心理学の観点からの10の姿

道徳性の発達には、道徳的感情がかかわるという見方もあります。この道徳的感情は、生後18ヶ月頃に生じはじめる自己意識がかかわる感情と深く関係すると言われています。今福氏は、道徳的感情を以下のように整理しています。「道徳的感情には、恥、罪悪感、感謝などがあります。たとえば、罪悪感は規範から逸脱した場合に経験され、この感情によって社会の規範から外れた逸脱行為を行わなくなったり、他人の逸脱行為を抑止することができます。」

さらに、道徳性にかかわるもう一つの要因として、共感があると言います。一口に共感といっても、共感には、他者が感じたことを感じるという情動的共感と、他者の立場に立って心的状態を推測する認知的共感に二つに分けられます。小・中学生を対象に、攻撃行動という道徳性から逸脱した行為の抑制に共感が関連するかどうかを調べたそうです。その結果、小・中学生ともに、他者と感情を共有する傾向が強い人ほど、向社会行動をより多くすることがわかったそうです。攻撃行動の少なさにおいては、小学生では情動的共感にかかわる感情を共有する傾向の強さが、中学生では認知的共感にかかわる視点取得の能力の高さがそれぞれ関連したそうです。この結果は面白いものですが、これは、小学生と中学生で攻撃行動と関連する共感の側面が異なることを示唆していると言われています。

また、道徳性の萌芽については、6ヶ月児が「正義感」をもつ可能性が実証されています。私たちは発達の過程で周囲の人から影響を受けます。たとえば、バンデューラは、暴力的にふるまう大人を見ると、その暴力的な言動を子どもが模倣することを示しています。この研究から、生後早期にみられる道徳性の萌芽が、経験を通じてどのように変容するのかについて、その過程を解明することが今後の課題だと今福氏は言うのです。そして、その過程の解明によって、「道徳性・規範意識の芽生え」をどのように育むのか、具体的な教育方法を考えるときがきています。今、小学校で行われている単に「道徳」を教科化し、授業で教えるということだけからでは、「道徳性・規範意識の芽生え」は育めないのです。

今福氏は、これまで、対人関係にかかわる「10の姿」について、その背後にある能力を心理学の観点から述べてきました。彼は、「協同性」「言葉による伝え合い」「道徳性・規範意識の芽生え」は、社会的認知の発達や変容の過程からとらえることができると考えているようです。これはあくまで現時点では彼の試論であると言いながらも、このような考え方を示しています。共同注意や心の理論は「協同性」の育ちにかかわり、周囲の大人が乳児の発声に対して即座に声かけをしたり、心的状態語を用いることは「言葉による伝え合い」の育ちにかかわり、道徳的感情や共感は「道徳性・規範意識の芽生え」の育ちにかかわると考えられるのではないかというのです。私も同じようなことを考えてます。ですから、卒園するまでに育みたい姿は、決して、年長児の目標ではなく、また、指導する内容でもなく、0歳からの育ちの「人」「物」「場」という環境の中で、育まれていくものだと思っているのです。

このように実証研究にもとづくさまざまな知見が積みあげられつつある今、乳幼児教育では、データから得られた科学的根処であるエビデンスをもとに教育プログラムを体系化、具体化していく必要があると今福氏は考えていると言いますそして、。発達科学や発達心理学の分野で実証された知見を「10の姿」と照合することで、乳幼児教育を考する契機になればと思っているというのです。