周産期

次に今福氏は、早産児において視聴覚統合処理がどのように発達するのかを説明しています。また、当該能力の個人差はことばの発達と関連するのかどうかも考察しています。今福氏らは、この問いに答えるために、修正齢6ヶ月の早産児と満期産児を修正齢12、18ヶ月まで追跡調査し、一致発話と不一致発話を左右に並べ、視線計測装置を用いて赤ちゃんの視線反応を調べたそうです。その結果、満期産児は6ヶ月児と18ヶ月児の時点で一致発話を選好したのに対し、早産児では全般的に一致発話への選好がみられなかったそうです。この研究は、修正齢8ヶ月でもなお、早産児では発話の視聴覚統合処理が特異である可能性を示していることになります。
この調査には続きがあります。一致発話への選好割合には大きな個人差があるのがわかりました。今福氏らが、この選好割合とことばの発達の関連を調べたところ、早産児と満期産児のどちらのグループでも、6ヶ月の時点で一致発話を選好した児ほど、1歳と1歳半の時点で理解できる語彙数が多いことがわかったそうです。修正半年の時点で、他者から語りかけられる際の視聴覚統合処理機能の評価によって、ことばの発達リスクを早期に特定できるとすれば、早産児に対する早期からの発達支援に活かせる有効な指標となるかもしれないと今福氏は考えています。では、なぜ、早産児は口形と音声が一致した発話を選好しない傾向にあるのでしょうか。早産児は、脳が急速に発達する周産期に、早産児は、脳が急速に発達する周産期に、NICUで人工的な光や音、痛みなどの刺激にさらされます。このような経験は、脳の発達に負の影響を及ばすと考えられると言います。たとえば、出生予定日の時点の早産児と満期産児を対象に、対乳児発話を聴取したときの脳活動を、NIRSを用いて計測した研究があるそうです。その結果、早産児は満期産児に比べて、対乳児発話に対して右側頭皮質の脳活動が低く、左右の側頭皮質の機能的結合が強いことがわかったそうです。このような言語音声に対する特異な聴覚情報処理特性が、発話の視聴覚統合処理の発達に影響した可能性が考えられると言います。
また、話者の顔に対する注視時間を分析したところ、満期産児に比べて、早産児は顔を見る時間が短いことがわかったそうです。話者の顔を見る経験は、視聴覚統合処理の発達と関連することが指摘されています。たとえば、文化的に相手の顔を見ない傾向にある日本人では、アメリカ人に比べてマガーク効果が起こりにくいようです。マガーク効果とは、以前に出てきましたが、視覚情報「が」と聴覚情報「ば」が同じタイミングで提示されたときに、提示された聴覚情報とは異なる音韻「だ」を知覚する現象のことです。この効果が、早産児は話者の顔を見る経験が少ないために、発話の視聴覚統合処理の発達が特異であるのかもしれないと今福氏は考えています。
早産児における発達の脆弱性や精神病理のメカニズムについて、その影響要因がいくつか議論されているようです。早産は、遺伝要因、分娩合併症離、その他の要因として、母体の肥満度の指標であるBMI、飲酒、喫煙、高齢出産などの複合的な原因によって起こるとされています。たとえば、BMIが20以下の痩せ傾向の女性の場合、正常体重の女性に比べて、自然分娩で早産に至るのは1.32倍、低出生体重に至るのは1.64倍だったそうです。