自尊感情尺度

近年、日本の自己肯定感の低さが問題になっています。自己肯定感とは、自尊感情とも言い、肯定的な自己評価や自分を価値あるものとする感覚を意味します。その自己肯定感が日本の若者が低くなっているのです。たとえば、日本を含む7ヶ国の13~29歳を対象に行われた内閣府による2014年の意識調査では、「自分自身に満足していると思うか」という質問に対して、「そう思う」や「どちらかといえばそう思う」と答えた人は、日本では45.8%、アメリカでは86.0%、同じアジアの韓国では71.5七%でした。日本では、半分以上の人が自分に満足していないと感じているようです。

心理学の分野では、自己肯定感を測る有名なものに、「ローゼンバーグの自尊感情尺度」があるそうです。この尺度は以下の10項目で構成され、「いいえ」「どちらかといえばいいえ」「どちらかといえばはい」「はい」の4件法で評価されます。10項目は、①私は自分に満足している、②私は自分がだめな人間だと思う、③私は自分には見どころがあると思う、④私は、たいていの人がやれる程度には物事ができる、⑤私には得意にうことがない、⑥私は自分が役立たずだと感じる、⑦私は自分が、少なくとも他人と同じくらいの価値のある人間だと思う、⑧もう少し自分を尊敬できたらと思う、⑨自分を失敗者だと思いがちである、⑩私は自分に対して、前向きの態度をとっている、の10項目です。その中で、②⑤⑥⑧⑨は逆転項目で、回答したものと逆の得点をつけます。

なぜ日本の若者は、自分に対する自信や満足感が低いのでしょうか。日本は謙虚であることを美徳とする傾向があるために、控えめな回答がなされたのでしょうか。あるいは、日本人は自分と他人との関係を重視する相互協調的自己観をもつ傾向があるために、自分よりも他人との関係を重視してしまい、自分を疎かにしてしまうのでしょうか。様々な理由が考えられていますが、この点については、未だに答えがでていないそうです。

では、子どもの自己肯定感を高めるには、どのようなことが大切なのでしょうか。今福氏は、こんなことを提案しています。小学5~6年生を対象にした研究では、学校生活において教師から褒められる経験が、自己肯定感や学習意欲、学校生活満足度と関連していることが明らかになっています。これは、教師が子どもを褒めることが、子どもの自信や勉強への動機づけ、学校での生活に広く影響を及ぼすことを示しています。一方で、日本の教育は子どもの問題をみつけるという側面に重きがおかれている印象を今福氏は受けていると言います。しかし、上記のような研究結果をみると、学校教育においても子どもの良いところを褒めることを積極的にしていくべきではないかと今福氏は言うのです。

褒められる経験をすると、私たちにはどのような変化が起きるのでしょうか。今福氏は、ある実験を紹介しています。私たちは、お金という物質的な報酬を手に入れたときに線条体という脳の部位が活動します。線条体には、ドーパミンという快楽にかかわる神経伝達物質を受け取る受容体があります。つまり、お金を手にすると、私たちは快楽を覚えるのです。これが、他者から良い評判を得るという社会的な報酬の場合にはどうでしょうか。驚くべきことに、お金を手にしたときと同様に、他者から良い評判を得ると線条体が活動しているのです。他者から良い評判を得ることと褒められる経験は異なりますが、社会的報酬という観点からみると類似しています。他者から良く評価されたり褒められると、私たちは快楽を感じるようです。