小学校への移行

次に、今福氏は「現代の学校・家庭が抱える課題」について、児童期から青年期の発達から考えています。まず、「10の姿」も保幼小の連携の一環として作成されていますが、そもそも保幼小の連携にはどのような目的があるのかということについて考えを述べています。主には、保育所・幼稚園から小学校への円滑な移行があげられていると言います。また、乳幼児教育と小学校教育について、教員がお互いをよく理解して教育につなげることも目的の一つであると言います。

幼児教育と小学校教育の段差によって生じている問題に「小一プロブレム」ということがかなり前から話題になり、問題になっています。小一プロブレムとは、「小学校に入学した一年生が、学校生活に適応できないために起こす問題行動のこと」と今福氏は説明しています。具体的には、小学一年生の児童において、集団行動をとれない、授業中に席に座っていられない、先生の話を聞かないなどの状態が継続することをいいます。

小一プロブレムの原因としては、文部科学省によると、自分の感情を制御する能力が身についていないことなどが考えられるそうです。それには、保育所・幼稚園から小学校という学校移行を経験することによる環境の変化もあると考えられます。遊びが中心であった保育所・幼稚園の生活から、静かにじっと座って先生の話を聞く生活に移行することで、ストレスをため込みやすくなると今福氏は考えています。そこで、彼は学校移行が円滑に行われる環境づくりを行うことが望まれると言います。

また、いじめ問題も深刻です。いじめの認知件数は、中学校や高等学校に比べて、小学校が最も多くなるそうです。いじめとは、「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校に在籍している等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う、心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの」と文部科学省は定義づけています。つまり、いじめに該当するかどうかは被害者がいじめと感じているかどうかによるのです。

いじめの種類を文部科学省の統計からみると、小学校における認知件数では、「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が19万4848件、「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをしてたたかれたり、蹴られたりする」が7万3435件、「仲間はずれ、集団による無視をされる」が4万5362件です。暴力による身体的いじめよりも、ことばや仲間はずれによる社会的・精神的いじめが多いようです。

社会的・精神的いじめによる苦痛のことを「社会的痛み」といいますが、この苦痛は、身体的痛みと同じ神経基盤をもつそうです。コンピュータ上で、仮想的にいじめのような状况をつくり、実験が行われたそうです。このサイバーポール課題では、参加者はほかのプレーヤーにボールを投げてキャッチボールをします。しかし、ある条件では、ほかのプレーヤーから参加者にボールがこない、「仲間はずれ」の状況が起こります。このとき、参加者は社会的痛みを経験しますが、身体的痛みを経験したときと同じ脳領域である、前部島皮質や前部帯状皮質)が活動するそうです。ことばや仲間はずれによるいじめは、身体的いじめと同様の影響を及ぼす可能性があるということがわかりました。