自己制御

今福氏は、乳幼児教育において、社会情動的スキルは「10の姿」の「自立心」「協同性」「道徳性・規範意識の芽生え」に対応すると考えています。また、社会情動的スキルは、学校現場において具体的な教育方法と評価方法が定まっていないのが現状ですが、心理学の分野で数多くの研究がなされてきたそうです。そこで、次に今福氏は、それらの知見から、社会情動的スキルにかかわる自己制御と自己肯定感について考察しています。

自己制御とは、自分の行動や感情を自ら統制・調整する能力のことを指します。これによって、私たちは社会の規範や道徳に従うことができます。二歳児でみられる、養育者のいうことを聞かないなどの行動は、自己制御の失敗によるものだと言われています。この時期は、第一次反抗期というイヤイヤ期と呼ばれます。また、青年期の頃にみられる反抗期は、第二次反抗期といいます。

自己制御には、認知的な側面と情動的な側面に整理されます。認知的な自己制御は、実行機能にかかわるものです。その機能には、①行動を抑える抑制能力、②注意や行動の切り替え能力、③情報を保持しながら操作する更新能力があります。幼児期では、抑制能力を評価する課題として「昼夜ストループ課題」、切り替え能力を評価する「DCCS課題」、更新能力を評価する「単語逆唱スパン課題」などがあるそうです。

昼夜ストループ課題では、「太陽」と「月」のカードを子どもに提示し、“実験者が「太陽」と言ったら、子どもは「月」を指さす”というように、実験者が言ったものと反対のカードを選ぶことを子どもに求めます。DCCS課題では、たとえば「赤いボード」のカードがあるところに「赤いうさぎ」と「青いボート」のカードを子どもに提示し、一回目は形でカードを分類してもらい、二回目は別のルールである、色でカードを分類するように求めます。単語逆唱スパン課題では、実験者が言ったことばを反対から読むように子どもに求めます。これらの課題は、4歳で約半数の子どもができるようになるそうです。

次に、感情的な自己制御です。自己制御を評価するものに、後にもらえる大きな報酬のために目の前にある小さな報酬をがまんできるかを問う満足の遅延課題があります。そのうちの有名なものがマシュマロテストです。このテストについては、私は何度も説明しているので知っている人も多いでしょうが、今福氏の説明を見てみます。

マシュマロテストでは、一つのマシュマロを子どもの目の前に置き、15分このマシュマロを食べないでがまんできれば、二つのマシュマロがもらえることを伝えます。

このとき、目の前のマシュマロをがまんすることができる子どもほど、青年期の学業成績、社会性、誘惑への抵抗、ストレス耐性が良好であることがわかっています。また、児童期の自己制御能力が高い子どもは、成人期に収人や職場での地位などの社会経済状態、健康状態が良かったそうです。たとえば、自分の行動や感情を制御できる子どもは、ほかのやりたいことをがまんして勉強に励むことができたり、暴飲暴食をしないために健康が維持されやすいのです。たとえば、4歳のときの自己制御能力の低さが、11歳の肥満度の指標であるBMIの高さと関連することが示されています。

自己制御” への6件のコメント

  1. 一言で「自己制御」と言っても、認知的側面と情動的側面がある、ということが理解できました。少子時代になり、子どもたちはやたら自己有用感あるいはナンバーワン感を先行するような周囲環境の中で育ってきているように思います。自己発揮と他者支援ということはよく言われてきたことですが、この自己制御ということが円滑かつ穏やかな社会形成には不可欠だと思っています。子どもたちがこの自己制御力を身に付けるにはやはり子ども同士の関わりの中から、と思います。いじめやスクールカーストが子どもたちの中に成り立ってしまうのも「行動を抑える抑制能力、注意や行動の切り替え能力」が上手く育たないからでしょう。そして「感情的な自己制御」。エモーショナルコントロール。脳の感受性のグラフによると1歳前後でこのコントロールの力は最大を迎えるようです。これは一体何を意味するのか。改めて認識しなおす必要があるようです。

  2. 認知的な自己制御に「①行動を抑える抑制能力、②注意や行動の切り替え能力、③情報を保持しながら操作する更新能力」という、3つもの能力が存在するのですね。感情や行動のコントロールは、思っているよりも多くの段階を踏み、その過程は複雑なようですね。これらを自分ひとりでとなると大変な労力ですが、先生が提案する「子ども同士の関わりから生まれるカリキュラム」であれば、遊びを通して自然に習得していけるでしょうね。そして、自分を制御するための根本となる部分である「アタッチメント形成」にもつながる部分でもあるのだと感じました。

  3. 子どもは我慢をすることは嫌いなことではない、先生からそう聞いた時に目から鱗の落ちる思いがしました。我慢のその先に楽しみが待っている場合、子どもにとって我慢とは挑戦する時のような心の振動があるのではないかと思える程で、色々試しながらその時をやり過ごしています。今回取り上げられているマシュマロテスト、今日のブログの段階ではその子一人での挑戦が紹介されていますが、何年か前に自園で実施したマシュマロテストは、友だちと一緒にその時間を乗り越えるというものでした。友だち同士だとその時間の過ごし方はまた様々に方策が生まれるようで、子ども同士、子ども集団というものの力を改めて感じたことを思い出します。その環境があるのは現状、園などの保育施設だけ、という点にも園の重要性を改めて感じる思いです。

  4. 〝認知的な自己制御は、実行機能にかかわるものです。その機能には、①行動を抑える抑制能力、②注意や行動の切り替え能力、③情報を保持しながら操作する更新能力〟というふうに大きく3つに分かれているんですね。そして、この能力が高いほど将来は明るいものになるということが研究結果としてあるということですが、子どもたちは集団の中で、楽しみながらこの能力を自然と身につけていくことかできるのですね。そして、自分たち大人はこの楽しみながら身につけていけることのできる環境を作っていくことを心がけていかなければなりませんね。

  5. 自己制御と一言でいっても、認知的な自己制御と感情的な自己制御があるのですね。また、認知的な自己制御においても3つの機能がありのですね。どれを見ていてもなるほど、自己制御の中で確実に取り上げられる能力ですね。これまでは「自己制御」と聞くと情動的なスキルであるということを思っていたのですが、それを理解し、自己認識をしたうえでの自己制御というのが認知的なものであるように思います。どちらかというと保育でいう「見通しをもって行動する」というものも認知的な自己制御の一つなのでしょうか。それとも感情的な自己制御なのでしょうか。何にしても、二歳児のいやいや期や思春期の反抗期など、自己制御がうまくいかない時期の乗り越え方というのが後の自己制御能力に大きく影響してくるのでしょうね。こういった成長段階における情緒の発達は経験によるものも大きいのかもしれません。だからこそ、子ども同士の関わりの中で、多様性を感じ、大人もすべてを教えるのではなく、自分で考えるようフォローするといった見守る姿勢が求められるのでしょうね。

  6. 自己制御には行動を制御する力や行動を切り替える力だけかと思っていましたが③の情報を保持しながら操作する能力も含まれるというのは驚きでした。これは自己制御能力を鍛えることができるとも言えるのではないのでしょうか。イヤイヤ期は成長の一貫で誰しも必ず乗り越えるものだと思っていましたが、もし鍛えて伸びる力によってイヤイヤ期がなくなるのであれば世の母親にはこれ以上ない朗報ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です