外国籍の子ども

母語に外国語を持つ子どもたちは、どのような問題が起きているのでしょうか。まず、ことばの壁ですが、これは、不就学や不登校の一因になると言われています。彼・彼女たちにとって、母国語と日本語との間のことばの壁が学習や対人関係を妨げ、大きなストレスとなるのです。

同じような問題は、保育所や幼稚園でも起きていると今福氏は言います。5歳の子どもたちは、適応的で日本語の習得も早く、遊びが中心ですので仲良くなることが多いようです。しかし、保育者と保護者とのやりとりでは、ことばの壁が生じます。たとえば、子どもの生活を支えるうえで大切な連絡帳によるコミュニケーションがむずかしい場合は、子どもの家庭での様子がまったくわからない状況になり、保育者のストレスの一因にもなると考えられると言います。

保育者と保護者の間をつなぐために、外国語を話せる相談員をおいている自治体もあるようですが、そのような取り組みをしている園は少数でしょう。もし今後、日本が外国人労働者を増やす方向に動くのであれば、外国籍の子どもを受け入れる体制を整える必要があるのではないかと今福氏は提案しています。

子どもの貧困も深刻な問題です。厚生労働省の調査によると、2015年度の日本の子どもの所得が中央値の50%を下回る家庭で育つ17歳以下の子どもの割合である貧困率は、13.9%でした。これは、約7人に一人の子どもが貧困であることを示しています。2015年度の貧困のボーダーラインは年収122万円でした。

日本の研究は未だに少ないですが、養育者の社会経済状態(SES)に着目した研究が行われているそうです。SESには、所得、教育歴、職業などが含まれます。養育者のSESが低い子どもは、養育や教育環境が悪くなる傾向にあり、精神的健康や発達に問題を抱えやすく、学習や学業にも良くない影響がでるようです。

東京大学への入学者の家計支持者の年収をみてみると、平均は1000万円を超えており、その62.7%は世帯収人が950万円以上であり、東京大学広報室によると、父の職業は、管理的職業43.4%、専門的、技術的職業24.2%、教育的職業7.6%、母の職業は、無職36.0%、事務17.4%、教育的職業13.3%だそうですです。東京大学入学者の多くが、社会経済状態が高い子どもであるといえそうです。

これらのデータから考えると、今福氏は、保育者や教員は、現代の家庭や学校が抱えるさまざまな課題を理解し、対応していく必要があると言います。また彼は、現代社会が抱える課題は複雑化しているため、保育者・教員同士、あるいは学外の専門家との連携が求められると言います。同時に、発達は連続的なものであるため、保幼小の連携も欠かせないとも考えています。

次の課題として、今福氏は、現代社会の特徴の一つである、子育て環境におけるデジタルメディアの普及と子育てに関して考察しています。