとき安心する「子どもの成長」、②子どもと一緒にいるだけで幸せだと感じる「希望と生きがい」、③子どもによって自分の心が変わり、強くたくましくなった「親としての成長」、④子どもをきつく叱った後でもすぐなついてくれるときに安心した気持ちになる「子どもに必要とされること」、⑤夫が育児に協力してくれることに感謝するとともに安心した気持ちになる「夫への感謝の念」、⑥子どもを通して人とのつながりができたとき嬉しい「新たな人間関係」、⑦子どもに助けられたとき感謝の気持ちになる「子どもからの感謝と癒し」、⑧子どもを産めたことに喜びと誇りを感じる「出産や子育ての意義」、の8因子によって、子育て中に感じる幸せな気持ちを評価します。

育児幸福感の高さは、子育てで感じるネガティブな情動である育児ストレスの低さとかかわるようですが、その関連は弱いことがわかっているそうです。育児幸福感を高め、育児ストレスを低めるためには、異なる援助が必要であるのかもしれないと今福氏は考えています。また、育児幸福感は、お父さんでも研究がされているそうです。どうやら、お父さんはお母さんと共通した育児幸福感を抱いているようです。

また、母子世帯1233、二親世帯2646、計3879世帯を対象とした調査によると、日本の母子世帯のお母さんは、二親世帯のお母さんに比べて、幸福感が低い傾向にあったそうです。また、日本の母子世帯の相対的貧困率は五割を超えており、周囲の人々の心理的な支援であるソーシャルサポートを受けにくい場合も多いようです。家庭が望む子育て支援策を具体的に明らかにすることで、多様なニーズに応える政策を考えていくことが重要ではないかと今福氏は考えています。

一方、0~2歳の第一子をもつ妻・夫へのアンケート調査では、二親世帯においてお父さんの育児頻度か調べられました。たとえば、「○〇ちゃんを寝かしつける」にかんして、お父さんの41.2%が「ほとんどしない」、27.2%が「週に1~2回する」と回答したようです。このように、お父さんの育児への参加は、依然として低い状况にあります。お母さんの心を支えるお父さんの育児参加を促すしくみづくりも必要でしょう。これによって、より幸せな子育て環境になると考えられます。

保育士や幼稚園教諭は、子どもの発達に大切な乳幼児期に、教育や養護にたずさわる職業だと彼は考えています。日本では、社会的ニーズの変化にともない、保育の質の向上や評価が求められるようになっています。保育の質について2018年に厚労省が示したものには、「子どもたちが心身ともに満たされ、豊かに生きていくことを支える環境や経験」のことで、社会や文化における保育の機能によって規定されるものとあります。